絶対成功!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド

ホクホクのじゃがいも、自分で育ててみたくないですか? nippongardening.comでは、初心者でも簡単にできるじゃがいも 栽培の方法をご紹介します。種芋の選び方から植え付け、収穫、保存まで、美味しいじゃがいもを育てるためのポイントを詳しく解説します。家庭菜園でじゃがいも 栽培に挑戦して、新鮮な美味しさを味わってみましょう!

項目 ポイント
種芋 園芸店や種苗店で購入し、大きさや芽の状態を確認する
土壌 水はけが良く、pH5.0~6.0の弱酸性土壌が適している
植え付け時期 春作は2月下旬~3月、秋作は8月下旬~9月中旬
植え付け方法 深さ15cmの溝に30cm間隔で種芋を植え、7~8cm覆土する
管理 芽かき、土寄せ、追肥、病害虫対策を行う
収穫 葉や茎が枯れたら収穫し、日陰で乾燥させる
保存 風通しの良い日陰で5℃前後で貯蔵する

絶対成功!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド
絶対成功!じゃがいも 作り方 栽培 完全ガイド

じゃがいも栽培の準備: 土壌と種芋の選び方

じゃがいもが喜ぶ土づくり

じゃがいもは、水はけが良くてふかふかの土が大好き! 🥔 水はけが悪いと根っこが腐っちゃうから、土づくりはとっても大切なんだ。 🏡 庭や畑で育てるなら、植え付けの2~3週間前に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、ふかふかの土を作ってあげよう。プランターで育てるなら、野菜用の培養土を使うと便利だよ。酸性すぎる土は苦手だから、苦土石灰を混ぜて調整してあげようね。

元気な種芋を選ぼう!

種芋は、スーパーで売っているじゃがいもとは違う特別なじゃがいもなんだ。 👀 園芸店やホームセンターで手に入るよ。選ぶときは、表面がキレイでシワシワになっていないものを選ぼう。芽が出ているかもチェック! 芽が出ていないと、なかなか芽が出てこないことがあるんだ。大きさは、ピンポン玉くらいがちょうどいいよ。 🏓

  • 男爵
  • メークイン
  • キタアカリ
  • インカのめざめ

じゃがいもの種類

じゃがいもには、いろんな種類があるんだ。ホクホクした食感の「男爵」、煮崩れしにくい「メークイン」、ビタミンCが豊富な「キタアカリ」、甘くて美味しい「インカのめざめ」など、それぞれ特徴があるよ。どんな料理に使いたいか考えて、好きな種類を選んでね。 🍳

じゃがいもの仲間には、トマトやナスがあるんだ。 🍅🍆 だから、同じ場所で続けてじゃがいもを育てると、病気になりやすくなるから注意が必要だよ。じゃがいもを育てた場所では、3~4年はナス科の野菜を育てないようにしようね。 🦠 じゃがいもを育てる前に、トウモロコシ小豆を育てると、土が元気になるよ。

じゃがいも栽培の準備: 土壌と種芋の選び方
じゃがいも栽培の準備: 土壌と種芋の選び方

じゃがいも 植え付け時期と方法: 成功への第一歩

じゃがいもを植える時期は、春と秋の2回あるんだ。 🌸🍂 春植えは2月下旬から3月、秋植えは8月下旬から9月中旬がベストタイミング! 地域によって少し違うから、住んでいる場所の気候に合わせて選んでね。 🏡

種芋を植えるときは、芽が出ている方を上にして、土に埋めてあげよう。 🌱 深さは7~8cmくらいがちょうどいいよ。株と株の間は30cmくらい空けて、広々と育ててあげようね。プランターで育てるなら、深さ30cm以上の大きいプランターを用意してね。 📏 じゃがいもの根っこは、意外と深くまで伸びるから、広いスペースが必要なんだ。

じゃがいも 植え付け時期と方法: 成功への第一歩
じゃがいも 植え付け時期と方法: 成功への第一歩

じゃがいも 栽培の管理: 元気に育てるコツ

じゃがいもが芽を出したら、元気な芽を2~3本残して、あとは間引いてあげよう。🌱 これは「芽かき」っていう作業なんだ。 芽かきをしないと、じゃがいもが栄養を分散させてしまって、大きく育たないんだって。

じゃがいもの茎が20~30cmくらい伸びてきたら、株元に土を寄せてあげよう。 これは「土寄せ」っていう作業なんだ。 土寄せをすると、じゃがいもが土から顔を出さなくなって、緑色に変色するのを防げるよ。 緑色に変色したじゃがいもは、食べられないから気を付けてね。 🙅‍♀️ 土寄せは、2~3回に分けて行うと効果的だよ。

じゃがいもは、肥料が大好き! 植え付けのときに肥料をあげたら、その後も2回くらい追肥してあげよう。 追肥は、芽かきをした後と、花が咲いた後に行うのがベストタイミングだよ。 肥料をあげると、じゃがいもがぐんぐん大きくなるよ。 💪

じゃがいもを育てていると、葉っぱに虫がついてしまうことがあるんだ。 🐛 アブラムシやヨトウムシは、じゃがいもの葉っぱを食べてしまうから、見つけたらすぐに駆除してあげよう。 家庭菜園で使える虫よけスプレーもあるから、試してみるのもいいかもね。 🐞

じゃがいも 栽培の管理: 元気に育てるコツ
じゃがいも 栽培の管理: 元気に育てるコツ

じゃがいも 収穫と保存: 美味しさ長持ちの秘訣

収穫のタイミングを見極めよう!

じゃがいもの葉っぱや茎が黄色くなって枯れてきたら、収穫の合図だよ! ☀️ 晴れた日にスコップで土を掘って、じゃがいもを掘り出そう。 掘ったじゃがいもは、土を落として、2時間くらい日向ぼっこさせて乾かしてあげよう。 そうすると、長持ちするようになるんだ。 🥔

じゃがいもを美味しく保存しよう!

収穫したじゃがいもは、風通しの良い暗い場所で保存しよう。 新聞紙に包んで、段ボール箱に入れると良いよ。 🍎 温度は5℃くらいがベスト! 冷蔵庫の野菜室は、ちょっと温度が低すぎるから、じゃがいもが甘くなってしまうことがあるんだ。 じゃがいもは、光に当たると芽が出てきちゃうから、暗い場所で保存してね。 🌱

じゃがいもは、サツマイモニンジンと一緒に保存すると、長持ちするよ。 🥕 じゃがいもから出るエチレンガスっていうのが、他の野菜の熟成を早めてしまうから、別々に保存するのがポイントだよ。

保存方法 ポイント
新聞紙に包む 湿気を防ぎ、鮮度を保つ
段ボール箱に入れる 光を遮り、芽が出るのを防ぐ
風通しの良い暗い場所で保存 温度変化や湿気を防ぐ

じゃがいも 収穫と保存: 美味しさ長持ちの秘訣
じゃがいも 収穫と保存: 美味しさ長持ちの秘訣

Final Thought

じゃがいも 栽培は、初心者でも挑戦しやすい家庭菜園の入門編です。この記事で紹介したポイントを押さえれば、きっと美味しいじゃがいもを収穫できるでしょう。自分で育てたじゃがいもの味は格別です。ぜひ、家庭菜園でじゃがいも 栽培に挑戦してみてください!