Japan

驚きのじゃがいも菜園: 簡単収穫のコツ!

家庭菜園で人気のじゃがいも。自分で育てたじゃがいもは、格別な美味しさですよね。でも、じゃがいも菜園って難しそう…と思っている方も多いのではないでしょうか。実は、じゃがいもは比較的簡単に育てることができる野菜なんです!nippongardening.comと一緒に、じゃがいも菜園の基本を学び、美味しいじゃがいもを育ててみましょう。

作業 時期 ポイント
土づくり 植え付けの2週間前 石灰や堆肥を混ぜて、水はけの良い土にする
種芋選び 植え付けの1週間前 芽が出ていて、傷や病気のないものを選ぶ
植え付け 3月〜4月 深さ10cmほどの穴に、芽を上にして植える
水やり 土が乾いたら 株元にたっぷりと水をやる
追肥 植え付け後1ヶ月、開花後 化成肥料などを株元にまく
収穫 葉が枯れ始めたら 晴れた日に、株ごと引き抜く

じゃがいも菜園の準備: 土づくりと種芋選び

ふかふかの土でじゃがいも喜ぶ!

じゃがいもを植える前に、まずは土づくりから始めましょう。じゃがいもは水はけの良いふかふかの土が大好き!

植え付けの2週間前になったら、畑を耕して石灰や堆肥を混ぜ込みましょう。石灰は酸性の土を中和し、堆肥は土に栄養を与えてくれます。土がふかふかになると、じゃがいもの根っこが元気に伸びて、大きなじゃがいもが育ちますよ。

種芋は元気なものを選ぼう!

土づくりが終わったら、次は種芋選びです。種芋とは、じゃがいもの赤ちゃんのようなもの。元気な種芋を選ぶことが、美味しいじゃがいもを育てる第一歩です。

種芋を選ぶときは、芽が出ていて、傷や病気のないものを選びましょう。大きさは、鶏の卵くらいがちょうど良いですよ。種芋はホームセンターや園芸店で購入できます。

“良い土、良い種芋、美味しいじゃがいも”

じゃがいも菜園の植え付け: 時期と方法

春が来て暖かくなったら、いよいよじゃがいもの植え付けです。じゃがいもは寒さに弱いので、霜が降りなくなる3月〜4月頃に植え付けましょう。地域によって時期が少し違うので、お住まいの地域の気候に合わせてくださいね。

植え付け方は簡単!畑に深さ10cmほどの穴を掘り、種芋を芽を上にして入れます。種芋と種芋の間は30cmくらい空けましょう。種芋を植えたら、土を優しくかけてあげます。まるでじゃがいもを布団で寝かせてあげるみたいですね。

“春が来たら、じゃがいも植えてみよう!”

じゃがいも菜園のお世話: 水やりと追肥

元気の源は水やりから!

じゃがいもは水をたっぷり飲むのが大好き!土が乾いていたら、株元にたっぷりと水をあげましょう。特に、じゃがいもの芽が出てきた頃や、花が咲く頃は、水をたくさん必要とします。土がカラカラに乾いてしまうと、じゃがいもが元気をなくしてしまうので、注意してね。

水やりは、朝か夕方の涼しい時間帯に行うのがおすすめ。日中の暑い時間帯に水をあげると、水がすぐに蒸発してしまい、じゃがいもが水を吸収できないことがあるからです。

  • 土が乾いたらたっぷりと
  • 朝か夕方の涼しい時間帯に

栄養満点!追肥をあげよう!

じゃがいもが大きくなるためには、栄養も必要です。植え付け後1ヶ月くらい経ったら、追肥をあげましょう。追肥とは、肥料を追加で与えること。化成肥料などを株元にパラパラとまいてあげると、じゃがいもが元気に育ちます。

さらに、じゃがいもの花が咲いた後にもう一度追肥をあげると、より大きなじゃがいもが収穫できますよ。追肥の量は、肥料のパッケージに書いてある通りにあげましょう。肥料をあげすぎると、じゃがいもが病気になったり、味が落ちてしまうことがあるので、注意してね。年間スケジュールを参考に、適切な時期に追肥を行いましょう。

じゃがいも菜園の収穫: 時期と方法

じゃがいもの葉っぱが黄色くなって枯れてきたら、収穫の時期です。だいたい植え付けから2〜3ヶ月後くらいが目安です。収穫は晴れた日に行うのがおすすめ。土が乾いている方が、じゃがいもを掘り出しやすいからです。

収穫の方法は、じゃがいもの株を根元から引き抜くだけ。土の中に隠れているじゃがいもが、ゴロゴロと出てくる様子は、まるで宝探しみたいでワクワクしますよ。収穫したじゃがいもは、風通しの良い日陰で2〜3週間ほど乾燥させると、長持ちします。

“じゃがいも掘り、宝探しみたい!”

Final Thought

じゃがいも菜園は、初心者でも挑戦しやすい家庭菜園です。土づくりから収穫まで、一つ一つ丁寧に作業することで、美味しいじゃがいもを収穫することができます。ぜひ、nippongardening.comの情報も参考に、自分だけのじゃがいも菜園を楽しんでみてください。

Related Articles

Back to top button