フラワーズ

アボカド 植木鉢 で 始める! 簡単 室内 栽培 攻略

アボカド🥑を自分で育ててみたいと思ったことはありませんか?アボカドは、実は植木鉢でも育てることができるんです!nippongardening.comでは、アボカド植木鉢での育て方について、鉢選びから剪定まで、詳しく解説していきます。あなたも、新鮮な自家製アボカド🥑を楽しんでみませんか?

項目 ポイント
鉢のサイズ 成長に合わせて大きくしていく
土壌 水はけの良い土を選ぶ
水やり 土が乾いたらたっぷりと
日当たり 日当たりの良い場所を好む
置き場所 風通しの良い場所を選ぶ
剪定 樹形を整え、成長を促進

🥑アボカド植木鉢:最適な鉢選び

アボカド植木鉢を選ぶときは、最初の鉢は小さめのものでOK! アボカドは成長が早いから、植え替えながら徐々に大きくしていくのがポイントだよ。 最初から大きすぎる鉢だと、根っこが伸びるのに時間がかかっちゃうんだ。

最初の鉢は、直径20cmくらいのものを選んで、根っこが鉢いっぱいになったら、一回り大きい鉢に植え替えてあげよう。 鉢の素材は、プラスチック、陶器、テラコッタなど、いろいろあるけど、水はけが良いものを選んでね!

鉢のサイズ 目安
苗の段階 直径15~20cm
1年後 直径25~30cm
2年後以降 直径35~40cm

🥑アボカド植木鉢:最適な鉢選び
🥑アボカド植木鉢:最適な鉢選び

アボカド植木鉢での土壌と水やり

アボカドちゃんは、水はけが良い土が好きなんだって!水はけが悪いと、根っこが腐っちゃうこともあるから気をつけようね!ホームセンターで売っている「観葉植物の土」がおすすめだよ。自分でブレンドするなら、赤玉土、腐葉土、バーミキュライトを混ぜてみよう!

水やりは、土の表面が乾いたら、鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりとあげよう!でも、いつも土がジメジメしてると根っこが苦しくなっちゃうから、水のやりすぎには注意!夏は土が乾きやすいから、こまめにチェックして、冬は控えめにね!

アボカド植木鉢での土壌と水やり
アボカド植木鉢での土壌と水やり

アボカド植木鉢での日当たりと置き場所

アボカドって、太陽の光が大好きなんだ!だから、アボカド植木鉢を置く場所は、太陽の光がたっぷり当たる場所が良いね!窓際とか、ベランダとかがおすすめだよ!

でも、夏の直射日光は強すぎるから、葉っぱが焼けてしまうこともあるんだ。だから、夏はレースカーテン越しに日光を当てたり、半日陰に移動したりして、様子を見ながら調整してあげようね! エディブルフラワーも、夏の直射日光には弱いから気をつけようね!

季節 日当たりの目安
春・秋 直射日光OK!
レースカーテン越し、または半日陰
日当たりの良い窓際

アボカドは、風通しの良い場所も好きなんだ。ジメジメした場所は苦手だから、風通しの良い場所に置いてあげようね!窓を開けたり、換気扇を回したりして、空気を入れ替えてあげると良いよ!

冬は、気温が低いから、室内に入れた方が良いね。でも、暖房の風が直接当たると乾燥してしまうから、少し離れた場所に置くのがおすすめだよ!エディブルフラワー栽培も、冬は室内管理が基本だよ!

アボカド植木鉢での日当たりと置き場所
アボカド植木鉢での日当たりと置き場所

アボカド植木鉢での成長と剪定

アボカドはぐんぐん成長するから、剪定も大切なんだ!放っておくと、上へ上へと伸びて、お部屋で育てるには大変になっちゃうよ。剪定することで、樹形が整って、風通しも良くなるから、病気の予防にもなるんだ。脇芽が増えて、収穫量アップも期待できるかも!剪定は、春から秋にかけて行うのがおすすめだよ。枝が込み合っている部分を間引いたり、伸びすぎた枝先を切ったりして、バランスの取れた形に整えてあげよう。道具は、清潔な剪定ばさみを使うのがポイント!エディブルフラワーの栽培でも、剪定は重要な作業だよ!

アボカド植木鉢での成長と剪定
アボカド植木鉢での成長と剪定

Final Thought

アボカドを植木鉢で育てるのは、少しコツが必要ですが、決して難しいことではありません。正しい知識と少しの愛情があれば、誰でも自家製アボカドを楽しむことができます。さあ、あなたも今日からアボカド栽培に挑戦してみましょう!

Related Articles

Back to top button