さつまいも 栽培 農家で品質の良いさつまいも作りを追求する秘訣

さつまいもは、日本人に古くから親しまれてきた野菜の一つです。甘くてホクホクとした食感が特徴で、煮物や焼き芋など、さまざまな料理に利用されています。近年では、さつまいもの健康効果が注目されており、食物繊維やビタミンCが豊富に含まれていることがわかっています。さつまいもを栽培してみたいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、さつまいも栽培の基礎知識やコツについて、初心者の方にもわかりやすく解説します。ぜひ、Nippongardeningと一緒にさつまいも栽培に挑戦してみませんか?

さつまいも 栽培 農家で品質の良いさつまいも作りを追求する秘訣
さつまいも 栽培 農家で品質の良いさつまいも作りを追求する秘訣

I. さつまいもの品種

さつまいもには、さまざまな品種があり、それぞれに特徴があります。代表的な品種をいくつかご紹介します。

紅あずま

  • 果肉は鮮やかなオレンジ色で、甘みが強い
  • ホクホクとした食感で、焼き芋や天ぷらに適している

安納芋

  • 果肉はねっとりとした食感で、蜜がたっぷり
  • 甘みが強く、焼き芋やスイートポテトに適している

鳴門金時

  • 果肉は淡い黄色で、ホクホクとした食感
  • 甘みが強く、焼き芋や煮物に適している

シルクスイート

  • 果肉はなめらかな食感で、甘みが強い
  • 焼き芋やスイートポテトに適している

紅はるか

  • 果肉は鮮やかなオレンジ色で、甘みが強い
  • ホクホクとした食感で、焼き芋や天ぷらに適している

さつまいもの品種は他にもたくさんあります。自分の好みに合った品種を見つけて、料理を楽しんでください。

さつまいもの品種一覧

品種 特徴 適した料理
紅あずま 甘みが強く、ホクホクとした食感 焼き芋、天ぷら
安納芋 ねっとりとした食感、蜜がたっぷり 焼き芋、スイートポテト
鳴門金時 淡い黄色、ホクホクとした食感 焼き芋、煮物
シルクスイート なめらかな食感、甘みが強い 焼き芋、スイートポテト
紅はるか 鮮やかなオレンジ色、甘みが強い 焼き芋、天ぷら

関連する記事:さつまいもの栽培方法

関連する記事:さつまいもの育て方

II. さつまいも栽培のポイント

土づくり

さつまいもは水はけの良い土壌を好みます。植え付けの2週間前までに、堆肥や腐葉土を混ぜ込んで土壌を改良しましょう。また、畝を高くして水はけを良くすることも大切です。

苗の植え付け

苗は、葉が5~6枚になった頃が植え付けの適期です。植え付けの間隔は、畝幅が90cmの場合で30cm、畝幅が120cmの場合で40cmが目安です。苗を植え付けたら、株元に土を寄せ、軽く押さえて固定します。

植え付け時期 植え付け間隔 植え付け方法
5~6月頃 畝幅90cmで30cm、畝幅120cmで40cm 苗を植え付け、株元に土を寄せ、軽く押さえる

水やり

さつまいもは乾燥に強い植物ですが、植え付け直後や長雨の後は水やりが必要です。特に、芋が肥大する時期には、土が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。

追肥

追肥は、植え付け後1ヶ月後と2ヶ月後に2回行います。1回目は窒素分の多い肥料、2回目はリン酸分の多い肥料を与えます。

  • 1回目の追肥:植え付け後1ヶ月後
  • 2回目の追肥:植え付け後2ヶ月後

さつまいも栽培のポイント
さつまいも栽培のポイント

III. さつまいも収穫・貯蔵

さつまいもを収穫する時期は、品種や地域によって異なりますが、一般的に10月下旬から11月上旬頃です。収穫の目安は、葉が枯れ始めて株元が膨らんできた時です。

収穫時は、つるを切断し、株元から手で引き抜きます。傷をつけないように注意して取り扱いましょう。収穫したさつまいもは、土を払い落として風通しの良い場所でしばらく乾燥させます。

収穫時期 目安 方法
10月下旬から11月上旬頃 葉が枯れ始め、株元が膨らんできた時 つるを切断し、手で引き抜く

その後、さつまいもを貯蔵します。貯蔵に適した温度は13~16℃、湿度は70~80%です。新聞紙やわらに包んだり、段ボール箱やコンテナに入れて重ねないように並べて保管します。

  • 新聞紙やわらに包む
  • 段ボール箱やコンテナに重ねないように並べる
  • 貯蔵温度:13~16℃
  • 貯蔵湿度:70~80%

さつまいもは、適切に収穫・貯蔵することで、長期間楽しむことができます。ぜひ、家庭菜園などで育ててみてはいかがでしょうか。

さつまいも栽培・農家さつまいも栽培のポイント

さつまいも収穫・貯蔵
さつまいも収穫・貯蔵

IV. さつまいもを活用した加工品

さつまいもは、食物繊維が豊富で栄養価も高い食材です。そのまま食べるだけでなく、さまざまな加工品としても利用されています。さつまいもを使った代表的な加工品として、以下のようなものがあります。

さつまいもチップスは、薄くスライスしたさつまいもを揚げたもので、カリッとした食感とほのかな甘みが特徴です。ようかんは、さつまいもを裏ごしして砂糖とみりんを加えて煮詰めたもので、滑らかな口当たりと上品な甘さがあります。かりんとうは、小麦粉と砂糖で作った生地にさつまいもを練り込み、油で揚げたもので、香ばしい風味と歯ごたえが楽しめます。

近年の健康志向の高まりに伴い、さつまいもを使った加工品も糖質オフや食物繊維豊富なタイプなど、ヘルシー志向の商品が増えています。健康面を気にする方にも安心して楽しめるようになっています。

さつまいもチップスの栄養価

さつまいもチップスの栄養成分(100gあたり)
栄養素 含量
エネルギー 515kcal
たんぱく質 3.4g
脂質 23.6g
炭水化物 61.7g
食物繊維 9.0g

さつまいもチップスは、エネルギーや脂質が高めですが、食物繊維も豊富に含まれています。また、さつまいもに含まれるビタミンCやビタミンEなどの栄養素も摂取できます。

さつまいものようかんの栄養価

さつまいものようかんの栄養成分(100gあたり)
栄養素 含量
エネルギー 270kcal
たんぱく質 2.0g
脂質 0.5g
炭水化物 65.0g
食物繊維 3.0g

さつまいものようかんは、エネルギーが比較的低く、食物繊維も豊富です。また、ビタミンCやカルシウムなどの栄養素も含まれています。

さつまいもかりんとうの栄養価

さつまいもかりんとうの栄養成分(100gあたり)
栄養素 含量
エネルギー 400kcal
たんぱく質 5.0g
脂質 15.0g
炭水化物 70.0g
食物繊維 5.0g

さつまいもかりんとうは、エネルギーや脂質はやや高めですが、食物繊維も豊富に含まれています。また、さつまいもに含まれるビタミンCやカリウムなどの栄養素も摂取できます。

※本記事は、「さつまいも栽培農家」というキーワードをターゲットにした記事です。実際にさつまいもを栽培されている方は、ぜひ弊社サイトにっほんがーでにんぐでさつまいもの栽培に関する情報を集めてみてください!

さつまいもを活用した加工品
さつまいもを活用した加工品

V. さつまいもの栽培のまとめ

さつまいもの栽培は、栽培環境を整え、適切な時期に種芋を植え付け、生育に必要な水をやり、追肥を行い、病害虫対策を行うことが大切です。また、収穫時期を見極めて、傷つけないように収穫を行えば、おいしいさつまいもを収穫できます。さつまいも栽培を通して、自然の恵みを感じ、食の大切さを知ることができます。ぜひ、家庭菜園や農園でさつまいもを育ててみましょう。