野菜の栽培方法

絶対成功!きゅうり 栽培 コツ 完全ガイド

家庭菜園で人気の野菜、きゅうり。みずみずしくてシャキシャキとした食感は、サラダや漬物など様々な料理に大活躍します。しかし、きゅうりを上手に育てるには、いくつかのコツが必要。nippongardening.comでは、初心者でも失敗しないきゅうり 栽培 コツを詳しく解説します。土づくりから水やり、肥料、病害虫対策、誘引・整枝・摘芯まで、ポイントを押さえて美味しいきゅうりを収穫しましょう!

項目 コツ
土づくり 水はけの良い土壌、苦土石灰でpH調整、堆肥と元肥を施す
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと、特にプランター栽培は注意
肥料 元肥に加え、追肥も定期的に行う
病害虫対策 うどんこ病、べと病、アブラムシなどに注意、早期発見・早期防除
誘引・整枝・摘芯 支柱やネットを使用、子づるを伸ばし、適宜摘芯を行う
収穫 開花後1週間程度、食べ頃は20cm程度

絶対成功!きゅうり 栽培 コツ 完全ガイド
絶対成功!きゅうり 栽培 コツ 完全ガイド

1. キュウリ栽培の基本: 土づくりから収穫まで

きゅうりを育てるには、まず土づくりが大切です。きゅうりは水はけの良い土壌を好みます。酸性土壌を嫌うので、苦土石灰でpH調整を行い、堆肥と元肥を施した畝を作りましょう。畝の作り方は、大根の土作りと似ています。

種まきと苗の選び方

きゅうりは種から育てることも、苗から育てることもできます。種から育てる場合は、ポットに2~3粒ずつ種をまき、発芽したら間引きをして、元気な苗を残します。苗から育てる場合は、節が詰まっていて、葉の色が濃い、しっかりした苗を選びましょう。初心者には、病気や連作に強く育てやすい接木苗がおすすめです。苗の選び方は、かぼちゃの苗選びと共通する部分もあります。

植え付けと支柱立て

苗を植え付ける時期は、5月上旬から6月中旬頃が適しています。株間は45~50cm程度あけて植え付けましょう。植え付けたら、すぐに支柱を立てて、苗をしっかりと根付かせます。支柱には、キュウリネットを張って、つるを誘引します。

  • 種から育てる場合: 発芽したら間引き
  • 苗から育てる場合: 節が詰まっていて葉の色が濃い苗を選ぶ
  • 植え付け: 株間45~50cm程度あける

水やりと肥料

きゅうりは生育に多くの水分が必要なので、特にプランター栽培では水切れに注意しましょう。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。肥料は、元肥に加えて、追肥も定期的に行いましょう。実が付き始めたら追肥し、収穫が始まったら2週間に1回程度与えます。肥料の与え方は、ナスに肥料をあげる方法を参考にすると良いでしょう。

収穫

きゅうりの収穫は、開花後1週間程度が目安です。食べ頃の大きさは20cm程度。収穫が遅れると、次の実の成長に影響するので、若いうちに収穫しましょう。

時期 作業
5月上旬~6月中旬 植え付け
開花後1週間程度 収穫

キュウリ栽培の基本: 土づくりから収穫まで
キュウリ栽培の基本: 土づくりから収穫まで

2. キュウリ栽培のコツ: 病気・害虫対策

きゅうりは、病気や害虫に弱い野菜です。特に、うどんこ病、べと病、アブラムシなどには要注意!病気にかかった葉は、すぐに取り除いて、病気の広がりを防ぎましょう。アブラムシは、葉の裏側にびっしりとついて、養分を吸い取ってしまうので、見つけたらすぐに駆除しましょう。病気や害虫の予防には、風通しを良くすることが大切です。葉が込み入ってきたら、重なり葉や老化葉、病葉を摘除しましょう。

病気や害虫の早期発見・早期防除が、美味しいきゅうりを育てるポイントです。家庭菜園では、農薬を使わない方法で防除することもできます。例えば、牛乳を薄めてスプレーしたり、木酢液を散布したりする方法があります。また、コンパニオンプランツを植えるのも効果的です。ネギやニラ、バジルなどは、害虫を遠ざける効果があります。

病気 症状 対策
うどんこ病 葉に白い粉のようなものがつく 重曹スプレー、牛乳スプレー
べと病 葉に黄色い斑点ができ、裏側にカビが生える 重曹スプレー、木酢液

キュウリ栽培のコツ: 病気・害虫対策
キュウリ栽培のコツ: 病気・害虫対策

3. キュウリ栽培のコツ: 水やりと肥料

水やりのポイント

きゅうりは、水分がとっても大切な野菜です。特に、プランターで育てている場合は、土が乾きやすいので注意が必要!土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えましょう。朝晩2回の水やりが理想的です。特に、夏は気温が高く、土が乾きやすいので、水やりの回数を増やしてあげましょう。水やりを忘れると、きゅうりがしおれてしまうので、忘れずに水やりをしてあげましょう。水やりの方法は、山芋の育て方を参考にしてください。

水やりのタイミングは、土の表面を触って乾いているかどうかで判断します。指を土に差し込んで、第一関節くらいまで乾いていたら、水やりのタイミングです。また、プランターの底から水が流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えましょう。水やりをするときは、葉っぱに水がかからないように注意しましょう。葉っぱに水がかかると、病気の原因になるので、株元に優しく水をかけてあげましょう。

水やりのタイミング 水やりの量
土の表面が乾いたら プランターの底から水が流れ出てくるまでたっぷり

肥料の与え方

きゅうりは、肥料も大切な野菜です。肥料が不足すると、実が大きくならなかったり、味が悪くなったりします。肥料は、元肥に加えて、追肥も定期的に行いましょう。元肥は、植え付けの2週間前までに、土に混ぜ込んでおきます。追肥は、実が付き始めたら、2週間に1回程度与えます。肥料の与え方は、小豆の育て方を参考にしてください。

肥料の種類は、化成肥料や有機肥料など、様々な種類があります。化成肥料は、即効性がありますが、有機肥料は、ゆっくりと効果が持続します。初心者には、化成肥料がおすすめです。肥料を与えるときは、肥料袋に書いてある量を守って、与えすぎないように注意しましょう。肥料を与えすぎると、根が傷んでしまうので、注意が必要です。

キュウリ栽培のコツ: 水やりと肥料
キュウリ栽培のコツ: 水やりと肥料

4. キュウリ栽培のコツ: 誘引・整枝・摘芯

きゅうりのつるは、どんどん伸びていきます。そのままにしておくと、葉っぱが込み入って、風通しが悪くなってしまいます。風通しが悪いと、病気の原因になるので、つるを支柱やネットに誘引して、風通しを良くしましょう。誘引の方法は、ズッキーニの育て方と似ています。

つるを誘引したら、次は整枝です。整枝とは、不要な葉っぱや芽を取り除くことです。整枝をすることで、栄養が実の方に集中して、美味しいきゅうりが育ちます。整枝の方法は、品種によって異なります。一般的なきゅうりの整枝方法は、子づるを伸ばし、親づるとともに適宜摘芯を行う方法です。摘芯とは、つるの先端を摘み取ることで、つるを伸ばすのを止めることです。摘芯をすることで、栄養が実の方に集中して、美味しいきゅうりが育ちます。

摘芯のタイミングは、品種によって異なります。一般的なきゅうりの摘芯のタイミングは、親づるが支柱の高さまで伸びたら、先端を摘芯します。子づるは、2本伸ばして、それぞれ10節くらいで摘芯します。摘芯をすると、脇芽が伸びてきます。脇芽は、放っておくと栄養を奪ってしまうので、見つけたらすぐに摘み取りましょう。

作業 目的
誘引 風通しを良くする
整枝 栄養を実に集中させる
摘芯 つるを伸ばすのを止める

キュウリ栽培のコツ: 誘引・整枝・摘芯
キュウリ栽培のコツ: 誘引・整枝・摘芯

Final Thought

きゅうり栽培は、適切な管理を行うことで、初心者でも十分に楽しめます。土づくり、水やり、肥料、病害虫対策、誘引・整枝・摘芯など、それぞれのポイントをしっかりと押さえて、美味しいきゅうりをたくさん収穫しましょう!

Related Articles

Back to top button