野菜の栽培方法

絶対成功!じゃがいも 夏 栽培の極意

じゃがいもといえば春に植えて初夏に収穫するイメージが強いですが、実は夏に植えて秋に収穫することもできるんです!nippongardening.comと一緒に、夏植えじゃがいも栽培に挑戦してみませんか?この記事では、品種選びから植え付け、収穫、保存まで、夏植えじゃがいも栽培のポイントをわかりやすく解説します。秋に収穫の喜びを味わえるよう、一緒にチャレンジしましょう!

項目 ポイント
品種選び 夏植えに適した品種を選ぶ(例:デジマ)
植え付け時期 地域に適した時期に植える(遅れると収穫量が減少)
種芋の準備 種芋は切らずに植える
土作り 水はけの良い土壌を用意する
植え付け 深さ10cm程度に植える
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与える
追肥 1ヶ月に1回程度追肥をする
病害虫対策 アブラムシや疫病に注意する
収穫 地上部が枯れたら収穫する
保存 風通しの良い冷暗所で保存する

絶対成功!じゃがいも 夏 栽培の極意
絶対成功!じゃがいも 夏 栽培の極意

夏植えじゃがいもの品種選び 🥔

夏植えに適したじゃがいもの品種は、春植えとはちょっと違います。夏は暑いため、病気になりにくく、暑さに強い品種を選ぶことが大切です。代表的な夏植え向きの品種は「デジマ」です。デジマは、ホクホクとした食感で、カレーやシチューなど煮込み料理にぴったり!他にも、「ニシユタカ」や「アンデスレッド」など、夏植えに適した品種があるので、調べてみるのも楽しいですね。

種芋は切らずに植える

春植えのじゃがいもは、種芋を切って植えることが多いですが、夏植えの場合は切らずにそのまま植えるのがおすすめ。夏は気温が高く、切り口から腐ってしまうことがあるからです。種芋は、大きすぎず小さすぎず、手のひらサイズくらいのものを選びましょう。芽が出ているものを選ぶと、元気に育ちますよ。

育てやすい品種を選ぶ

じゃがいも栽培が初めての場合は、育てやすい品種を選ぶと安心です。デジマは初心者にも育てやすく、収穫量も多いのでおすすめです。病気に強い品種を選ぶこともポイント。病気にかかってしまうと、せっかく育てたじゃがいもが食べられなくなってしまうかもしれません。お店で種芋を選ぶときは、育てやすさや病気への強さもチェックしましょう。

 夏植えじゃがいもの品種選び 🥔
夏植えじゃがいもの品種選び 🥔

植え付け時期と準備🌱

じゃがいもを夏に植える場合、地域によって適切な時期が異なります。一般的には、梅雨明け後の7月上旬から8月上旬が植え付けに適しています。植え付けが遅れると、秋に収穫する前に寒くなってしまい、じゃがいもが十分に育たない可能性があります。逆に、早く植えすぎると、夏の暑さで種芋が腐ってしまうこともあるので注意が必要です。

植え付けの準備として、まずは畑の土作りをしましょう。じゃがいもは水はけの良いふかふかの土を好みます。石や枝などを取り除き、よく耕して土を柔らかくしましょう。苦土石灰や堆肥を混ぜ込んで、栄養たっぷりの土壌を作っておくと、じゃがいもが元気に育ちますよ。

 植え付け時期と準備🌱
植え付け時期と準備🌱

夏植えじゃがいもの育て方 👩‍🌾

土作りが終わったら、いよいよ種芋を植え付けましょう!畝(うね)と呼ばれる土を盛り上げた列を作り、そこに種芋を植えていきます。畝の間は70cmくらい空けておくと、じゃがいもが大きく育つスペースを確保できます。種芋は、芽が出ている方を上にして、深さ10cmくらいの穴に植えます。植え付けが終わったら、土を軽く押さえて、たっぷりと水をあげましょう。

じゃがいもが元気に育つためには、水やりと追肥が大切です。土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげましょう。特に夏は乾燥しやすいので、水切れに注意が必要です。追肥は、植え付けから1ヶ月後くらいに1回、その後は2〜3週間に1回程度行います。肥料は、じゃがいも専用の肥料を使うと便利ですよ。肥料をあげすぎると、葉っぱばかりが茂ってじゃがいもが大きくならないことがあるので、適量を守ることが大切です。

  • 水やり: 土の表面が乾いたらたっぷりと
  • 追肥: 1ヶ月後から2〜3週間に1回程度

じゃがいもは、病害虫にも注意が必要です。特に気をつけたいのは、アブラムシと疫病です。アブラムシは、葉っぱの裏にびっしりとついて、栄養を吸い取ってしまう害虫です。見つけたら、早めに駆除しましょう。疫病は、葉っぱや茎が黒くなって枯れてしまう病気です。梅雨時期など雨が多い時期に発生しやすいので、風通しを良くしたり、薬剤を散布したりして予防することが大切です。詳しくは“野菜の病気”の記事を参考にしてください。

 夏植えじゃがいもの育て方 👩‍🌾
夏植えじゃがいもの育て方 👩‍🌾

収穫と保存🧺

じゃがいもの葉っぱや茎が黄色くなって枯れてきたら、収穫のサインです!秋になったら、じゃがいもを掘り起こしてみましょう。土の中からゴロゴロと出てくるじゃがいもは、まるで宝探しみたいでワクワクしますよ。収穫したじゃがいもは、土を軽く落として、風通しの良い日陰で2〜3日乾燥させます。こうすることで、保存期間が長くなります。

乾燥させたじゃがいもは、ダンボール箱に入れて、冷暗所で保存しましょう。じゃがいもは光に当たると緑色に変色してしまうので、新聞紙などで覆ってあげると安心です。傷んだじゃがいもがあると、周りのじゃがいもも傷みやすくなるので、定期的にチェックして取り除きましょう。上手に保存すれば、冬の間も美味しいじゃがいもが楽しめますよ。

 収穫と保存🧺
収穫と保存🧺

Final Thought

夏植えじゃがいもは、少しの工夫と適切な管理で、秋に美味しいじゃがいもを収穫できる楽しい栽培方法です。この記事で紹介したポイントを参考に、ぜひチャレンジしてみてください!自分たちで育てたじゃがいもの味は格別ですよ。Let’s enjoy gardening!

Related Articles

Back to top button