Japan

初心者でも絶対成功!じゃがいも栽培のコツ

家庭菜園で人気のじゃがいも、初心者でも簡単に育てられるって知っていましたか?nippongardening.comでは、じゃがいも栽培の基礎知識から、種イモの準備、植え付け、土づくり、収穫まで、わかりやすく解説します。コツをつかんで、美味しいじゃがいもを収穫しましょう!

項目 ポイント
種イモ 芽が出ているものを選び、切り口には草木灰を。
土づくり 水はけの良い土壌作りが重要。
畝立て 深さ10cmほどの畝を作り、30cm間隔で植え付け。
芽かき 生育の良い芽を1〜2本残して間引き。
追肥 芽かき時と2〜3週間後にカリを中心に追肥。
収穫 茎葉が枯れ始めたら収穫のサイン。
病害虫対策 そうか病やウイルス病、アブラムシに注意。

初心者でも絶対成功!じゃがいも栽培のコツ
初心者でも絶対成功!じゃがいも栽培のコツ

じゃがいも 初心者必見!種イモの準備と植え付け

元気な種イモを選ぼう!

じゃがいも栽培の第一歩は、種イモ選びから!スーパーで売っているじゃがいもは使えないので、園芸店やホームセンターでゲットしよう。選ぶポイントは、芽が出ていること、シワが少なくてハリがあること。まるで元気な赤ちゃんを選ぶみたいだね!腐っているものや、黒ずんでいるものは避けよう。

芽出しでパワーアップ!

種イモを手に入れたら、植え付けの2〜3週間前から「芽出し」をしよう。芽出しとは、種イモに日光を当てて芽を育てること。芽が出ている方が、じゃがいもが元気に育つんだ。日当たりの良い場所に置いて、夜は寒さに弱いので室内に取り込もう。芽が緑色や赤紫色になったら、準備OK!

  • じゃがいも 植え付け時期
  • じゃがいも 連作
  • 家庭菜園 初心者 野菜

種イモのサイズ調整

種イモの大きさは、1個30〜50gがベスト。それより大きい場合は、芽を傷つけないように縦に切ってサイズを調整しよう。切り口には、灰をつけて乾燥させると、腐りにくくなるよ。まるで傷口に絆創膏を貼るみたいだね!

秋に植える場合は、寒さに負けないように、50〜60g以上の種イモを切らずに植えよう。春植えの場合は、初心者さんは切らずにそのまま植えられるサイズの種イモを選ぶと失敗が少ないよ。

春植え品種 見た目 味や食感 適した料理
男爵 皮は明るい黄色、ゴツゴツしている ホクホク 粉ふきいも、マッシュポテト、コロッケ
キタアカリ 皮は明るい黄色、イモの芽がほんのり赤い 甘みがある 蒸かしいも、ポタージュスープ
メークイン 長卵形で薄い土色、くぼみが少なく、皮をむきやすい しっかりとした食感 カレー、シチュー、ポトフ

じゃがいも 初心者でも失敗しない土づくりと畝立て

ふかふかのベッドでじゃがいもを育てよう!

じゃがいもは、水はけの良いふかふかの土が大好き!まるで、ふわふわのベッドで眠るのが好きな人間みたいだね。植え付けの2週間前までに、畑を25〜30cmくらいの深さまで耕して、土を柔らかくしてあげよう。耕すことで、土の中に空気や水が入って、じゃがいもの根っこが元気に伸びることができるんだ。まるで、人間が深呼吸をするみたいにね!

畝を作って水はけを良くしよう!

じゃがいもは、水はけが悪いと根っこが腐ってしまうことがあるんだ。だから、畝を作って、水はけを良くしてあげることが大切。畝とは、土を山のように盛り上げたもの。幅70〜80cm、高さ10cmくらいの畝を作ろう。まるで、じゃがいものための小さな山を作るみたいだね!

畝を作ったら、土の酸性度をチェック!じゃがいもは、pH5.5〜6.0くらいの弱酸性の土壌を好むんだ。酸性度が高すぎる場合は、苦土石灰を混ぜて調整してあげよう。まるで、料理に調味料を入れるみたいにね!

プランターでもじゃがいも栽培を楽しもう!

畑がない場合は、プランターでもじゃがいもを育てることができるよ。深さ30cm以上のプランターを用意して、野菜用の培養土を入れよう。培養土は、すでに肥料や栄養分がバランスよく配合されているから、初心者さんでも簡単に土作りができるんだ。まるで、栄養満点の食事を用意するみたいにね!

プランターの底には、鉢底石を敷いて水はけを良くしてあげよう。じゃがいもの根っこが、水につかってしまうのを防ぐことができるんだ。まるで、お風呂の排水溝みたいにね!

畑の場合 プランターの場合
植え付けの2週間前までに、深さ25~30cm、ふかふかの土になるように耕す。 深さ30㎝以上あるものを準備し、「黒土3:赤玉土小粒3:バーミキュライト3:川砂1」の土と、化成肥料をよく混ぜておく。
それから1週間後、幅70~80cm、深さ10cmほどの畝(うね)を作る。 1週間後、苦土石灰を1ℓあたり2gほど加え、さらに1週間なじませて土を作ります。

じゃがいも 初心者向け栽培のコツ:芽かき、追肥、収穫

じゃがいもの芽がぐんぐん伸びてきたら、いよいよ「芽かき」の時期!芽かきとは、元気な芽を1〜2本残して、あとは間引くこと。たくさんの芽があると、栄養が分散してしまって、大きなじゃがいもができないんだ。まるで、クラスで学級委員を選ぶみたいに、一番元気な芽を選んであげよう!

芽かきをしたら、土寄せと追肥をしよう。土寄せとは、株元に土を寄せて、じゃがいもが土から顔を出さないようにすること。じゃがいもが土から出てしまうと、緑色になってしまって、食べられなくなってしまうんだ。まるで、じゃがいもを布団で優しく包んであげるみたいに、土を寄せてあげよう!追肥は、肥料を足してあげることで、じゃがいもが大きく育つように助けてあげるんだ。まるで、お腹が空いた時にご飯を食べるみたいにね!

じゃがいもの葉っぱが黄色くなって枯れてきたら、収穫のサイン!まるで、秋になって葉っぱが紅葉するみたいに、じゃがいもも収穫の時期を教えてくれるんだ。土を掘り返すと、ゴロゴロと大きなじゃがいもが出てくるよ。まるで、宝探しみたいでワクワクするね!

時期 作業 ポイント
芽かき 草丈10㎝くらい 生育のいい1~2本を残して芽を取り除く。
1回目の土寄せ・追肥 芽かき時 株元に5㎝ほど土寄せをし、同時に株元に追肥をする。
2回目の土寄せ・追肥 1回目の土寄せから2~3週間後 さらに、5㎝ほど土寄せをし、追肥をする。

じゃがいも 初心者向け栽培のコツ:芽かき、追肥、収穫
じゃがいも 初心者向け栽培のコツ:芽かき、追肥、収穫

じゃがいも 初心者必見!病害虫対策と予防法

じゃがいもを育てていると、病気や害虫に悩まされることもあります。でも、大丈夫! 適切な対策と予防法を知っていれば、元気に育てることができます。まるで、風邪を引かないように手洗いうがいをするみたいに、じゃがいもも病気や害虫から守ってあげましょう!

じゃがいもの病気:そうか病とウイルス病

じゃがいもがかかりやすい病気には、「そうか病」と「ウイルス病」があります。そうか病は、じゃがいもの表面にかさぶたのようなブツブツができる病気ですが、食べても問題ありません。まるで、じゃがいもがニキビができちゃったみたいだね!

一方、ウイルス病は、葉っぱが黄色くなったり、萎縮したりする病気で、一度かかると治すことができません。まるで、人間の風邪みたいに、予防が大切なんだ。ウイルス病は、アブラムシによって広がるので、アブラムシ対策も重要です。

  • じゃがいも 植え付け時期
  • じゃがいも 連作
  • 家庭菜園 初心者 野菜

じゃがいもの害虫:アブラムシとテントウムシダマシ

じゃがいもにつく害虫には、アブラムシやテントウムシダマシなどがいます。アブラムシは、葉っぱから栄養を吸い取って、じゃがいもの成長を妨げます。まるで、蚊に刺されてかゆくなるみたいに、じゃがいももアブラムシに栄養を吸い取られて弱ってしまうんだ。

テントウムシダマシは、葉っぱを食べて穴を開けてしまいます。まるで、お菓子を虫に食べられちゃったみたいに、じゃがいもの葉っぱも穴だらけになってしまうんだ。アブラムシやテントウムシダマシを見つけたら、早めに駆除してあげましょう。

病気・害虫 症状 対策
そうか病 芋の表面にかさぶたのようなブツブツができる 植え付け前に米ぬかをまく、石灰の使い過ぎを避ける
ウイルス病 葉が黄変したり、萎縮したりする 検疫済の種イモを用意する、アブラムシの防除を徹底する
アブラムシ 葉から栄養を吸い取る 特定防除資材の散布、捕殺
テントウムシダマシ 葉を食べて穴を開ける 防虫ネット、殺虫剤

じゃがいも 初心者必見!病害虫対策と予防法
じゃがいも 初心者必見!病害虫対策と予防法

Final Thought

じゃがいもは、少しの知識と手間で、初心者でも簡単に育てることができる野菜です。この記事で紹介したコツやポイントを参考に、ぜひ家庭菜園でじゃがいも栽培に挑戦してみてください。きっと、自分で育てたじゃがいもの美味しさに感動しますよ!

Related Articles

Back to top button