Japan

絶対に失敗しない!夏植えじゃがいも栽培の極意

じゃがいもといえば春に植えて初夏に収穫するイメージが強いですが、実は夏に植えて秋に収穫することもできるんです!nippongardening.comでは、夏植えじゃがいもの栽培方法について詳しく解説します。品種選びや植え付けの時期、水やりや追肥の管理、病害虫対策など、初心者でも簡単にできるコツをご紹介します。秋に収穫した新鮮なじゃがいもを味わってみませんか?

項目 ポイント
品種選び 夏植えに適した品種を選ぶ(例:デジマ)
植え付け時期 地域によって異なるが、遅霜の心配がなくなってから
植え付け方法 種芋を切らずにそのまま植える
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと
追肥 1ヶ月に1回程度、化成肥料などを施す
病害虫対策 アブラムシや疫病などに注意
収穫 茎葉が枯れたら収穫適期

1. じゃがいも 栽培 夏: 適した品種選び

夏に強いじゃがいもを見つけよう!

夏植えじゃがいもに挑戦するなら、まずは品種選びから!春に植えるじゃがいもと違って、夏は暑さに強い品種を選ぶことが大切だよ。有名な品種だと「デジマ」や「ニシユタカ」がおすすめ。これらの品種は暑さに強く、病気にもかかりにくいので初心者でも育てやすいんだ。まるで夏休みに元気いっぱい遊ぶ子供たちみたいだね!

珍しいじゃがいもにも挑戦!

ちょっと変わったじゃがいもを育ててみたいなら、「シャドークイーン」や「ノーザンルビー」はどうかな?シャドークイーンは皮も中身も紫色で、まるで宇宙から来たじゃがいもみたい!ノーザンルビーは皮が赤くて中身が黄色、まるで太陽と月が一緒になったみたいだね。珍しいじゃがいもは、食卓を楽しく彩ってくれるよ。スーパーではなかなか見かけない品種だから、育ててみる価値ありだよ!

  • デジマ
  • ニシユタカ
  • シャドークイーン
  • ノーザンルビー

2. じゃがいも 栽培 夏: 植え付けの準備と時期

畑の準備は夏休みの宿題と同じ!

じゃがいもを植える畑は、まるで夏休みの宿題みたいに早めに準備しておくことが大切だよ。植え付けの2週間くらい前に、畑を耕して石や雑草を取り除いておこう。土が固いとじゃがいもが大きくなれないから、ふかふかのベッドみたいに柔らかくしてあげるのがポイント!

植え付けの時期は地域の気候に合わせて!

じゃがいもを植える時期は、住んでいる地域によって少し違うんだ。一般的には梅雨明け後、7月下旬から8月上旬が適しているよ。遅霜の心配がなくなってから植えるのがベスト!もし不安だったら、近くの園芸店やお爺ちゃんお婆ちゃんに聞いてみるのも良いね。初心者向けの野菜作りなら、植え付け時期についても詳しく書いてあるから参考にしてみてね。

  • 北海道:7月中旬~8月上旬
  • 東北:7月下旬~8月上旬
  • 関東:7月下旬~8月中旬
  • 中部:7月下旬~8月中旬
  • 関西:7月下旬~8月中旬
  • 中国・四国:7月下旬~8月中旬
  • 九州:7月下旬~8月中旬
  • 沖縄:8月上旬~9月上旬

3. じゃがいも 栽培 夏: 水やりと追肥の管理

じゃがいもは、土が乾くとすぐに元気がなくなっちゃうんだ。だから、土の表面が乾いていたら、たっぷりとお水をあげよう!特に夏は暑くて乾燥しやすいから、朝夕の涼しい時間帯に水やりをするのがおすすめだよ。まるで夏休みにプールでたくさん泳いだ後に、ゴクゴクとジュースを飲むみたいに、じゃがいもも水分補給が大切なんだ!

じゃがいもがぐんぐん成長するためには、栄養も必要!植え付けから1ヶ月後くらいに、化成肥料をパラパラとまいてあげよう。肥料はじゃがいもの周りにまいて、土と軽く混ぜるのがポイント。まるで給食でお腹が空いている友達に、おかずを分けてあげるみたいに、じゃがいもも栄養を分けてもらうと喜ぶよ!

成長段階 水やりの目安 追肥の目安
植え付け後 土の表面が乾いたらたっぷりと
1ヶ月後 土の表面が乾いたらたっぷりと 化成肥料などを施す
2ヶ月後以降 土の表面が乾いたらたっぷりと 1ヶ月に1回程度追肥

夏植えじゃがいもは、秋に収穫できるのが楽しみだよね!でも、収穫までにはまだまだ道のりがあるんだ。じゃがいもが元気に育つように、家庭菜園の作り方を参考に、水やりや追肥をしっかり管理してあげよう!

4. じゃがいも 栽培 夏: 病害虫対策と収穫

じゃがいもの敵をやっつけろ!

じゃがいもが元気に育ってくると、それを狙う悪い虫たちもやってくるんだ。特にアブラムシやヨトウムシは、じゃがいもの葉っぱや茎を食べてしまうから要注意!見つけたらすぐに捕まえて、追い払ってあげよう。まるで鬼ごっこで鬼をやっつけるみたいに、じゃがいもを守ってあげるのが大切だよ!

病気にも気をつけないといけないんだ。じゃがいもは「疫病」という病気にかかりやすいんだけど、これは葉っぱが黒くなって枯れてしまう病気なんだ。まるで夏休みの宿題を忘れて真っ青になるみたいに、じゃがいもも病気になると元気がなくなっちゃう。病気にならないように、風通しを良くしたり、薬をまいたりして予防してあげよう!

じゃがいもの宝探しに出発!

じゃがいもの茎や葉っぱが黄色くなって枯れてきたら、収穫の時期だよ!まるで宝探しの地図を見つけたみたいにワクワクするよね。スコップを使って、土の中に隠れているじゃがいもを掘り出そう!大きなじゃがいもや小さじゃがいも、いろいろな形のじゃがいもが出てくるから、まるで宝探しをしているみたいで楽しいよ!

収穫したじゃがいもは、風通しの良い場所で乾燥させてから保存しよう。新聞紙に包んで、涼しくて暗い場所に置いておくと長持ちするよ。まるで夏休みの思い出をアルバムにしまって大切にするみたいに、じゃがいもも大切に保存して、美味しく食べよう!

害虫 対策
アブラムシ 見つけ次第捕殺するか、薬剤散布
ヨトウムシ 見つけ次第捕殺するか、薬剤散布

夏植えじゃがいもの収穫は、まるで宝探しをしているみたいで楽しいよね!農業の連作を参考に、次の年も美味しいじゃがいもを育ててみよう!

Final Thought

夏植えじゃがいもは、少しの工夫で初心者でも簡単に栽培することができます。品種選びや植え付けの時期、水やりや追肥の管理など、ポイントを押さえて美味しいじゃがいもを収穫しましょう!

Related Articles

Back to top button