料理・レシピ

旬の野菜・ノラぼう菜の食べ方と簡単レシピ – にっぽんガーデニング

旬の野菜・ノラぼう菜の食べ方と簡単レシピ - にっぽんガーデニング


ノラぼう菜の食べ方と簡単レシピ
ノラぼう菜の食べ方と簡単レシピ

,

ノラぼう菜の食べ方と簡単レシピ

生で食べる

ノラぼう菜は、生でも食べられます。サラダや漬物にしてお召し上がりください。アクが少ないので、そのまま食べてもおいしくいただけます。

食べ方 特徴
サラダ シャキシャキとした食感と甘みが楽しめます。
漬物 塩漬けやぬか漬けにして、ご飯のお供に。

茹でる

ノラぼう菜を茹でると、甘みが増しておいしくなります。さっと茹でることで、栄養素を逃さずいただけます。

炒める

ノラぼう菜は、炒め物にもよく合います。ごま油やオリーブオイルで炒めると、香ばしく仕上がります。

煮る

ノラぼう菜は、煮物に入れてもおいしくいただけます。みそ汁やスープの具材にしてもよいでしょう。

ノラぼう菜の栄養
ノラぼう菜の栄養

,

ノラぼう菜の栄養

ノラぼう菜の栄養価

ノラぼう菜は、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維などを多く含み、葉もの野菜の代表的な「コマツナ」や「ホウレンソウ」と比べても同じくらい栄養豊富な野菜です。

栄養素 含有量
βカロテン 100gあたり2,500μg
ビタミンC 100gあたり50mg
カルシウム 100gあたり100mg
100gあたり2.0mg
食物繊維 100gあたり2.5g

ノラぼう菜の効能

ノラぼう菜には、以下の効能があるとされています。

  • 抗酸化作用
  • 免疫力向上
  • 貧血予防
  • 骨粗鬆症予防
  • 便秘解消


ノラぼう菜の食べ方・下処理
ノラぼう菜の食べ方・下処理

,

ノラぼう菜の食べ方・下処理

切り方

葉の部分は食べやすいサイズにざく切りにします。

茎の部分は食べやすい長さにカットし、太い茎は縦に割って切ります。

茹でる

茹でると栄養分が流れ出ます。熱湯を沸かした鍋に塩を加え、短時間でさっと茹でましょう。その後ざるに取り、粗熱が取れたら軽く水けをしぼります。

丸ごと茹でる方法

カットせずに丸ごと茹でる方が栄養分の流出が少ないのでおすすめです。茎の部分を先に1分ほど茹でて、後から葉の部分も一緒に入れて1分弱茹でます。

カットしてから茹でる方法

無水鍋を使う場合は、カットしてから茹でてOKです。

切り方 茹で方
ざく切り 葉の部分は食べやすいサイズにざく切りにします。
カット 茎の部分は食べやすい長さにカットし、太い茎は縦に割って切ります。
丸ごと カットせずに丸ごと茹でる方が栄養分の流出が少ないのでおすすめです。

炒める

オリーブオイル、バター、ゴマ油、マヨネーズ、ニンニクなどによく合います。和風、洋風、中華などどんな味付けでも美味しく仕上がります。

煮る

みそ汁、スープ、シチューなどの仕上げに使うと彩りがきれいです。加熱時間が長くなると食感が悪くなるので、仕上げの段階でさっと煮ます。

  • 炒めるときは、オリーブオイル、バター、ゴマ油、マヨネーズ、ニンニクなどを使うとよく合います。
  • 煮るときは、みそ汁、スープ、シチューなどの仕上げに使うと彩りがきれいです。


ノラぼう菜のレシピ➀パスタ
ノラぼう菜のレシピ➀パスタ

,

ノラぼう菜のレシピ➀パスタ

材料(2人分)

  • ノラぼう菜   4本
  • ベーコン    100g 
  • ペンネ     200g
  • 卵       1個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • マヨネーズ   大さじ2
  • 塩・コショウ  少々
材料 分量
ノラぼう菜 4本
ベーコン 100g
ペンネ 200g
1個
オリーブオイル 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2
塩・コショウ 少々

作り方

  1. ペンネをアルデンテに茹でます。
  2. ノラぼう菜とベーコンを食べやすい大きさにカットし、卵を溶きほぐしておきます。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、ノラぼう菜とベーコンを炒めます。
  4. ノラぼう菜とベーコンに火が通ったらフライパンの半分に寄せて、空いた場所に卵を入れます。
  5. 卵が半熟になったら、マヨネーズを加えて全体を混ぜ、ペンネを合わせ、塩・コショウで味を調えます。


ノラぼう菜のレシピ➁胡麻和え
ノラぼう菜のレシピ➁胡麻和え

,

ノラぼう菜のレシピ➁胡麻和え

材料(2人分)

  • ノラぼう菜     4本 
  • 砂糖        大さじ1
  • 醤油        大さじ1
  • すりごま      大さじ1
  • かつお節      1パック
材料 分量
ノラぼう菜 4本
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1
すりごま 大さじ1
かつお節 1パック

作り方

  1. ノラぼう菜をさっと茹で、水けを軽くしぼって食べやすい大きさにカットします。
  2. 砂糖、醤油を合わせて混ぜ、すりごまとかつお節も加えて混ぜます。

コツ

ノラぼう菜は、茹ですぎると食感が悪くなるので、さっと茹でるのがポイントです。

かつお節は、お好みで増減してください。


ノラぼう菜は、栄養価が高く、甘みがあって食べやすい野菜です。今回ご紹介したレシピ以外にも、さまざまな料理に使うことができます。ぜひ、旬のノラぼう菜を味わってみてください。

ラディッシュを丸ごと活用!保存法からレシピまで徹底解説

ラディッシュを丸ごと活用!保存法からレシピまで徹底解説

ラディッシュは鮮やかな色合いが特徴の野菜で、サラダや料理の彩りに欠かせません。今回は、ラディッシュを新鮮に保存する方法や、葉っぱも根も丸ごと活用できるレシピをご紹介します。ラディッシュの保存方法に悩んでいる方や、葉っぱを捨ててしまっている方、必見です!


ラディッシュの保存法
ラディッシュの保存法

,

ラディッシュの保存法

葉と根を分けて保存しよう

ラディッシュは、葉と根で分けて保存することがポイントです。葉をつけたままにしていると、葉が根の水分や養分を吸い上げてしまうため、ひげ根は処分し、「葉」と「根」を分けます。

「根」は吸水させたキッチンペーパーでつつみ、保存用ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保管します。保存できる期間は2~3日が目安です。

部位 保存方法 保存期間
吸水させたキッチンペーパーで包み、保存用ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保管 2~3日
切り落として、しんなりしやすいので早めに使い切る 当日中

葉も捨てずに活用しよう

ラディッシュの葉にはざらつきがあるので、少し湯がいて使った方が気にならなくなりますが、生食も可能です。切り離した時点でしんなりとしていたら、水を張ったボウルに短時間つけておくと、新鮮なら水が上がり復活します。

  • サラダに加える
  • 味噌汁の具にする
  • ナムルにする


ラディッシュの葉は生で食べられる?
ラディッシュの葉は生で食べられる?

,

ラディッシュの葉は生で食べられる?

ラディッシュの葉の栄養と効能

ラディッシュの葉には、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高める効果が期待できます。ビタミンKは骨の健康維持に役立ち、カルシウムは骨や歯を丈夫にするのに不可欠な栄養素です。鉄分は貧血予防に効果的です。

栄養素 効能
ビタミンC 抗酸化作用、免疫力向上
ビタミンK 骨の健康維持
カルシウム 骨や歯の強化
鉄分 貧血予防

ラディッシュの葉の食べ方

ラディッシュの葉は、生でも加熱しても食べることができます。生で食べる場合は、サラダに加えたり、サンドイッチの具にしたりするのがおすすめです。加熱する場合は、さっと茹でたり、炒めたりするのがよいでしょう。

  • サラダに加える
  • サンドイッチの具にする
  • さっと茹でる
  • 炒める

ラディッシュの葉は、栄養価が高く、さまざまな料理に使える食材です。捨てずに積極的に活用しましょう。


ラディッシュのレシピ
ラディッシュのレシピ

,

ラディッシュのレシピ

ラディッシュのピクルス

ラディッシュをピクルス液に漬けることで、日持ちがする常備菜になります。市販のピクルス液を使えば、手軽に作ることができます。

  • ラディッシュを薄切りにする
  • ピクルス液に漬ける
  • 冷蔵庫で一晩寝かせる
材料 分量
ラディッシュ 1/2カップ
1/4カップ
砂糖 1/4カップ
小さじ1/4
1/4カップ

ラディッシュのマリネ

ラディッシュをマリネ液に漬けることで、爽やかな味わいのサラダになります。マリネ液は、お好みのドレッシングで作ることができます。

  • ラディッシュを薄切りにする
  • マリネ液に漬ける
  • 冷蔵庫で30分以上寝かせる

マリネ液の例

  • オリーブオイル、酢、砂糖、塩、コショウ
  • レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩、コショウ
  • ポン酢、砂糖、ゴマ油


ラディッシュは、保存方法や活用法を工夫することで、最後までおいしくいただくことができます。葉っぱも生で食べられるので、捨てずにいろいろな料理に使ってみてください。また、ご紹介したレシピはどれも簡単に作れるので、ぜひお試しいただき、ラディッシュの新たな魅力を発見してくださいね。

ハーブと香辛野菜の活用術|種類、使い方、レシピ、保存方法

ハーブや香辛野菜は、料理に香りや辛味を加え、風味豊かに仕上げるのに欠かせない食材です。また、ハーブには薬効やリラックス効果があるものもあり、健康や美容にも役立ちます。この記事では、ハーブや香辛野菜の種類、使い方、レシピ、保存方法、活用術など、ハーブや香辛野菜に関する情報をまとめてご紹介します。家庭菜園でハーブや香辛野菜を育てて、毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。


ハーブや香辛野菜とは
ハーブや香辛野菜とは

,

ハーブや香辛野菜とは

ハーブとは

ハーブは、花や葉、茎、根、種などが料理の香り付けや、保存料、薬、香料、防虫などに活用できる植物。香辛野菜は、料理に香りや辛味を添える野菜のことをいいます。香辛野菜は、大葉(シソ)やニンニクのようにハーブや和ハーブと呼ばれることもあります。

香辛野菜とは

香辛野菜は、料理に香りや辛味を添える野菜のことです。ハーブと同様に、葉や茎、根などを利用します。代表的な香辛野菜には、ネギ、玉ねぎ、ニンニク、ショウガなどがあります。香辛野菜は、料理に風味と辛味を加えるだけでなく、食欲増進や消化吸収を促進する効果もあります。

ハーブと香辛野菜の違い

ハーブと香辛野菜の違いは、明確に定義されていません。一般的には、草本植物で料理に香りや風味を加えるものをハーブと呼び、野菜として利用されるものを香辛野菜と呼びます。また、ハーブは薬効や観賞用として栽培されることもありますが、香辛野菜は主に食用として栽培されます。

ハーブ 香辛野菜
定義 料理に香りや風味を加える草本植物 料理に香りや辛味を加える野菜
利用部位 葉、茎、根、種など 葉、茎、根など
用途 料理の香り付け、保存料、薬、香料、防虫など 料理の香り付け、辛味付け、食欲増進、消化吸収促進など


ハーブ・香辛野菜の使い方、レシピ、保存方法
ハーブ・香辛野菜の使い方、レシピ、保存方法

,

ハーブ・香辛野菜の使い方、レシピ、保存方法

料理への使い方

ハーブや香辛野菜は、料理に風味や辛味を加えるのに欠かせない食材です。使い方としては、生のまま刻んでサラダやマリネに加えたり、乾燥させてパウダー状にしてスープやソースに加えたりするのが一般的です。また、ハーブティーとして飲んだり、アロマテラピーで香りを楽しむこともできます。

ハーブ・香辛野菜を使ったレシピ例

  • バジルを使ったジェノベーゼソース
  • タイムを使ったローストチキン
  • オレガノを使ったピザ
  • パセリを使ったパセリソース
  • ミントを使ったモヒート

保存方法

ハーブや香辛野菜の保存方法は、種類によって異なります。一般的には、乾燥させて保存するのが最も簡単で長期保存が可能です。乾燥させる方法は、風通しの良い日陰に吊るすか、オーブンで低温で加熱する方法があります。また、冷凍保存も可能です。冷凍保存する場合は、生のまま刻んでフリーザーバッグに入れて保存します。

ハーブ・香辛野菜の保存方法一覧

種類 保存方法
バジル 乾燥、冷凍
タイム 乾燥、冷凍
オレガノ 乾燥
パセリ 乾燥、冷凍
ミント 乾燥、冷凍

,

ハーブ・香辛野菜の活用術

料理の風味付け

ハーブや香辛野菜は、料理に風味や辛味を加えるのに欠かせない食材です。使い方としては、生のまま刻んでサラダやマリネに加えたり、乾燥させてパウダー状にしてスープやソースに加えたりするのが一般的です。また、ハーブティーとして飲んだり、アロマテラピーで香りを楽しむこともできます。

ハーブ・香辛野菜を使ったレシピ例

  • バジルを使ったジェノベーゼソース
  • タイムを使ったローストチキン
  • オレガノを使ったピザ
  • パセリを使ったパセリソース
  • ミントを使ったモヒート

薬効や健康効果

ハーブの中には、薬効や健康効果があるものもあります。例えば、カモミールはリラックス効果があり、ペパーミントは消化不良の改善に役立ちます。また、ローズマリーは抗酸化作用があり、バジルは抗菌作用があります。

ハーブ 薬効や健康効果
カモミール リラックス効果
ペパーミント 消化不良の改善
ローズマリー 抗酸化作用
バジル 抗菌作用

家庭菜園で楽しむ

ハーブや香辛野菜は、家庭菜園で簡単に育てることができます。初心者でも育てやすい品種も多く、プランターやベランダでも栽培が可能です。自分で育てたハーブや香辛野菜は、料理に使うのはもちろん、観賞用としても楽しむことができます。

「ハーブや香辛野菜を家庭菜園で育ててみよう」という方は、次の記事も参考にしてみてください。

ハーブ&スパイスガーデン

ハーブや香辛野菜は、料理に彩りや風味を加えるだけでなく、健康や美容にも役立つ優れた食材です。この記事で紹介した使い方やレシピを参考に、毎日の食卓にハーブや香辛野菜を取り入れて、豊かな食生活をお楽しみください。

野菜や山菜、果物の使い方やレシピ、保存方法を徹底解説!


葉菜類とは|使い方、レシピ、保存方法
葉菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

,

葉菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

使い方

葉菜類は、サラダや炒め物、スープなど、さまざまな料理に使えます。葉が柔らかいものは生で食べてもおいしく、葉が固いものは加熱して食べるとよいでしょう。

葉菜類を使ったレシピ

  • サラダ:レタス、水菜、ベビーリーフなど
  • 炒め物:ほうれん草、小松菜、チンゲン菜など
  • スープ:キャベツ、白菜、ブロッコリーなど

保存方法

葉菜類は、冷蔵庫の野菜室で保存します。葉が傷まないように、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存するとよいでしょう。また、葉菜類は水分が多いので、保存前に水気をよく切ることが大切です。

葉菜類の種類 保存期間
レタス 約1週間
水菜 約3日
ほうれん草 約3日


果菜類とは|使い方、レシピ、保存方法
果菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

,

果菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

使い方

果菜類は、サラダ、炒め物、煮物など、さまざまな料理に使えます。果肉がやわらかいものは生で食べてもおいしく、果肉が固いものは加熱して食べるとよいでしょう。

果菜類を使ったレシピ

  • サラダ:トマト、キュウリ、パプリカなど
  • 炒め物:ピーマン、ナス、ズッキーニなど
  • 煮物:トマト、カボチャ、ジャガイモなど

保存方法

果菜類は、冷蔵庫の野菜室で保存します。果肉が傷まないように、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存するとよいでしょう。また、果菜類は水分が多いので、保存前に水気をよく切ることが大切です。

果菜類の種類 保存期間
トマト 約1週間
キュウリ 約3日
ナス 約3日


根菜類とは|使い方、レシピ、保存方法
根菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

,

根菜類とは|使い方、レシピ、保存方法

使い方

根菜類は、煮物、炒め物、揚げ物など、さまざまな料理に使えます。根の部分がやわらかいものは生で食べてもおいしく、根の部分が固いものは加熱して食べるとよいでしょう。

根菜類を使ったレシピ

  • 煮物:大根、ニンジン、ゴボウなど
  • 炒め物:ニンジン、レンコン、セロリなど
  • 揚げ物:ゴボウ、レンコン、サトイモなど

保存方法

根菜類は、冷蔵庫の野菜室で保存します。根の部分が傷まないように、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存するとよいでしょう。また、根菜類は水分が少ないので、保存前に水気を切る必要はありません。

根菜類の種類 保存期間
大根 約1ヶ月
ニンジン 約3週間
ゴボウ 約2週間


山菜とは|使い方、レシピ、保存方法
山菜とは|使い方、レシピ、保存方法

,

山菜とは|使い方、レシピ、保存方法

使い方

山菜は、山に自生する食べられる植物のことです。山菜には、ウド、フキ、ワラビなどがあります。山菜は、山菜そばや山菜おこわなど、さまざまな料理に使われます。

山菜を使ったレシピ

  • 山菜そば
  • 山菜おこわ
  • 山菜の天ぷら

保存方法

山菜は、冷蔵庫の野菜室で保存します。山菜が傷まないように、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存するとよいでしょう。また、山菜は水分が多いので、保存前に水気をよく切ることが大切です。

山菜の種類 保存期間
ウド 約1週間
フキ 約3日
ワラビ 約3日


果物とは|使い方、レシピ、保存方法
果物とは|使い方、レシピ、保存方法

,

果物とは|使い方、レシピ、保存方法

使い方

果物とは、木に実る果実のことです。果糖やビタミン類を含み、甘味と酸味を持ちます。果物は、そのまま食べる以外にも、ジュース、ジャム、ゼリーなど、さまざまな加工食品にも利用されています。

果物を使ったレシピ

  • フルーツサラダ
  • フルーツポンチ
  • フルーツタルト

保存方法

果物は、種類によって保存方法が異なります。一般的に、常温で保存できる果物と、冷蔵庫で保存する必要がある果物があります。果物を保存する際は、傷んだ部分を取り除き、新聞紙やキッチンペーパーで包んで保存するとよいでしょう。

果物の種類 保存方法 保存期間
リンゴ 常温 約1ヶ月
バナナ 常温 約1週間
イチゴ 冷蔵庫 約3日


野菜や果物は、私たちの食生活に欠かせない食材です。この記事でご紹介した保存方法や調理法を活用して、野菜や果物を無駄なくおいしくお召し上がりください。また、野菜や果物にはそれぞれに適した保存方法と調理法があります。正しく保存して調理することで、野菜や果物の栄養やおいしさを最大限に引き出すことができます。野菜や果物を無駄なくおいしく食べることで、健康的な食生活を送ることができます。