野菜の栽培方法

初心者必見!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド

ホクホクの食感や様々な料理への活用で人気のじゃがいも(馬鈴薯)を、自分の家庭菜園で育ててみませんか?nippongardening.comでは、初心者の方でも簡単にじゃがいも 作り方 栽培に挑戦できるよう、品種選びから植え付け、土寄せ、芽かき、収穫までのポイントを分かりやすく解説します。

項目 詳細
必要な道具 スコップ、鍬、ジョウロ、プランター(プランター栽培の場合)、培養土など
品種選び 男爵、メークイン、キタアカリ、インカのめざめなど、用途や好みに合わせて選ぶ
栽培時期 春植え(2〜3月)と秋植え(8〜9月)がある
植え付け方法 種イモを半分に切り、切り口を乾燥させてから植え付ける
栽培管理 土寄せ、芽かき、追肥を適宜行う
収穫 茎葉が枯れ始めたら収穫する

初心者必見!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド
初心者必見!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド

1. じゃがいも栽培に必要な道具

畑で育てる場合

畑でじゃがいもを育てる場合、土を耕したり、畝を作ったりするための道具が必要だよ。スコップや鍬は必須アイテム!あとは、水やり用のジョウロがあればOK。肥料をまく時に便利な道具もあるけど、手でパラパラまいても大丈夫だよ。

じゃがいもは土の中で育つから、土寄せという作業が必要になるんだ。土寄せは、じゃがいもの茎の周りに土を寄せて、芋が土から飛び出さないようにする作業だよ。スコップや鍬を使って、優しく土を寄せてあげようね。

畑でじゃがいもを育てる時は、雑草対策も忘れずに!雑草が生えてくると、じゃがいもと栄養の取り合いになってしまうんだ。こまめに雑草を抜いて、じゃがいもが元気に育つ環境を作ってあげよう。

  • 畑での野菜の育て方
  • 土づくりの基本

プランターで育てる場合

ベランダや庭のちょっとしたスペースでじゃがいもを育てたい場合は、プランターが便利だよ。プランターのサイズは、深さが30cm以上あるものがおすすめ。じゃがいもは土の中で大きくなるから、深いプランターの方がたくさん収穫できるんだ。

プランターに土を入れる前に、鉢底石を敷いておこう。鉢底石は、水はけを良くする役割があるんだ。プランターの底に網を敷いて、その上に鉢底石を入れるよ。あとは、野菜用の培養土を入れれば準備完了!

プランターでじゃがいもを育てる場合も、土寄せは必要だよ。プランターの縁から5cmくらい下まで土が入っていればOK。土が足りなくなったら、培養土を足してあげようね。

道具 使い方
スコップ 土を掘ったり、土寄せをしたりする
土を耕したり、畝を作ったりする
ジョウロ 水やりをする
プランター ベランダや庭でじゃがいもを育てる
培養土 プランターに入れる土

じゃがいも栽培に必要な道具
じゃがいも栽培に必要な道具

2. じゃがいもの品種選び:用途に合わせたベストチョイス

料理に合わせた品種選び

じゃがいもには、ホクホク系、ねっとり系など、食感の違う品種がたくさんあるよ。料理によって、合う品種が異なるので、どんな料理を作りたいかによって選んでみよう!

ホクホク系

ホクホクとした食感が特徴の品種は、ポテトサラダやコロッケ、フライドポテトなどに向いているよ。代表的な品種は、「男爵」や「メークイン」。

ねっとり系

ねっとりとした食感が特徴の品種は、煮物やシチュー、カレーなどに向いているよ。煮崩れしにくいので、じっくり煮込んでも大丈夫!代表的な品種は、「キタアカリ」や「インカのめざめ」。

珍しい品種にも挑戦してみよう!

スーパーなどで見かけるじゃがいも以外にも、珍しい品種がたくさんあるよ。皮が赤い品種や、紫色の品種、栗のような味の品種など、個性豊かなじゃがいもを育ててみるのも楽しいね!

赤いじゃがいも

皮が赤いじゃがいもは、アントシアニンという栄養素が豊富に含まれているよ。アントシアニンは、目の健康に良いと言われているんだ。代表的な品種は、「アンデスレッド」や「レッドムーン」。

紫色のじゃがいも

皮や中身が紫色のじゃがいもは、ポリフェノールという栄養素が豊富に含まれているよ。ポリフェノールは、抗酸化作用があると言われているんだ。代表的な品種は、「シャドークイーン」や「ノーザンルビー」。

品種 特徴 おすすめの料理
男爵 ホクホクとした食感 ポテトサラダ、コロッケ
メークイン ホクホクとした食感 フライドポテト、マッシュポテト
キタアカリ ねっとりとした食感 煮物、シチュー
インカのめざめ ねっとりとした食感、栗のような味 じゃがバター、焼き芋

じゃがいもの品種選び:用途に合わせたベストチョイス
じゃがいもの品種選び:用途に合わせたベストチョイス

3. じゃがいも 栽培時期と植え付け方法:春植えと秋植え

じゃがいもは、春と秋の2回、育てることができるよ。地域によって時期が少し異なるけど、春植えは2月から3月頃、秋植えは8月から9月頃が植え付けの適期だよ。初心者さんには、春植えがおすすめ!

種イモを植える時は、半分に切って、切り口を2~3日乾かしてから土に植えるよ。こうすることで、種イモが腐りにくくなるんだ。植える深さは、7~8cmくらい。土を優しくかけてあげようね。

じゃがいもを植える場所も大切だよ。日当たりが良く、水はけの良い場所を選んでね。日当たりが悪いと、じゃがいもが大きく育たないんだ。水はけが悪いと、根っこが腐ってしまうこともあるから注意しよう!

地域 春植え 秋植え
関東地方 2月下旬~3月上旬 8月下旬~9月上旬
東北地方 3月中旬~4月中旬 8月中旬~9月中旬
北海道 4月下旬~5月中旬

じゃがいも 栽培時期と植え付け方法:春植えと秋植え
じゃがいも 栽培時期と植え付け方法:春植えと秋植え

4. じゃがいも 栽培管理:土寄せ、芽かき、追肥

土寄せ:じゃがいもを大きく育てる秘訣

じゃがいもの茎が10cmくらいになったら、土寄せをしよう!土寄せは、茎の周りに土を寄せて、山のようにする作業だよ。こうすることで、じゃがいもの芋が土から飛び出さずに、大きく育つんだ。

土寄せは、2~3回に分けて行うよ。最初は、茎の周りに5cmくらい土を寄せればOK。その後、茎が伸びてきたら、さらに土を足して、山を大きくしていこう。プランターで育てる場合は、プランターの縁から5cmくらい下まで土が入っていれば大丈夫だよ。

土寄せのタイミング 土寄せの高さ
茎が10cmくらいになったら 5cmくらい
茎が伸びてきたら 10~15cmくらい

芽かき:元気な芽を残して、大きな芋を育てよう

じゃがいもは、1つの種イモからたくさんの芽が出てくるよ。でも、そのままにしておくと、小さな芋がたくさんできてしまうんだ。そこで、元気な芽を1~2本残して、他の芽はかき取る「芽かき」という作業が必要だよ。

芽かきは、芽が10cmくらいになったら行うよ。茎が太くて、葉の色が濃い芽を残して、他の芽は根元から優しくかき取ろう。芽かきをすることで、栄養が集中して、大きな芋ができるんだ。

じゃがいも 栽培管理:土寄せ、芽かき、追肥
じゃがいも 栽培管理:土寄せ、芽かき、追肥

Final Thought

じゃがいも 栽培は、初心者でも挑戦しやすい家庭菜園の入門編としておすすめです。品種選びから収穫まで、ポイントを押さえて美味しいじゃがいもを育ててみましょう!

Related Articles

Back to top button