Japan

初心者でも簡単!絶対成功!玉ねぎ 作り方 完全ガイド

シャキシャキの食感と甘みがおいしい玉ねぎ。実は、種から育てることができるって知っていましたか?nippongardening.comと一緒に、玉ねぎの作り方を学んで、家庭菜園デビューしてみましょう!種まきから収穫まで、ポイントを押さえれば、初心者でも立派な玉ねぎが育てられますよ。一緒に玉ねぎ作りに挑戦して、収穫の喜びを味わいましょう!

作業 ポイント
種まき 種を5mm間隔でスジまきし、薄く覆土する。乾燥を防ぐため、新聞紙やワラをかける。
育苗 草丈が6~7cmの頃、混んでいるところを間引き、草丈約10cmで1.5cm間隔に間引く。
畑作り 定植の2週間以上前に苦土石灰を施し、1週間前に堆肥と元肥を施す。
植え付け 草丈20~25cmの苗を、株間・条間共12~15cm間隔に植えつける。深植えにならないよう注意。
追肥 定植後25日くらいと苗が伸び出す早春に、化成肥料を施す。
収穫 全体の約8割の茎が倒伏したら、天気のよい日に収穫する。
保存 雨の当たらない場所で1~3日乾かした後、葉つきのまま数株ずつ束ねて風通しのよい場所に吊るすか、茎を切って網袋か箱に入れて保存する。

玉ねぎの種まきと育苗:小さな種から始まる冒険

玉ねぎ作りは、小さな種から始まります。まるで魔法の豆のように、この小さな種から、おいしい玉ねぎが育つなんて、ワクワクしませんか?種まき時期は地域によって違いますが、一般的には9月から10月頃。種まき用の土に、指で浅い溝を作り、種を5mm間隔くらいでパラパラとまきましょう。種まきが終わったら、土を薄くかぶせて、お水をたっぷりあげましょう。乾燥は大敵なので、新聞紙やワラなどで覆って、土の表面が乾かないように気を付けてくださいね。発芽までは約1週間。芽が出てきたら、新聞紙やワラは取り除き、太陽の光をたくさん浴びさせてあげましょう。

  • 種まきの適期は9月から10月頃
  • 種は5mm間隔でスジまきし、薄く覆土する
  • 乾燥を防ぐため、新聞紙やワラをかける

芽が出てきたら、いよいよ育苗のスタートです!芽が混み合っているところは、間引いて風通しをよくしてあげましょう。間引きながら、元気な苗を育てていくイメージです。肥料も忘れずに!追肥をして、苗を大きく育てていきましょう。nippongardening.comの「家庭菜園の作り方」の記事も参考にして、苗を元気に育ててくださいね。約1か月半後には、植え付けできるくらいの大きさになりますよ。

玉ねぎの畑作りと植え付け:快適な住まいを用意しよう

苗がスクスク育ってきたら、いよいよ畑に植え付けです!でも、いきなり植えるのはちょっと待って。玉ねぎが元気に育つように、畑の準備をしっかりしておきましょう。玉ねぎは酸っぱい土が苦手なので、苦土石灰をまいて、土を中和してあげることが大切です。酸っぱい土だと、玉ねぎがうまく育たなくなってしまいます。苦土石灰をまいたら、土を耕して、ふかふかのベッドを作ってあげましょう。玉ねぎは、ふかふかのベッドでぐっすり眠るのが大好きなんですよ。

植え付けの時期は、11月から12月頃。苗を植えるときは、深植えにならないように気を付けてくださいね。玉ねぎの白い部分が見えるくらいがちょうどいい深さです。株間は12~15cmくらいあけて、苗同士がケンカしないようにしましょう。植え付けが終わったら、お水をたっぷりあげて、新しいお家に慣れてもらってくださいね。

準備するもの 使い方
苦土石灰 土壌の酸性を中和する
堆肥 土壌をふかふかにする
元肥 玉ねぎの成長に必要な栄養を与える

畑の準備ができたら、いよいよ植え付けです!植え付けの深さや株間は、玉ねぎが元気に育つために大切なポイント。nippongardening.comの「初心者向け野菜の育て方」の記事も参考にして、玉ねぎの快適な住まいを作ってあげてくださいね。

玉ねぎの追肥と収穫までの管理:すくすく育つ秘訣

植え付けが終わったら、玉ねぎが元気に育つように、お世話をしてあげましょう。玉ねぎは、お腹が空くと元気がなくなってしまうので、肥料をあげて栄養補給してあげることが大切です。肥料は、植え付け後25日くらいと、春になって暖かくなってきた頃、2回に分けてあげましょう。肥料をあげるときは、玉ねぎの根元にパラパラとまくだけでOK。玉ねぎが「おいしい!」って喜んでくれるのがわかるはず。雑草も、玉ねぎの栄養を横取りしちゃうので、こまめに抜いてあげてくださいね。

玉ねぎが大きくなってくると、茎が倒れてきます。これが収穫のサイン!全体の8割くらいの茎が倒れてきたら、収穫のタイミングです。収穫は、晴れた日に行うのがベスト。玉ねぎを土から引き抜いたら、葉っぱをつけたまま、2~3日ほど天日干しにしてあげましょう。こうすることで、玉ねぎが長持ちするようになります。収穫した玉ねぎは、風通しの良い場所で保存すれば、しばらくの間楽しめますよ。nippongardening.comの「初心者向け野菜の育て方」の記事も参考にして、玉ねぎの収穫を楽しんでくださいね。

追肥の時期 肥料の種類
植え付け後25日くらい 化成肥料
春になって暖かくなってきた頃 化成肥料

玉ねぎの収穫と保存:おいしい玉ねぎを味わう

収穫のサインを見逃さないで!

玉ねぎが大きくなってくると、茎が倒れてきます。まるで疲れて眠ってしまったみたいですね。これが、玉ねぎからの「収穫してね!」というサイン。全体の8割くらいの茎が倒れてきたら、収穫のタイミングです。収穫は、晴れた日に行うのがベスト。土が乾いている方が、玉ねぎを引き抜きやすいですよ。玉ねぎを土から引き抜いたら、葉っぱをつけたまま、2~3日ほど天日干しにしてあげましょう。こうすることで、玉ねぎが長持ちするようになります。収穫した玉ねぎは、風通しの良い場所で保存すれば、しばらくの間楽しめますよ。nippongardening.comの「初心者向け野菜の育て方」の記事も参考にして、玉ねぎの収穫を楽しんでくださいね。

玉ねぎの保存方法:おいしさをキープ!

収穫した玉ねぎは、風通しの良い場所で保存しましょう。玉ねぎを葉っぱのついたまま、数個ずつ束ねて、軒下につるしておくのもいいですね。まるで玉ねぎのカーテンみたいで、見た目もかわいいですよ。葉っぱを切って、網袋に入れて保存する方法もあります。網袋に入れておけば、風通しもバッチリ!玉ねぎを新聞紙で包んで、涼しい場所に置いておくのもOK。保存方法はお好みで選んでくださいね。上手に保存すれば、おいしい玉ねぎを長く楽しめますよ。nippongardening.comの「農業 連作」の記事も参考にして、次の野菜作りにもチャレンジしてみてくださいね。

保存方法 ポイント
葉っぱをつけたまま吊るす 風通しの良い軒下などに吊るす。玉ねぎのカーテンみたいで見た目もかわいい。
網袋に入れる 風通しが良く、玉ねぎの状態を確認しやすい。
新聞紙で包んで保存 涼しい場所に置いておく。

Final Thought

玉ねぎ作りは、少し手間がかかりますが、その分、収穫の喜びもひとしおです。自分で育てた玉ねぎは、きっと格別な味がするはず。nippongardening.comで学んだ知識を活かして、おいしい玉ねぎを育ててみてくださいね。

Related Articles

Back to top button