野菜の栽培方法

絶対成功!初心者でも簡単「いちご 育て」完全ガイド

真っ赤で甘酸っぱい、みんな大好きないちご。実は、お家でも簡単に育てられるんです!プランターがあれば、初心者でもおいしいいちご 育てに挑戦できます。この記事では、いちごの基礎知識から、植え付け、お手入れ、収穫のコツまで、わかりやすく解説します。nippongardening.comと一緒に、家庭菜園で旬のいちごを楽しんでみませんか?

項目 ポイント
品種選び 初心者には一季成りで病気に強い品種がおすすめ。四季成り品種は長い期間収穫を楽しめる。
植え付け クラウンが見える深さに植え、株間は20〜30cm程度。日当たりと風通しの良い場所を選ぶ。
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと。夏は特に乾燥に注意。
肥料 リン酸の配合が多い肥料を選ぶ。開花期や収穫期に追肥する。
人工授粉 開花期に筆などを使って人工授粉すると、実つきが良くなる。
ランナーのカット 冬の間や開花期、収穫期に伸びるランナーはこまめにカットする。
病害虫対策 うどんこ病や灰色かび病、アブラムシやハダニに注意。
収穫 授粉から40〜50日後、真っ赤に熟した実を収穫。

絶対成功!初心者でも簡単「いちご 育て」完全ガイド
絶対成功!初心者でも簡単「いちご 育て」完全ガイド

1. いちご 育て: 基本知識と品種選び 🍓

いちごは、実はバラ科の植物なんです。びっくりでしょ?スーパーで売っているいちごは「オランダイチゴ」という種類で、ビタミンCや食物繊維がたっぷり含まれています。いちごには、春に1回だけ実をつける「一季成り」と、春から秋まで何度も実をつける「四季成り」の2種類があります。初心者さんは、病気に強い一季成りの品種を選ぶのがおすすめですよ。

一季成りの品種で人気なのは、「とちおとめ」や「紅ほっぺ」。どちらも甘くておいしいいちごです。四季成りの品種では、「よつぼし」や「あまごこち」が育てやすいですよ。お庭で育てるなら、日当たりと風通しの良い場所を選びましょう。プランターで育てるなら、深さ15〜20cmくらいのものがちょうどいいです。

  • 一季成り品種: 春に1回収穫
  • 四季成り品種: 春から秋まで何度も収穫

いちご 育て: 基本知識と品種選び 🍓
いちご 育て: 基本知識と品種選び 🍓

2. いちご 育て: 植え付けと環境設定 🌱

苗の植え付け: 大切なクラウンを守ろう!

いちごの苗を植えるときは、茎の根元にある「クラウン」という部分が土に埋まらないように注意しましょう。クラウンは、いちごの成長にとってとても大切な部分。深植えすると、病気になったり、枯れてしまったりすることがあります。プランターに植えるときは、20〜25cmくらいの間隔で2〜3株を植えると、いちごが元気に育ちます。苗を植えた後は、たっぷりとお水をあげてくださいね。

日当たりと風通し: いちごが喜ぶ環境を作ろう!

いちごは、お日様と風通しの良い場所が大好き。プランターなら、ベランダなど日当たりの良い場所に置きましょう。お庭で育てるなら、風通しの良い場所を選んでくださいね。夏は、強い日差しで葉っぱが焼けてしまうことがあるので、遮光ネットなどで少し日陰を作ってあげると良いでしょう。冬は、霜が降りると葉っぱが傷んでしまうので、不織布などで覆ってあげると安心です。 プランター栽培でも畑栽培でも、基本の環境設定は同じです。

いちご 育て: 植え付けと環境設定 🌱
いちご 育て: 植え付けと環境設定 🌱

3. いちご 育て: お世話と収穫のコツ 👩‍🌾

いちごが元気に育つためには、お水やりと肥料が大切です。土の表面が乾いていたら、たっぷりとお水をあげましょう。夏は特に乾燥しやすいので、朝夕2回お水をあげると良いですね。肥料は、リン酸の配合が多いものを選びましょう。リン酸は、いちごの実を大きく甘くするのに役立ちます。2月頃、花が咲き始める頃、そして実が大きくなる頃に肥料をあげると、おいしいいちごがたくさん収穫できますよ。

いちごの花が咲いたら、筆や綿棒を使って人工授粉をしましょう。人工授粉をすると、実つきが良くなります。授粉から40〜50日後、いちごが真っ赤に熟したら、いよいよ収穫です!ヘタの近くをハサミで切って、優しく収穫しましょう。収穫したてのいちごは、甘くてとってもおいしいですよ。自分で育てたいちごの味は、格別です!

時期 肥料
2月頃 花が咲き始める頃
3月頃 実が大きくなる頃

いちごは、放っておくとどんどん子株を増やそうとします。子株を増やすための「ランナー」という茎が伸びてくるので、冬の間や開花期、収穫期はこまめにカットしましょう。ランナーをそのままにしておくと、栄養が分散して実つきが悪くなってしまうことがあります。

いちご 育て: お世話と収穫のコツ 👩‍🌾
いちご 育て: お世話と収穫のコツ 👩‍🌾

4. いちご 育て: トラブルシューティング 🐛

いちごを育てていると、葉っぱが白くなったり、虫がついたり、実がならない…なんてトラブルが起こることも。でも大丈夫!原因と対策を知れば、すぐに解決できますよ。

葉っぱが白くなったら、うどんこ病という病気かもしれません。うどんこ病は、カビの一種が葉っぱにつく病気で、風通しが悪いと発生しやすくなります。葉っぱをこまめに取り除いたり、薬剤を散布したりして、早めに対応しましょう。灰色かび病という病気も要注意です。灰色かび病は、ジメジメした環境で発生しやすくなります。水やりは、なるべく朝に行い、葉っぱに水がかからないように気をつけましょう。

葉っぱがうどんこ病になったら、風通しを良くして、薬剤を散布しよう!

アブラムシやハダニなどの害虫も、いちごの大敵です。アブラムシは、葉っぱの裏側や茎にびっしりついて、栄養を吸い取ります。ハダニは、葉っぱの裏側にクモの巣のような糸を張って、葉っぱを枯らしてしまいます。見つけたら、すぐに専用の薬剤を散布しましょう。

いちご 育て: トラブルシューティング 🐛
いちご 育て: トラブルシューティング 🐛

Final Thought

いちご 育ては、少しの知識と愛情があれば、初心者でも十分楽しめます。甘くておいしいいちごを自分で育てられたときの喜びは格別です。ぜひ、この記事を参考に、自分だけのいちご栽培に挑戦してみてくださいね!

Related Articles

Back to top button