Japan

こぼれ種パンジーの育て方~種まきから植え付けまで~

こぼれ種パンジーは、こぼれ落ちた種から芽が出て育つパンジーのことです。こぼれ種パンジーは手間がかからず、自然な風合いが魅力です。今回は、こぼれ種パンジーの育て方や、花壇を彩る方法、楽しむためのコツをご紹介します。こぼれ種パンジーで美しい花壇を作りましょう!

項目 内容
種まき時期 1月頃(北海道)
種まき方法 セルトレーに1〜2粒ずつまく
発芽適温 15〜20℃
発芽日数 1週間程度
植え付け時期 3月中旬頃
植え付け間隔 15〜20cm
開花時期 4〜5月頃
花色 青、紫、白、黄色など
草丈 15〜20cm
栽培場所 日当たりが良く、水はけの良い場所

こぼれ種パンジーから育てる

こぼれ種パンジーって知ってる?こぼれ種って、花が咲いたあとに種がこぼれて、そこからまた芽が出て花が咲くことなんだよ。パンジーもこぼれ種で育てることができるんだ。こぼれ種パンジーは、自然な風合いがあってとってもきれいなんだよ。

こぼれ種パンジーを育てるには、まず種まきをする必要があるよ。種まきは1月頃がいいみたい。種はセルトレーに1〜2粒ずつまくと良いんだ。発芽するまで、土を湿らせておいてね。1週間くらいすると芽が出てくるよ。

種まき時期 種まき方法 発芽適温
1月頃(北海道) セルトレーに1〜2粒ずつまく 15〜20℃

芽が出たら、3月中旬頃に植え付けよう。植え付けるときは、株の間隔を15〜20cmくらいあけると良いよ。日当たりが良く、水はけの良い場所に植えようね。

  • 植え付け時期:3月中旬頃
  • 植え付け間隔:15〜20cm
  • 植え付け場所:日当たりが良く、水はけの良い場所

こぼれ種パンジーは、4〜5月頃に開花するよ。花色は青、紫、白、黄色などいろいろあるんだ。草丈は15〜20cmくらいになるよ。こぼれ種パンジーを育てて、お庭を彩ってみよう!

こぼれ種パンジーから育てる
こぼれ種パンジーから育てる

パンジーの種まき

パンジーの種まきって、難しそうに見えるけど、実はとっても簡単なんだよ。種まきをする時期は、北海道だと1月頃になるんだ。種は、セルトレーという小さな容器に1〜2粒ずつまくんだよ。土を湿らせて、種が隠れるように軽く土をかぶせようね。セルトレーは、日当たりが良くて、風通しの良い場所に置いてね。すると、1週間くらいで芽が出てくるよ。芽が出てきたら、3月中旬頃になったら、プランターや花壇に植え替えよう。植え付けるときは、株の間隔を15〜20cmくらいあけて、日当たりが良くて、水はけの良い場所に植えるといいよ。

種まき時期 種まき方法 発芽適温
1月頃(北海道) セルトレーに1〜2粒ずつまく 15〜20℃

すると、4〜5月頃に、きれいなパンジーの花が咲くんだよ。パンジーは、青、紫、白、黄色など、いろんな色の花が咲くんだ。草丈は15〜20cmくらいで、花壇を彩るのにぴったりだよ!

パンジーの種まき
パンジーの種まき

こぼれ種パンジーの育て方

こぼれ種パンジーって知ってる?こぼれ種って、花が咲いたあとに種がこぼれて、そこからまた芽が出て花が咲くことなんだよ。パンジーもこぼれ種で育てることができるんだ。こぼれ種パンジーは、自然な風合いがあってとってもきれいなんだよ。

こぼれ種パンジーを育てるには、まず種まきをする必要があるよ。種まきをする時期は、北海道だと1月頃になるんだ。種は、セルトレーという小さな容器に1〜2粒ずつまくんだよ。土を湿らせて、種が隠れるように軽く土をかぶせようね。セルトレーは、日当たりが良くて、風通しの良い場所に置いてね。すると、1週間くらいで芽が出てくるよ。芽が出てきたら、3月中旬頃になったら、プランターや花壇に植え替えよう。植え付けるときは、株の間隔を15〜20cmくらいあけて、日当たりが良くて、水はけの良い場所に植えるといいよ。

種まき時期 種まき方法 発芽適温
1月頃(北海道) セルトレーに1〜2粒ずつまく 15〜20℃

すると、4〜5月頃に、きれいなパンジーの花が咲くんだよ。パンジーは、青、紫、白、黄色など、いろんな色の花が咲くんだ。草丈は15〜20cmくらいで、花壇を彩るのにぴったりだよ!

水やり

パンジーは、土が乾いたらたっぷりと水やりをするのがポイントだよ。特に、夏場は乾燥しやすいので、注意してあげてね。

肥料

パンジーは、肥料をあげると花付きがよくなるよ。月に1回くらい、液体肥料を与えてあげようね。

病害虫

パンジーは、アブラムシやハダニなどの害虫がつきやすいので、注意が必要だよ。見つけたら、早めに駆除してね。

こぼれ種パンジーの育て方
こぼれ種パンジーの育て方

こぼれ種パンジーを楽しむ

こぼれ種パンジーって、こぼれ落ちた種から芽が出て、また花が咲くパンジーのことなんだよ。こぼれ種パンジーは、自然な風合いがあってとってもきれいなんだ。

こぼれ種パンジーを楽しむには、大きく3つのポイントがあるよ。1つ目は、こぼれ種を上手に拾うこと。こぼれ種は、花が咲いた後に種がこぼれ落ちてできるものだから、花が終わった後に地面をよく見てみよう。種を見つけたら、そっと拾って、風で飛ばされないように紙袋などに保管しておこうね。

2つ目は、こぼれ種をまく時期と場所を選ぶこと。こぼれ種をまく時期は、北海道だと1月頃がおすすめだよ。種をまく場所は、日当たりが良くて、水はけの良い場所を選ぼうね。土を耕して、種をまいたら、軽く土をかけてね。

3つ目は、芽が出たら、しっかりとお世話をすること。芽が出たら、土が乾いたら水をあげたり、肥料をあげたりして、元気に育てようね。こぼれ種パンジーは、自然に育つので、あまり手がかからないよ。でも、愛情を込めてお世話をすれば、きれいな花を咲かせてくれるよ。

ポイント 内容
1つ目 こぼれ種を上手に拾う
2つ目 こぼれ種をまく時期と場所を選ぶ
3つ目 芽が出たら、しっかりとお世話をする

こぼれ種パンジーを楽しむ
こぼれ種パンジーを楽しむ

おわりに

こぼれ種パンジーは、手間がかからず、自然な風合いが楽しめる花です。種まきから開花まで、コツを掴んで上手に育てましょう。花壇を彩り、こぼれ種パンジーの美しさをお楽しみください。

Related Articles

Back to top button