Landscape Trees

冬も楽しめる!落葉期も美しいドッグウッド15選 | 日本ガーデニング

冬も楽しめる!落葉期も美しいドッグウッド15選 | 日本ガーデニング

冬景色を彩るドッグウッド15選

赤やオレンジの鮮やかな枝が楽しめる品種

落葉期に赤やオレンジの鮮やかな枝が楽しめるドッグウッドをご紹介します。

  • Arctic Fire
  • Arctic Sun
  • Bailey
  • Bud’s Yellow
  • Cardinal
  • Cayenne
  • Prairie Fire
  • Red Osier
  • Yellow Twig

黄色や緑の明るい枝が楽しめる品種

落葉期に黄色や緑の明るい枝が楽しめるドッグウッドをご紹介します。

  • Creme de Mint
  • Ivory Halo
  • Kesselringii
  • Pacific Dogwood
  • Tartarian
  • Variegated Red Twig
品種 枝の色 樹高
Arctic Fire 3m
Arctic Sun 赤と黄色のグラデーション 4m
Bailey 10m
Bud’s Yellow 8m
Cardinal 10m
冬景色を彩るドッグウッド15選
冬景色を彩るドッグウッド15選

1. Arctic Fire

鮮やかな赤色の枝が魅力の品種

Arctic Fireは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は3mほどで、コンパクトにまとまるため、庭植えにも鉢植えにも適しています。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Arctic Fireは耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Arctic Fire 3m

冬の庭を彩るおすすめの品種

Arctic Fireは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を彩るのに最適
Arctic Fire
Arctic Fire

2. Arctic Sun

鮮やかなグラデーションが美しい品種

Arctic Sunは、落葉期に赤と黄色のグラデーションが美しい枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は4mほどで、やや大きめに育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Arctic Sunも耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Arctic Sun 赤と黄色のグラデーション 4m

冬の庭を華やかに彩る

Arctic Sunは、冬の庭を華やかに彩るのに最適な品種です。落葉期に赤と黄色のグラデーションの枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を華やかに彩るのに最適
3. Bailey

鮮やかな赤色の枝が目を引く品種

Baileyは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が目を引くドッグウッドの品種です。樹高は10mほどで、大柄に育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Baileyも耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Bailey 10m

冬の庭に彩りを添える

Baileyは、冬の庭に彩りを添えるのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭に彩りを添えるのに最適
Bailey
Bailey

4. Bud’s Yellow

鮮やかな黄色の枝が特徴の品種

Bud’s Yellowは、落葉期に鮮やかな黄色の枝が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は8mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Bud’s Yellowも耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Bud’s Yellow 8m

冬の庭を明るく彩る

Bud’s Yellowは、冬の庭を明るく彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな黄色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を明るく彩るのに最適
Bud's Yellow
Bud’s Yellow

5. Cardinal

鮮やかな赤色の枝が特徴の品種

Cardinalは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は10mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Cardinalも耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Cardinal 10m

冬の庭を華やかに彩る

Cardinalは、冬の庭を華やかに彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を華やかに彩るのに最適
Cardinal
Cardinal

6. Cayenne

鮮やかな赤色の枝が楽しめる品種

Cayenneは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は6mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐病性が高く、育てやすい

Cayenneは耐病性が高く、病気になりにくい品種です。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Cayenne 6m

冬の庭を彩るのに最適

Cayenneは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐病性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐病性が高く、病気になりにくい
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を彩るのに最適
Cayenne
Cayenne

7. Creme de Mint

鮮やかな緑色の葉が特徴の品種

Creme de Mintは、落葉期に鮮やかな緑色の葉が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は5mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉がピンクがかった赤色に紅葉します。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 落葉期に鮮やかな緑色の葉が楽しめる
品種 枝の色 樹高
Creme de Mint 5m

冬の庭に彩りを添える

Creme de Mintは、冬の庭に彩りを添えるのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな緑色の葉が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭に彩りを添えるのに最適
Creme de Mint
Creme de Mint

8. Ivory Halo

鮮やかな赤紫色の枝が楽しめる品種

Ivory Haloは、落葉期に鮮やかな赤紫色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は6mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が赤紫色に紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Ivory Haloは耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Ivory Halo 赤紫色 6m

冬の庭を彩るのに最適

Ivory Haloは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤紫色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を彩るのに最適
Ivory Halo
Ivory Halo

9. Kesselringii

鮮やかな赤紫色の枝が特徴の品種

Kesselringiiは、落葉期に鮮やかな赤紫色の枝が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は6mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が赤紫色に紅葉します。

耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

冬の庭を華やかに彩る

Kesselringiiは、冬の庭を華やかに彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤紫色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。

耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

品種 枝の色 樹高
Kesselringii 赤紫色 6m
Kesselringii
Kesselringii

10. Pacific Dogwood

鮮やかな黄色と赤色の実が特徴の品種

Pacific Dogwoodは、落葉期に鮮やかな黄色と赤色の実が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は20~40mほどで、大柄に育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Pacific Dogwoodも耐寒性が高く、-23℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Pacific Dogwood 黄色と赤色 20~40m

冬の庭を彩るのに最適

Pacific Dogwoodは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな黄色と赤色の実が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-23℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を彩るのに最適
Pacific Dogwood
Pacific Dogwood

11. Prairie Fire

鮮やかな赤色の枝が楽しめる品種

Prairie Fireは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は8mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が赤く紅葉します。

耐寒性が高く、育てやすい

Prairie Fireも耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Prairie Fire 8m
  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭を彩るのに最適
Prairie Fire
Prairie Fire

12. Red Osier

鮮やかな赤色の枝が特徴の品種

Red Osierは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が特徴のドッグウッドの品種です。樹高は12mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が赤く紅葉します。耐寒性が高く、-40℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Red Osier 12m

冬の庭に彩りを添える

Red Osierは、冬の庭に彩りを添えるのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

  • 耐寒性が高く、-40℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 冬の庭に彩りを添えるのに最適

“Red Osierは、冬の庭を彩るのに欠かせない品種です。鮮やかな赤色の枝が雪景色に映えて、とても美しいです。”(ガーデニング愛好家)

Red Osier
Red Osier

13. Tartarian

鮮やかな赤色の枝が楽しめる品種

Tartarianは、落葉期に鮮やかな赤色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は10mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が赤く紅葉します。

耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Tartarian 10m
  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 落葉期に鮮やかな赤色の枝が楽しめる

冬の庭を彩るのに最適

Tartarianは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

「Tartarianは、冬の庭に欠かせない品種です。鮮やかな赤色の枝が雪景色に映えて、とても美しいです。」(ガーデニング愛好家)

Tartarian
Tartarian

14. Variegated Red Twig

鮮やかな赤色の枝と斑入りの葉が楽しめる品種

Variegated Red Twigは、落葉期に鮮やかな赤色の枝と斑入りの葉が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は10mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉がオレンジ、赤、黄色に紅葉します。

耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Variegated Red Twig 10m

冬の庭を彩るのに最適

Variegated Red Twigは、冬の庭を彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな赤色の枝と斑入りの葉が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

「Variegated Red Twigは、冬の庭を彩るのに欠かせない品種です。鮮やかな赤色の枝と斑入りの葉が雪景色に映えて、とても美しいです。」(ガーデニング愛好家)

Variegated Red Twig
Variegated Red Twig

15. Yellow Twig

鮮やかな黄色の枝が楽しめる品種

Yellow Twigは、落葉期に鮮やかな黄色の枝が楽しめるドッグウッドの品種です。樹高は6mほどで、横に広がるように育ちます。春には白い花を咲かせ、秋には葉が黄色く紅葉します。耐寒性が高く、-34℃まで耐えることができます。そのため、寒冷地でも安心して栽培できます。また、病害虫にも強く、育てやすい品種です。

品種 枝の色 樹高
Yellow Twig 6m
  • 耐寒性が高く、-34℃まで耐える
  • 病害虫に強く、育てやすい
  • 落葉期に鮮やかな黄色の枝が楽しめる

冬の庭を明るく彩る

Yellow Twigは、冬の庭を明るく彩るのに最適な品種です。落葉期に鮮やかな黄色の枝が際立ち、雪景色に映えること間違いありません。また、耐寒性が高く、育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。「Yellow Twigは、冬の庭を明るく彩るのに欠かせない品種です。鮮やかな黄色の枝が雪景色に映えて、とても美しいです。」(ガーデニング愛好家)

Yellow Twig
Yellow Twig

花が美しい13種のハナミズキ

花が美しい13種のハナミズキ

ハナミズキ属の最高峰、ハナミズキ(C.フロリダ)は、品種を問わず、見事な美しさを見せてくれます。さらに、装飾的な選択肢を求めるなら、ハナミズキの栽培品種をチェックしてみましょう。さまざまなサイズ、形、色のハナミズキの栽培品種が100種類以上あり、ガーデナーは品種選びに苦労することでしょう。成長速度、開花時期、耐病性などが加わると、選択はさらに難しくなります。そこで、このガイドでは、最高のハナミズキの栽培品種13種をご紹介します。小麦と籾殻、クリームと非クリーム、並外れたものと並外れたものを区別します。少なくとも、私が考える最高の13種をご紹介します。誰もが自分の意見を持つ権利がありますよね?ラインナップはこちらです。

花が美しい13種のハナミズキ

アプリコット・スプリング、チェロキー・シリーズ、コンパクタ

ハナミズキの品種改良は、アメリカで盛んに行われてきました。その結果、病気への耐性や、花付き、樹形など、さまざまな特性を持つ品種が生まれています。アプリコット・スプリングは、耐病性に優れ、白い花をたくさん咲かせる品種です。チェロキーシリーズは、花色が赤やピンクなど、バリエーションが豊富な品種群です。コンパクタは、コンパクトに育つ品種で、狭い場所にも適しています。

品種 特徴
アプリコット・スプリング 耐病性、白い花
チェロキー・シリーズ 花色ののバリエーション
コンパクタ コンパクトな樹形

プレナ、レッド・ピグミー、スプリング・グローブ

プレナは、八重咲きの花が特徴の品種です。レッド・ピグミーは、赤い花が咲く小型の品種で、庭のアクセントになります。スプリング・グローブは、大輪の花をたくさん咲かせる品種です。

  • プレナ:八重咲き
  • レッド・ピグミー:赤い花、小型
  • スプリング・グローブ:大輪の花

ステラ、ウェルチー、キサントカルパ

ステラは、病気への耐性が高く、ピンクの花が咲く品種です。ウェルチーは、葉に斑が入る品種で、紅葉も美しいです。キサントカルパは、黄色の果実がなる珍しい品種です。

品種 特徴
ステラ 耐病性、ピンクの花
ウェルチー 葉の斑、紅葉
キサントカルパ 黄色の果実

花が美しい13種のハナミズキ
花が美しい13種のハナミズキ

アプリコット・スプリング

特徴

アプリコット・スプリングは、ハナミズキの栽培品種の1つです。耐病性に優れ、白い花をたくさん咲かせるのが特徴です。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
花色 白色
耐病性 優れている

栽培方法

アプリコット・スプリングは、日当たりと水はけの良い場所を好みます。植え付け時は、根鉢の2倍ほどの大きさの穴を掘り、腐葉土などを混ぜた土で埋め戻します。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

アプリコット・スプリング
アプリコット・スプリング

チェロキー・チーフ

チェロキー・チーフは、ハナミズキの栽培品種の1つです。花色が濃紅色で、先端に白い斑が入るのが特徴です。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

特徴

チェロキー・チーフは、その美しい花色が特徴です。濃紅色の花弁に、先端に白い斑が入ります。このコントラストが、とても印象的です。また、耐病性も強く、育てやすい品種です。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
花色 濃紅色(先端に白い斑)
耐病性 強い

チェロキー・チーフは、庭木として人気のある品種です。その美しい花色は、庭を華やかに彩ります。また、耐病性も強いので、初心者でも育てやすい品種です。

  • チェロキー・チーフは、ハナミズキの栽培品種の1つです。
  • 花色が濃紅色で、先端に白い斑が入るのが特徴です。
  • 樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。
  • 日当たりと水はけの良い場所を好みます。
  • 耐病性も強く、育てやすい品種です。

チェロキー・チーフ
チェロキー・チーフ

チェロキー・デイブレイク

斑入り葉が美しいチェロキー・デイブレイク

チェロキー・デイブレイクは、ハナミズキの栽培品種の1つです。葉に斑が入るのが特徴で、葉色は緑色と黄白色の覆輪斑です。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
葉色 緑色と黄白色の覆輪斑
耐病性 強い

耐病性に優れ、初心者にもおすすめの品種

チェロキー・デイブレイクは、耐病性に優れている品種です。ハナミズキによく発生する病気である、ハナミズキ炭疽病やハナミズキシンクイムシに強い抵抗力を持っています。そのため、初心者でも育てやすい品種です。

  • ハナミズキ炭疽病に強い
  • ハナミズキシンクイムシに強い
  • 初心者でも育てやすい

斑入り葉が庭に彩りを添える

チェロキー・デイブレイクの斑入り葉は、庭に彩りを添えてくれます。緑色と黄白色の覆輪斑が、他の植物とのコントラストを際立たせます。また、紅葉も美しく、秋には葉が赤やオレンジ色に染まります。

チェロキー・デイブレイクは、耐病性に優れ、斑入り葉が美しい品種です。初心者でも育てやすく、庭に彩りを添えてくれるおすすめの品種です。

チェロキー・デイブレイク
チェロキー・デイブレイク

チェロキー・プリンセス

スタンダードを超えた白花品種

チェロキー・プリンセスは、ハナミズキのスタンダード品種よりもさらに優れた白花品種です。花径は5インチにもなり、重厚感のある花をたくさん咲かせます。その姿は、まるで白い天蓋のように見えます。

項目 内容
樹高 6~8m
樹幅 4~6m
花色 白色
耐病性 強い

チェロキー・プリンセスは、ハナミズキの評価で常に上位にランクインする品種です。その美しさはまさに王室にふさわしいものがあります。

栽培のポイント

チェロキー・プリンセスを育てる際は、日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。また、土壌は酸性から中性を好みます。植え付け時は、根鉢の2倍ほどの大きさの穴を掘り、腐葉土などを混ぜた土で埋め戻します。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

  • 日当たりと水はけの良い場所を好む
  • 土壌は酸性から中性を好む
  • 植え付け時は、根鉢の2倍ほどの大きさの穴を掘る
  • 水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与える
  • 肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与える

チェロキー・プリンセス
チェロキー・プリンセス

チェロキー・サンセット

鮮やかな葉色と花色が美しいチェロキー・サンセット

チェロキー・サンセットは、ハナミズキの栽培品種の1つです。葉がピンク色と緑色の覆輪斑で、花色は赤色です。樹形は、自然樹形で、高さは5~7m、幅は4~6mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 5~7m
樹幅 4~6m
葉色 ピンク色と緑色の覆輪斑
花色 赤色
耐病性 強い

紅葉も楽しめるチェロキー・サンセット

チェロキー・サンセットは、紅葉も美しい品種です。秋になると、葉が赤やオレンジ色に染まります。また、耐病性も強いので、初心者でも育てやすい品種です。

  • 紅葉が美しい
  • 耐病性に優れている
  • 初心者でも育てやすい

チェロキー・サンセットは、鮮やかな葉色と花色、そして美しい紅葉が楽しめる品種です。初心者でも育てやすく、庭に彩りを添えてくれるおすすめの品種です。

クラウド・ナイン

クラウド・ナインは、ハナミズキの栽培品種の1つです。白い花をたくさん咲かせる品種で、その姿はまるで雲のようです。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

特徴

  • 白い花をたくさん咲かせる
  • 樹形は自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長する
  • 日当たりと水はけの良い場所を好む
  • 耐病性も強い
項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
花色 白色
耐病性 強い

耐病性も強く、初心者にもおすすめの品種

クラウド・ナインは、耐病性に優れている品種です。ハナミズキによく発生する病気である、ハナミズキ炭疽病やハナミズキシンクイムシに強い抵抗力を持っています。そのため、初心者でも育てやすい品種です。

クラウド・ナイン
クラウド・ナイン

コンパクタ

コンパクトな樹形が魅力

コンパクタは、ハナミズキの栽培品種の中でも特にコンパクトに育つ品種です。樹高は4~6m、樹幅は2~3mほどで、狭い場所にも適しています。また、自然樹形で、剪定の手間もかかりません。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 2~3m
樹形 自然樹形

初心者にもおすすめの品種

コンパクタは、耐病性も強く、初心者でも育てやすい品種です。ハナミズキによく発生する病気である、ハナミズキ炭疽病やハナミズキシンクイムシに強い抵抗力を持っています。

  • ハナミズキ炭疽病に強い
  • ハナミズキシンクイムシに強い
  • 初心者でも育てやすい

コンパクタ
コンパクタ

プレナ

八重咲きの花が美しい

プレナは、ハナミズキの栽培品種の1つです。八重咲きで、花弁が5~8枚あるのが特徴です。花色は白色で、とても美しい花を咲かせます。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

特徴

  • 八重咲きで、花弁が5~8枚ある
  • 花色は白色
  • 樹形は自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長する
  • 日当たりと水はけの良い場所を好む
項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
花色 白色
耐病性 強い

耐病性に優れ、初心者にもおすすめの品種

プレナは、耐病性に優れている品種です。ハナミズキによく発生する病気である、ハナミズキ炭疽病やハナミズキシンクイムシに強い抵抗力を持っています。そのため、初心者でも育てやすい品種です。

栽培のポイント

  1. 日当たりと水はけの良い場所を好む
  2. 土壌は酸性から中性を好む
  3. 植え付け時は、根鉢の2倍ほどの大きさの穴を掘る
  4. 水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与える
  5. 肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与える

プレナ
プレナ

レッド・ピグミー

小型で赤い花が美しいレッド・ピグミー

レッド・ピグミーは、ハナミズキの栽培品種の1つです。小型で、赤い花が咲くのが特徴です。樹形は、自然樹形で、高さは2~3m、幅は1~2mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 2~3m
樹幅 1~2m
花色 赤色
耐病性 強い

庭のアクセントに最適な品種

レッド・ピグミーは、庭のアクセントになるような品種です。赤い花と小さな樹形が、庭を華やかに彩ります。また、耐病性も強いので、初心者でも育てやすい品種です。

  • 庭のアクセントに最適
  • 初心者でも育てやすい

レッド・ピグミー
レッド・ピグミー

スプリング・グローブ

歴史と由来

スプリング・グローブは、20世紀後半に、ハナミズキの病害抵抗性の向上を目的として開発されたハナミズキの栽培品種です。オルトンの研究により、ハナミズキの木と病気抵抗性の高いヤマボウシの木を交配して誕生しました。

この交配により、ハナミズキ炭疽病、ハナミズキシンクイムシ、うどんこ病に強い、いくつかの無菌の栽培品種が生まれました。コンステレーション、ステラ・ピンク、レッド・ジャイアントなどが、スプリング・グローブから生まれた品種です。

  • ハナミズキ炭疽病に強い
  • ハナミズキシンクイムシに強い
  • うどんこ病に強い

特徴

スプリング・グローブは、自然樹形で、高さは6~8m、幅は4~6mほどに成長します。樹形は、枝が2~3個に分かれており、花や果実をたくさんつけます。花は白色で、直径は5インチほどにもなります。

葉は、緑色で、秋には赤やオレンジ色に紅葉します。果実は、赤色で、秋に熟します。

項目 内容
樹高 6~8m
樹幅 4~6m
花色 白色
耐病性 強い

スプリング・グローブ
スプリング・グローブ

ステラ

耐病性に優れたステラ

ステラは、ハナミズキの栽培品種の中でも、耐病性に優れた品種です。ハナミズキ炭疽病やハナミズキシンクイムシ、うどんこ病に強い抵抗力を持っています。そのため、初心者でも育てやすい品種です。

項目 内容
耐病性 ハナミズキ炭疽病、ハナミズキシンクイムシ、うどんこ病に強い

ステラ・シリーズ

ステラシリーズは、ステラを親にして開発された栽培品種のシリーズです。コンステレーション、ステラ・ピンク、レッド・ジャイアントなどが、ステラシリーズに含まれます。これらの品種も、耐病性に優れています。

  • コンステレーション
  • ステラ・ピンク
  • レッド・ジャイアント

ステラ
ステラ

ウェルチー

斑入り葉が美しいウェルチー

ウェルチーは、ハナミズキの栽培品種の1つです。葉に斑が入るのが特徴で、葉色は緑色と白色の覆輪斑です。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
葉色 緑色と白色の覆輪斑
耐病性 強い

紅葉も楽しめるウェルチー

ウェルチーは、紅葉も美しい品種です。秋になると、葉が赤やオレンジ色に染まります。また、耐病性も強いので、初心者でも育てやすい品種です。

  • 紅葉が美しい
  • 耐病性に優れている
  • 初心者でも育てやすい

ウェルチー
ウェルチー

キサントカルパ

黄色い果実が特徴のキサントカルパ

キサントカルパは、ハナミズキの栽培品種の1つです。果実が黄色くなるのが特徴で、この特徴から「キサントカルパ」という名前が付けられました。樹形は、自然樹形で、高さは4~6m、幅は3~4mほどに成長します。日当たりと水はけの良い場所を好みます。

項目 内容
樹高 4~6m
樹幅 3~4m
花色 白色
果実の色 黄色

紅葉も楽しめるキサントカルパ

キサントカルパは、紅葉も美しい品種です。秋になると、葉が赤やオレンジ色に染まります。また、耐病性も強いので、初心者でも育てやすい品種です。

  • 紅葉が美しい
  • 耐病性に優れている
  • 初心者でも育てやすい

キサントカルパ
キサントカルパ

Conclusion

ヤナギナラ|育て方・特徴・増やし方・管理方法・活用法

ヤナギナラ|育て方・特徴・増やし方・管理方法・活用法

ヤナギナラは、落葉性の高木で、公園や街路樹としてよく見られます。葉は柳の葉に似ていて、秋には黄色く紅葉します。どんぐりは小粒で、野生動物の貴重な食料源となっています。今回は、そんなヤナギナラの育て方や特徴、増やし方、管理方法、活用法について詳しく解説します。ぜひ、庭木選びの参考にしてみてください。

ヤナギナラの特徴

葉の特徴

ヤナギナラの葉は、細長く楕円形で、縁には波状の鋸歯があります。葉色は緑色で、秋になると黄色く紅葉します。葉の長さは5~15cm、幅は2~5cm程度です。

特徴 詳細
形状 細長く楕円形
波状の鋸歯
葉色 緑色(秋は黄色く紅葉)
長さ 5~15cm
2~5cm

樹形と樹高

ヤナギナラは、落葉性の高木で、樹高は15~25m程度になります。樹形は円形で、枝は横に広がります。幹は灰褐色で、縦に浅い溝が入っています。

  • 樹形:円形
  • 樹高:15~25m
  • 枝:横に広がる
  • 幹:灰褐色、縦に浅い溝

ヤナギナラの特徴
ヤナギナラの特徴

ヤナギナラの栽培方法

Standort

ヤナギナラは、日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。粘土質の土壌は避けて、酸性の土壌を好みます。

植え付け

植え付け時期は、11月~3月頃が適しています。植え穴は、根鉢の2倍程度の大きさで、深さは根鉢と同じくらいにします。植え付け後は、たっぷりと水やりをします。

植え付け時期 植え穴の大きさ 水やり
11月~3月頃 根鉢の2倍程度の大きさ、深さは根鉢と同じくらい たっぷりと

水やり

ヤナギナラは、乾燥に強い樹木ですが、植え付け後は定期的に水やりをします。特に、夏場は土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

施肥

ヤナギナラは、あまり肥料を必要としません。植え付け時に緩効性肥料を施す程度で十分です。

  • 水やり:植え付け後は定期的に、夏場は土が乾いたらたっぷりと
  • 施肥:植え付け時に緩効性肥料を施す程度で十分

ヤナギナラの増やし方

挿し木

ヤナギナラは、挿し木で増やすことができます。挿し穂は、長さ15~20cm程度の若い枝を使用します。挿し穂の下葉を取り除き、赤玉土や鹿沼土などの挿し木用土に挿します。挿し床は、日陰で風通しの良い場所を選びます。挿し穂が根付くまでは、土を湿らせておきます。

挿し穂の長さ 挿し穂の下葉 挿し木用土 挿し床
15~20cm 取り除く 赤玉土や鹿沼土 日陰で風通しの良い場所

種まき

ヤナギナラは、種まきでも増やすことができます。種まきは、秋にどんぐりを採取して行います。どんぐりは、水に浸して浮くものは取り除き、発芽するまで湿らせた砂などに埋めておきます。発芽したら、ポットなどに植え替えて育てます。

  • 種まきの時期:秋
  • 種:どんぐり
  • 発芽までの処理:水に浸して浮くものは取り除き、湿らせた砂などに埋める
  • 発芽後の管理:ポットなどに植え替えて育てる

ヤナギナラの増やし方
ヤナギナラの増やし方

ヤナギナラの管理方法

剪定

ヤナギナラは、剪定に強い樹木です。樹形を整えたり、込み合った枝を間引くために、適宜剪定を行います。剪定時期は、落葉期(12月~3月頃)が適しています。

剪定時期 剪定内容
落葉期(12月~3月頃) 樹形を整える、込み合った枝を間引く

病害虫

ヤナギナラは、比較的病害虫に強い樹木ですが、まれにアブラムシやカイガラムシが発生することがあります。アブラムシは、葉や茎に寄生して樹液を吸汁します。カイガラムシは、幹や枝に寄生して樹液を吸汁し、すす病の原因となることがあります。いずれも、見つけ次第駆除します。

  • アブラムシ:葉や茎に寄生して樹液を吸汁
  • カイガラムシ:幹や枝に寄生して樹液を吸汁、すす病の原因

ヤナギナラの管理方法
ヤナギナラの管理方法

ヤナギナラの活用方法

庭木

ヤナギナラは、落葉性の高木で、樹形が美しく、紅葉も楽しめることから、庭木としてよく利用されます。公園や街路樹としてもよく植えられています。

用途 特徴
庭木 落葉性の高木で、樹形が美しく、紅葉も楽しめる
公園や街路樹 景観を向上させる

材木

ヤナギナラの材は、堅く耐久性があることから、家具や建材として利用されます。特に、船舶の甲板や床材としてよく用いられます。

  • 家具
  • 建材
  • 船舶の甲板や床材

どんぐり

ヤナギナラのどんぐりは、小粒でタンニンを多く含みます。そのため、食用には適しませんが、野生動物の貴重な食料源となっています。また、どんぐりは粉末にしてコーヒーの代用として利用することもできます。

「ヤナギナラのどんぐりは、タンニンを多く含むため、渋くて食用には適しませんが、野生動物にとっては貴重な食料源となっています。」

ヤナギナラの活用方法
ヤナギナラの活用方法

Conclusion

ヤナギナラは、育てやすく、紅葉が美しい落葉性の高木です。庭木として植えることで、緑豊かな空間を演出できます。また、どんぐりは野生動物の貴重な食料源にもなります。ぜひ、このガイドを参考に、ヤナギナラを育ててみてください。

泣く桜が泣かなくなった原因と対処法

桜といえば、見事な花を咲かせる春の風物詩ですよね。特に枝垂れ桜は、その優雅な姿で多くの人を魅了しています。しかし、枝垂れ桜が突然泣かなくなってしまうことがあります。今回は、泣く桜が泣かなくなる原因と対処法について解説します。原因を正しく理解し、適切な対処をすることで、再び美しい枝垂れ桜を楽しむことができますよ。

なぜ泣く桜が泣かないのか

台木の復活

枝垂れ桜は、八重桜などの他の桜の品種を、ヤマザクラなどの直立した成長をする桜の台木に接ぎ木して作られます。接ぎ木がうまくいかず、台木の芽が成長してしまうと、直立した枝が生えてきて、泣かなくなってしまうことがあります。これを「台木の復活」といいます。

原因 症状 対処法
台木の芽が成長する 直立した枝が生えてくる 復活した枝を切り落とす

ひこばえ

ひこばえとは、木の根元から生えてくる新しい芽のことです。ひこばえは、樹勢が弱ったり、根が傷ついたりしたときに発生することがあります。ひこばえが生えてくると、養分がそちらに取られてしまい、枝垂れ桜の枝が弱くなって泣かなくなってしまうことがあります。

  • 樹勢が弱っている場合は、肥料を与えたり、水をやったりして樹勢を回復させる
  • 根が傷ついている場合は、傷ついた部分を切り取って消毒する
  • ひこばえが生えてきた場合は、根元から切り落とす

なぜ 泣く桜 が 泣かないのか
なぜ 泣く桜 が 泣かないのか

リバージョン

台木の復活とは

枝垂れ桜は、八重桜などの他の桜の品種を、ヤマザクラなどの直立した成長をする桜の台木に接ぎ木して作られます。接ぎ木がうまくいかず、台木の芽が成長してしまうと、直立した枝が生えてきて、泣かなくなってしまうことがあります。これを「台木の復活」といいます。

原因 症状 対処法
台木の芽が成長する 直立した枝が生えてくる 復活した枝を切り落とす

ひこばえとは

ひこばえとは、木の根元から生えてくる新しい芽のことです。ひこばえは、樹勢が弱ったり、根が傷ついたりしたときに発生することがあります。ひこばえが生えてくると、養分がそちらに取られてしまい、枝垂れ桜の枝が弱くなって泣かなくなってしまうことがあります。

  • 樹勢が弱っている場合は、肥料を与えたり、水をやったりして樹勢を回復させる
  • 根が傷ついている場合は、傷ついた部分を切り取って消毒する
  • ひこばえが生えてきた場合は、根元から切り落とす

リバージョン
リバージョン

サッカー

サッカーとは

サッカーとは、木の根元から生えてくる新しい芽のことです。ひこばえは、樹勢が弱ったり、根が傷ついたりしたときに発生することがあります。ひこばえが生えてくると、養分がそちらに取られてしまい、枝垂れ桜の枝が弱くなって泣かなくなってしまうことがあります。

原因 症状 対処法
樹勢が弱っている 葉が黄色くなったり、枝が細くなったりする 肥料を与えたり、水をやったりして樹勢を回復させる
根が傷ついている 根が腐ったり、折れたりしている 傷ついた部分を切り取って消毒する
ひこばえが生えてきた 木の根元から新しい芽が生えてくる 根元から切り落とす

ひこばえの対処法

ひこばえが発生した場合は、早めに対処することが大切です。ひこばえを放置しておくと、養分を奪われて枝垂れ桜が弱ってしまい、枯れてしまうこともあります。ひこばえが発生した場合は、根元から切り落としましょう。切り落とすときは、のこぎりや剪定ばさみなどを使って、できるだけ根元から切り落とすようにしましょう。切り落とした後は、切り口に癒合剤を塗っておくと、病原菌の侵入を防ぐことができます。

  • ひこばえは早めに対処することが大切
  • 根元から切り落とす
  • 切り口に癒合剤を塗る

ウォータースプラウト

ウォータースプラウトとは

ウォータースプラウトとは、樹木の幹や枝から勢いよく伸びる新しい枝のことです。ウォータースプラウトは、樹木が何らかのストレスを受けたときに発生することが多く、強剪定、干ばつ、嵐による損傷などが原因で発生することがあります。ウォータースプラウトは、枝垂れ桜の泣く枝とは異なり、樹木の幹や枝から垂直に伸びるという特徴があります。

原因 症状 対処法
強剪定 枝から勢いよく新しい枝が伸びる 不要なウォータースプラウトを切り落とす
干ばつ 葉が黄色くなったり、枝が細くなったりする 水を与える
嵐による損傷 枝が折れたり、幹が傷ついたりする 傷ついた部分を切り取って消毒する

ウォータースプラウトの対処法

ウォータースプラウトが発生した場合は、早めに対処することが大切です。ウォータースプラウトを放置しておくと、樹木の養分を奪ってしまい、枝垂れ桜が弱って枯れてしまうこともあります。ウォータースプラウトが発生した場合は、根元から切り落としましょう。切り落とすときは、のこぎりや剪定ばさみなどを使って、できるだけ根元から切り落とすようにしましょう。切り落とした後は、切り口に癒合剤を塗っておくと、病原菌の侵入を防ぐことができます。

  • ウォータースプラウトは早めに対処することが大切
  • 根元から切り落とす
  • 切り口に癒合剤を塗る

ウォータースプラウト
ウォータースプラウト

対処法

台木の復活に対処する

台木の復活が発生した場合は、復活した枝を切り落とす必要があります。復活した枝は、直立した成長をするため、泣く枝とは異なります。復活した枝を放置しておくと、養分を奪われて枝垂れ桜が弱ってしまいます。復活した枝を発見したら、早めに切り落としましょう。

原因 症状 対処法
台木の芽が成長する 直立した枝が生えてくる 復活した枝を切り落とす

ひこばえに対処する

ひこばえが発生した場合は、根元から切り落とす必要があります。ひこばえは、樹勢が弱っていたり、根が傷ついていたりすると発生します。ひこばえを放置しておくと、養分を奪われて枝垂れ桜が弱ってしまいます。ひこばえを発見したら、早めに切り落としましょう。

  • 樹勢が弱っている場合は、肥料を与えたり、水をやったりして樹勢を回復させる
  • 根が傷ついている場合は、傷ついた部分を切り取って消毒する
  • ひこばえが生えてきた場合は、根元から切り落とす

対処法
対処法

Conclusion

今回は、泣く桜が泣かなくなる原因と対処法について解説しました。枝垂れ桜が泣かなくなってしまった場合、原因を特定し、適切な対処をすることが大切です。今回の記事が、泣かなくなった桜を元に戻すお手伝いになれば幸いです。美しい枝垂れ桜の花を、今年も来年も存分に楽しみましょう。