絶対成功!初心者向け🍓いちご栽培コツ完全ガイド

真っ赤に熟したイチゴ、甘酸っぱい香りにつられて食べたくなりますよね。実は、イチゴは初心者でも比較的簡単に栽培できる果物なんです!nippongardening.comでは、イチゴ 栽培 コツを場所選びから収穫まで詳しく解説します。プランターでも畑でも、あなたのお庭で美味しいイチゴを育ててみませんか?

栽培ステップ コツ
場所選び 日当たりと風通しの良い場所を選ぶ
土づくり 水はけの良い土壌にし、堆肥や肥料を混ぜる
苗選び 健康で根がしっかり張っている苗を選ぶ
植え付け クラウンが埋まらないように浅く植える
水やり 土が乾いたらたっぷりと水を与える
肥料 肥料やけを起こさないよう、使用量を守る
収穫 ヘタまで赤く色づいた実を収穫する
管理 枯葉やランナーをこまめに取り除く

絶対成功!初心者向け🍓いちご栽培コツ完全ガイド
絶対成功!初心者向け🍓いちご栽培コツ完全ガイド

いちご 栽培 コツ: 場所選びと土づくり

イチゴは太陽が大好き!だから、日当たりの良い場所を選んであげましょう。お庭の中で、1日中太陽の光が当たる場所がベストです。風通しも大切なので、風がよく通る場所を選びましょう。風通しが悪いと、病気になりやすくなってしまいます。イチゴは水はけの良い土が好きなので、水はけが悪い場合は、土を改良してあげましょう。堆肥や腐葉土を混ぜると、ふかふかで水はけの良い土になりますよ。プランターで育てる場合は、野菜用の培養土を使うと便利です。土作りは、イチゴが元気に育つための大切な準備なので、しっかり行いましょう!

土壌の酸性度もイチゴの成長に影響します。イチゴが好むのは、pH5.5〜6.5の弱酸性の土壌です。酸性度が強すぎると、根がうまく養分を吸収できなくなってしまうので注意が必要です。土壌酸度計を使って、酸性度を測定してみましょう。もし酸性度が強すぎる場合は、苦土石灰を混ぜて調整してあげましょう。逆に、酸性度が弱すぎる場合は、ピートモスを混ぜて調整します。土壌の酸性度を適切に調整することで、イチゴが元気に育つ環境を整えてあげましょう!

いちご 栽培 コツ: 場所選びと土づくり
いちご 栽培 コツ: 場所選びと土づくり

いちご 栽培 コツ: 苗選びと植え付け

美味しいイチゴを育てるには、元気な苗を選ぶことが大切です。葉っぱが濃い緑色で、茎が太くてしっかりしている苗を選びましょう。葉っぱが黄色っぽかったり、茎が細くて弱々しい苗は避けましょう。元気な苗は、病気にもなりにくく、たくさんの実をつけてくれますよ。苗は、園芸店やホームセンターで手に入ります。秋に植え付けするのが一般的ですが、春に植え付けできる品種もあります。

苗を植え付ける時は、クラウンと呼ばれる茎の根元が土に埋まらないように注意しましょう。クラウンが土に埋まってしまうと、そこから腐ってしまうことがあるからです。浅めに植えて、クラウンが少し見えるくらいがちょうど良いです。株間は20〜30cmくらい空けて植え付けましょう。イチゴは横に広がって育つので、スペースを確保してあげることが大切です。 イチゴの疑問土作りについてもっと知りたい人は、nippongardening.comの記事をチェックしてみてね!

  • 葉の色が濃い
  • 茎が太い
  • 根がしっかりしている

いちご 栽培 コツ: 苗選びと植え付け
いちご 栽培 コツ: 苗選びと植え付け

いちご 栽培 コツ: 水やりと肥料

イチゴは水をたくさん飲むのが大好き!特に、実が大きくなる時期は、土が乾かないようにたっぷりと水やりをしてあげましょう。でも、水を与えすぎると根腐れしてしまうので注意が必要です。土の表面が乾いたら、水を与えるようにしましょう。朝に水やりをすると、夜までに葉っぱが乾くので病気になりにくいですよ。プランターで育てる場合は、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えましょう。水やりは、イチゴが元気に育つための大切なポイントなので、忘れずに行いましょう!

イチゴは肥料も大好き!肥料をあげることで、甘くて美味しい実がたくさんなります。肥料は、植え付けの時に元肥として土に混ぜておくのが基本です。その後は、2〜3週間に1回くらい追肥をしてあげましょう。追肥は、液体肥料を使うと手軽で便利です。イチゴ専用の肥料を使うと、より効果的に栄養を与えることができますよ。肥料の量が多すぎると、逆に実がなりにくくなってしまうので、パッケージの instructions に従って適量を与えましょう。肥料をあげることで、イチゴが元気に育つお手伝いをしましょう!

nippongardening.comでは、小豆の育て方冬の水菜の栽培方法など、他にもたくさんの植物の育て方を紹介しています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

いちご 栽培 コツ: 水やりと肥料
いちご 栽培 コツ: 水やりと肥料

いちご 栽培 コツ: 収穫と管理

イチゴの実が赤くなったら、いよいよ収穫です!ヘタの近くまで赤くなったら、ハサミでちょいと切って収穫しましょう。収穫したイチゴは、新鮮なうちに食べるのが一番美味しいですよ。もし食べきれない場合は、ジャムやジュースにしてもいいですね。自分で育てたイチゴの味は格別!きっと、家族みんなが笑顔になるはずです。

イチゴは、収穫が終わった後も管理が必要です。枯れた葉っぱや花がらをこまめに取り除いてあげましょう。枯れた葉っぱや花がらは、病気の原因になってしまうことがあるからです。また、ランナーと呼ばれる茎が伸びてきたら、これも切ってあげましょう。ランナーを放っておくと、栄養が分散して実がなりにくくなってしまいます。収穫後も、イチゴが元気に育つように、しっかり管理してあげましょう!

nippongardening.comでは、ビーツの育て方冬のきゅうりの育て方など、季節ごとの野菜の育て方を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

いちご 栽培 コツ: 収穫と管理
いちご 栽培 コツ: 収穫と管理

Final Thought

イチゴ栽培は、少しのコツと愛情があれば、初心者でも十分楽しめます。この記事で紹介したポイントを参考に、ぜひ挑戦してみてください。きっと、自分で育てたイチゴの美味しさに感動するはずです!nippongardening.comでは、他にも様々な果物や野菜の育て方を紹介しています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。