初心者でも簡単!いちごの育て方

いちごは、甘くてジューシーな果物で、多くの人に愛されています。家庭でいちごを育てるのは難しそうに思えますが、初心者でも簡単に育てることができます。この記事では、苗の選び方、植え付け、育て方、収穫までを詳しく解説します。ぜひ参考にして、ご自宅で新鮮ないちごを収穫してください。

初心者でも簡単!いちごの育て方
初心者でも簡単!いちごの育て方

苗の選び方

いちごの苗を選ぶときは、いくつかのポイントがあります。まず、病気や害虫に強い品種を選ぶことが大切です。初心者向けの品種としては、「よつぼし」や「紅ほっぺ」などがおすすめです。

次に、苗の大きさにも注目しましょう。大きすぎると根詰まりを起こしやすく、小さすぎると生育が遅れます。手のひらサイズ程度の苗が適しています。

品種 特徴
よつぼし 大粒で甘みが強い
紅ほっぺ 酸味と甘みのバランスが良い

葉っぱの状態をチェック

苗の葉っぱは、緑色でツヤがあり、虫食いがないものを選びましょう。葉っぱが黄色くなっていたり、しおれていたりする苗は避けます。

また、葉っぱの裏側もチェックしましょう。うどんこ病やハダニなどの害虫がついていないか確認します。

  • 葉っぱの色が緑色でツヤがある
  • 葉っぱに虫食いがない
  • 葉っぱの裏側に害虫がついていない

植え付けの方法はこちら

根の状態をチェック

苗の根は、白くてしっかりしているものを選びましょう。根が茶色くなっていたり、傷ついていたりする苗は避けます。

根がむき出しになっている苗は、すぐに植え付けましょう。根が乾燥すると枯れてしまいます。

育て方のコツはこちら

苗の選び方
苗の選び方

植え付け

植え付け時期

いちごの植え付け時期は、9月中旬~10月上旬が適しています。この頃になると気温が下がり、苗が活着しやすくなります。ただし、地域によって最適な植え付け時期は異なるので、お住まいの地域の気候に合わせて調整してください。

苗の選び方はこちら

植え付け方法

  • 畝幅60~70cm、株間30~40cmで畝を作ります。
  • 苗をポットから取り出し、根をほぐします。
  • 苗を植え付け穴に植え付け、根元に土を寄せます。
  • 株元を軽く押さえて、ぐらつかないようにします。
  • 植え付け後は、たっぷりと水やりをします。
品種 株間 植え付け時期
よつぼし 30cm 9月中旬~10月上旬
紅ほっぺ 40cm 9月下旬~10月中旬

育て方のコツはこちら

植え付け
植え付け

育て方

水やり

いちごは乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。特に、花が咲いている時期と果実が大きくなっている時期は、水切れに注意が必要です。ただし、過度な水やりは根腐れの原因になるので、与えすぎないように注意しましょう。

水やりのコツはこちら

追肥

いちごは、追肥を定期的に行うことで、より多くの果実を収穫することができます。追肥は、10日~2週間ごとに、緩効性肥料を与えます。肥料の量は、パッケージの説明に従ってください。

追肥のタイミングはこちら

時期 肥料
植え付け後 緩効性肥料
花が咲く前 緩効性肥料
果実が大きくなる時期 緩効性肥料

摘花

いちごは、花が咲いたら摘花を行うことで、果実の品質を高めることができます。摘花は、花が咲いてから1週間ほど経った頃に行います。摘花する際は、花茎の付け根から切り取ります。

摘花の方法はこちら

  • 花が咲いてから1週間ほど経ったら摘花する
  • 花茎の付け根から切り取る
  • 摘花することで果実の品質を高めることができる

育て方
育て方

収穫

いちごの収穫時期は、品種や気候によって異なりますが、一般的に4月下旬~6月上旬頃です。果実が赤く色づき、ヘタの部分が少しへこんだら収穫適期です。

収穫のコツはこちら

収穫の方法

  • ヘタの部分を親指と人差し指で挟んで、軽くひねりながら収穫します。
  • 果実を傷つけないように、丁寧に収穫します。
  • 収穫した果実は、すぐに冷蔵庫で保存します。
品種 収穫時期
よつぼし 4月下旬~5月上旬
紅ほっぺ 5月上旬~6月上旬

保存方法

収穫したいちごは、冷蔵庫で保存します。保存期間は、品種や保存状態によって異なりますが、一般的に1週間程度です。いちごは乾燥に弱いので、保存する際はラップなどに包んで、乾燥を防ぎましょう。

保存のコツはこちら

  • 冷蔵庫で保存する
  • 乾燥を防ぐためにラップなどに包む
  • 保存期間は1週間程度

収穫
収穫

おわりに

いちごの育て方は、苗選び、植え付け、育て方、収穫と、いくつかのポイントを押さえることで、初心者でも簡単に成功させることができます。ぜひこの記事を参考に、ご自宅で新鮮ないちごを育ててみてください。きっと楽しいですよ。