Japan

初心者必見!簡単おいしいほうれん草 作り方

ほうれん草、大好き!でも、自分で育てるって難しそう…そんな心配はいりません!実は、ほうれん草の作り方は意外と簡単。nippongardening.comと一緒に、種まきから収穫まで、楽しくほうれん草を育ててみましょう。栄養満点の自家製ほうれん草で、食卓をもっと豊かにしませんか?

項目 ポイント
種まき 秋まきが簡単!条間は3cm、覆土は1cm。
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと。
肥料 2回の間引き後と収穫後に追肥を。
間引き 本葉1〜2枚、3〜4枚の時に。株間は最終的に6cm。
収穫 草丈20cm以上になったら順次収穫。
病害虫 アブラムシ、ヨトウムシ、ネキリムシ、べと病に注意。

ほうれん草の種まき:小さな種から大きな夢🌱

ほうれん草の種まき、実はとっても簡単!まずは、種をまく時期を選びましょう。ほうれん草は涼しい気候が好きなので、秋に種をまくのがおすすめ。夏に種まきしたい場合は、暑さに強い品種を選ぶのがポイントです。 夏の野菜の育て方も参考にしてみてくださいね。

種をまく場所は、日当たりが良く、水はけの良いところを選びましょう。土作りも大切!酸性土壌が苦手なほうれん草のために、苦土石灰を混ぜて土を中和しておきます。準備ができたら、いよいよ種まきです。指で深さ1.5cmくらいの溝を作り、種をパラパラとまきます。種と種の間隔は1〜2cmくらい。最後に土を軽くかぶせて、お水をたっぷりあげればOK!

  • ほうれん草の種まき時期:秋 (9月〜10月) がおすすめ
  • 種まき場所:日当たりが良く、水はけの良いところ
  • 土作り:苦土石灰で中和しておく

ほうれん草の種まき:小さな種から大きな夢🌱
ほうれん草の種まき:小さな種から大きな夢🌱

ほうれん草の水やりと肥料:すくすく育つ秘訣💧

お水をたっぷりあげよう!

種をまいたら、お水をたっぷりあげましょう。土の表面が乾いたら、またお水をあげます。特に夏は、土が乾きやすいので注意が必要。朝夕の涼しい時間に、お水をたっぷりあげると良いですね。ほうれん草は水分をたくさん必要とする野菜なので、水やりは忘れずに!

肥料をあげよう!

ほうれん草が大きくなってくると、栄養が必要になります。そこで、肥料をあげましょう。肥料は、2回の間引き後と収穫後にあげるのがポイント。化成肥料をパラパラと土の上にまいて、軽く混ぜてあげればOK!肥料をあげると、葉っぱが大きく、色鮮やかに育ちます。

  • 肥料をあげるタイミング:2回の間引き後、収穫後
  • 肥料の種類:化成肥料

ほうれん草の水やりと肥料:すくすく育つ秘訣💧
ほうれん草の水やりと肥料:すくすく育つ秘訣💧

ほうれん草の間引きと収穫:美味しい瞬間を見逃さない!✂️

間引きで元気なほうれん草に!

わぁ!ほうれん草の芽がたくさん出てきた!でも、ちょっと待って。このまま育てると、葉っぱ同士が重なってしまって、大きくなれないよ。そこで登場するのが「間引き」!

間引きは、混み合った芽を抜き取って、ほうれん草がのびのび育つスペースを作る作業のこと。葉っぱが1〜2枚になったら、1回目の間引き!株と株の間を3cmくらいあけよう。葉っぱが3〜4枚になったら、2回目の間引き!今度は株間を6cmくらいあけてね。間引きしたほうれん草は、ベビーリーフとして食べても美味しいよ!

収穫のタイミングは?

ほうれん草の葉っぱが20cmくらいになったら、いよいよ収穫!ハサミで根元を切って収穫しよう。抜き取ると、周りのほうれん草を傷つけてしまうから注意してね。収穫は、外側の葉っぱから順に採っていくよ。そうすると、内側の葉っぱがどんどん大きくなって、長く収穫を楽しめるんだ!

ほうれん草は寒さに強い野菜。霜が降りても大丈夫!むしろ、霜に当たると甘みが増すんだって。冬に収穫するほうれん草は、格別のおいしさ!冬の野菜は、寒さに耐えることで甘みを蓄えるものが多いんだよ。

ほうれん草の間引きと収穫:美味しい瞬間を見逃さない!✂️
ほうれん草の間引きと収穫:美味しい瞬間を見逃さない!✂️

ほうれん草の病害虫対策:健康な葉っぱを守る🛡️

ほうれん草は、アブラムシやヨトウムシなどの虫が大好き。葉っぱが食べられて穴だらけ…なんてことにならないように、虫対策はしっかりと!見つけたら、すぐに取り除いてあげよう。農薬を使う場合は、使用方法をしっかり守ってね。

ほうれん草がかかりやすい病気のひとつに「べと病」があります。葉っぱに黄色い斑点が出て、だんだん広がって枯れてしまう病気。風通しを良くしたり、水はけの良い土で育てることで、予防できるよ。もし病気になってしまったら、早めに葉っぱを取り除いて、広がらないようにしよう。

  • ほうれん草につきやすい虫:アブラムシ、ヨトウムシ、ネキリムシ
  • ほうれん草がかかりやすい病気:べと病

ほうれん草の病害虫対策:健康な葉っぱを守る🛡️
ほうれん草の病害虫対策:健康な葉っぱを守る🛡️

Final Thought

ほうれん草作り、いかがでしたか?少しの手間と愛情で、新鮮で美味しいほうれん草が収穫できます。季節に合わせた品種選びや、病害虫対策など、ポイントを押さえれば初心者でも大丈夫。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

Related Articles

Back to top button