Japan

絶対失敗しない!じゃがいも作る完全ガイド

ホクホクのじゃがいも、自分で育ててみませんか?実はじゃがいもは初心者でも簡単に作れる野菜なんです。nippongardening.comと一緒に、じゃがいもの植え付けから収穫までを楽しく学びましょう!

項目 ポイント
植え付け時期 春または秋
種芋 芽が出ているものを選ぶ
土づくり 水はけの良い、肥沃な土
植え付け方法 深さ10cm程度の溝に種芋を置く
水やり 土が乾いたらたっぷりと
追肥 芽が出てきたら2〜3回
土寄せ 茎が伸びてきたら株元に土を寄せる
収穫時期 葉が枯れてきた頃
保存方法 風通しの良い、涼しい場所で

じゃがいもの植え付け準備: 土づくりと種芋選び

ふかふかのベッドを作ろう: じゃがいもにぴったりの土づくり

じゃがいもは土の中で育つ野菜だから、土づくりはとっても大事!じゃがいもが喜ぶ土は、水はけが良くて、栄養たっぷりのふかふかの土だよ。まるで、ぐっすり眠れるふかふかのベッドみたいだね。水はけが悪いと、じゃがいもが根腐れしちゃって元気がなくなっちゃうんだ。だから、植える場所の土が粘土質だったり、水たまりができやすい場合は、腐葉土や堆肥を混ぜて、水はけを良くしてあげよう!

栄養たっぷりの土にするためには、堆肥や肥料を混ぜるのがおすすめ。堆肥は、落ち葉や野菜くずなどを分解して作った、自然の肥料なんだ。肥料は、ホームセンターなどで売っている野菜用の肥料を選んでね。肥料の袋に書いてある量を守って、土に混ぜ込んであげよう。栄養たっぷりの土で育てれば、じゃがいももスクスク育って、美味しいじゃがいもがたくさんできるよ!

  • 堆肥: 落ち葉や野菜くずを分解して作った自然の肥料
  • 肥料: ホームセンターなどで売っている野菜用の肥料

種芋選びは宝探し: 元気な芽が出ているものを選ぼう

じゃがいもを植える時には、スーパーで売っているじゃがいもは使えないんだ。じゃがいもを作るための特別なじゃがいも、「種芋」を使うんだよ。種芋は、ホームセンターや園芸店、種苗店などで売っているよ。種芋を選ぶ時は、宝探しみたいでワクワクするね!元気な芽が出ているものを選ぼう。芽が出ていない種芋は、なかなか芽が出なかったり、病気にかかりやすかったりするんだ。

種芋の大きさは、卵くらいがちょうどいいよ。大きすぎる種芋は、芽がたくさん出てきて、じゃがいもが小さくなってしまうことがあるんだ。逆に、小さすぎる種芋は、栄養が足りなくて、うまく育たないこともあるよ。ちょうどいい大きさの種芋を選んで、美味しいじゃがいもをたくさん収穫しよう!

良い種芋 悪い種芋
芽が出ている 芽が出ていない
卵くらいの大きさ 大きすぎる、小さすぎる
傷や病気がない 傷や病気がある

じゃがいもを植える: 植え付け方法と時期

さあ、土づくりが終わったら、いよいよじゃがいもを植える番だよ!じゃがいもを植える時期は、春か秋の2回あるんだ。春に植えると、夏に収穫できるよ。秋に植えると、冬の間に土の中でゆっくり育って、春に収穫できるんだ。どっちの時期に植えるかは、住んでいる場所の気候や、好きな収穫時期に合わせて選んでね。

じゃがいもを植える方法は、とっても簡単!まず、深さ10cmくらいの溝を掘って、そこに種芋を置いていくよ。種芋の間隔は、30cmくらいあけてあげよう。種芋を置いたら、上から土をかぶせて、優しく押さえてあげればOK!まるで、じゃがいもを土のお布団で寝かせてあげるみたいだね。種芋が土の中でぐっすり眠れるように、優しく扱ってあげてね。

じゃがいもを植える場所も大事だよ。じゃがいもは太陽が大好きだから、日当たりの良い場所を選んであげよう。日陰だと、じゃがいもがひょろひょろになって、元気がなくなっちゃうんだ。あと、じゃがいもは連作を嫌うから、去年じゃがいもを育てた場所には、今年は違う野菜を植えてあげようね。じゃがいもが「去年と同じ場所じゃつまらないな」って思わないように、場所を変えてあげることが大切なんだ。

じゃがいもを植える時期や方法をしっかり守れば、きっと美味しいじゃがいもがたくさん収穫できるよ!楽しみだね!

じゃがいもの育て方: 水やり、追肥、土寄せ

じゃがいもを植えた後は、水やり、追肥、土寄せという3つのポイントをしっかり押さえてお世話をしてあげよう!じゃがいもが元気に育つように、一緒に頑張ろうね!

水やりは、土が乾いたらたっぷりとあげるのがポイント。土がカラカラに乾いてしまうと、じゃがいもが元気がなくなっちゃうんだ。逆に、いつも土が湿っていると、根腐れを起こしてしまうこともあるから注意が必要だよ。水やりは、朝か夕方にあげるのがおすすめ。日中の暑い時間帯にあげると、水がすぐに蒸発してしまって、じゃがいもに届かなくなっちゃうんだ。じゃがいもの葉っぱがピンと張っているかどうかをチェックして、元気がなさそうだったら、水やりをしてあげよう!

追肥は、じゃがいもの茎が伸びてきたら、2〜3回に分けてあげよう。肥料は、ホームセンターなどで売っている野菜用の肥料を選んでね。肥料の袋に書いてある量を守って、じゃがいもの株元にパラパラと撒いてあげよう。追肥をすると、じゃがいもが栄養をたっぷり吸収して、大きく育つよ!

時期 追肥の種類
芽が出てきた頃 窒素が多い肥料
花が咲く頃 リン酸、カリが多い肥料

じゃがいもの収穫と保存: 収穫時期の見極めと保存方法

じゃがいもの収穫時期の見極め方: 葉っぱが枯れたら宝探し!

じゃがいもを植えてから数ヶ月、いよいよ収穫の時期が近づいてきたよ!でも、いつ収穫したらいいんだろう?そんな時は、じゃがいもの葉っぱを見てみよう。葉っぱが黄色くなって枯れてきたら、収穫のサインだよ。まるで、宝の地図が完成したみたいにワクワクするね!葉っぱが枯れてきたら、土の中でじゃがいもが大きく育っている証拠なんだ。

収穫の時期は、じゃがいもの種類や植えた時期によって少し違うんだ。春に植えたじゃがいもは、6月頃から収穫できるよ。秋に植えたじゃがいもは、11月頃から収穫できるんだ。収穫時期が近づいてきたら、試しに1株だけ掘ってみて、じゃがいもの大きさを確認してみよう。大きくて美味しそうなじゃがいもができていたら、全部収穫しちゃおう!

じゃがいもの保存方法: 涼しくて暗い場所で長持ちさせよう!

収穫したじゃがいもは、風通しが良くて涼しくて暗い場所で保存するのがポイントだよ。じゃがいもは太陽の光が当たると、緑色に変色して苦くなってしまうんだ。だから、日の当たらない場所で保管してあげよう。じゃがいもを新聞紙に包んで、段ボール箱に入れておくのも良い方法だよ。段ボール箱は、通気性が良くて、じゃがいもが呼吸しやすいんだ。

じゃがいもは、りんごと一緒に保存すると長持ちすると言われているよ。りんごから出るエチレンガスという物質が、じゃがいもの芽が出るのを抑えてくれるんだ。まるで、りんごがじゃがいものお兄さんみたいに守ってくれるみたいだね!でも、じゃがいもを長期間保存する場合は、時々様子を見て、傷んだり芽が出ていないか確認してあげてね。

保存方法 ポイント
新聞紙に包む 乾燥を防ぐ
段ボール箱に入れる 通気性を良くする
りんごと一緒に保存する 芽が出るのを抑える

Final Thought

じゃがいもの栽培は、少しの知識と手間で、大きな喜びと美味しい収穫をもたらしてくれます。ぜひ、家庭菜園でじゃがいも作りに挑戦してみてください!

Related Articles

Back to top button