【簡単】初心者さんも安心!アボガド 水栽培 で始める緑のある暮らし

アボカド🥑おいしかったですよね!食べた後の種、捨てていませんか?実はその種から、新しいアボカドを育てることができるんです。nippongardening.comでは、誰でも簡単に挑戦できる「アボカド水栽培」についてご紹介します。種から根が出て、葉が出て、小さなアボカドの木が育っていく様子は、感動的ですよ!

項目 詳細
準備するもの アボカドの種、コップ、つまようじなど
水栽培期間 約2~3ヶ月
水換え頻度 1週間に1~2回
日当たり 日当たりの良い場所
移植時期 根が十分に伸びてから

アボカド水栽培の準備

アボカド水栽培、楽しそうだよね!🥑✨ 準備はとっても簡単! まずは、食べた後のアボカドの種をよく洗ってね。種はツルツルになるまで洗うのがポイントだよ!

次に、種の下半分を水に浸すんだけど、そのためにつまようじを3~4本、種の真ん中あたりに刺すんだ。そうすると、種がコップの縁にうまく乗っかって、ちょうどいい具合に水に浸かるんだよ! コップは、透明なものがおすすめ! 根っこが出てくる様子がよく見えるからね!

準備するもの 説明
アボカドの種 よく洗って乾かしたもの
コップ 透明なものがおすすめ!
つまようじ 種を支えるために使います
水道水でOK!

あとは、日当たりの良い場所に置いて、水を定期的に交換すればOK! 水換えは1週間に1~2回くらいでいいかな。 根っこが出てくるまでは、だいたい1ヶ月くらいかかることもあるから、気長に待とうね! まるで、アボカドの種が魔法の呪文にかかったみたいに、ニョキニョキと根っこが出てくる様子は、本当に感動的だよ!🌱✨

  • アボカドの種の選び方
  • 水やりのコツ
  • 日当たりの調整

私も初めてアボカド水栽培に挑戦した時は、毎日ワクワクしながら観察してたなぁ。 最初はなかなか根っこが出てこなくて、「あれ?失敗しちゃったかな?」って心配したこともあったんだけど、 ある日、水の中に白いものが…! そう、待ちに待った根っこが出てきた瞬間だったんだ! その時の感動は、今でも忘れられないよ!😊✨

アボカド水栽培の準備
アボカド水栽培の準備

アボガド水栽培のステップ

種を洗って、つまようじで固定したら、いよいよ水栽培スタート! コップに水を入れ、種の下半分が水に浸かるようにセットするんだ。 ポイントは、種が完全に水に沈まないようにすること! ちょうど半分くらいが水に浸かっていればOKだよ。 初心者のための野菜作りでも水耕栽培について説明しているけど、アボカドも基本は同じだよ。 あとは、日当たりの良い場所に置いて、水をこまめに交換すれば、アボカドの種はグングン成長するよ! 水を変える時に、種を優しく洗ってあげるのも忘れずにね!

アボガド水栽培のステップ
アボガド水栽培のステップ

アボカド水栽培の注意点

アボカド水栽培は比較的簡単だけど、いくつか注意すべき点があるよ! まず、水は腐りやすいから、こまめな水換えが重要なんだ。 1週間に1~2回は水を交換して、種を清潔に保つようにしようね。 冬の野菜作りでも水やりの大切さを説明しているけど、アボカドの水栽培でも同じように、新鮮な水を与えることが重要なんだ!

それから、直射日光は強すぎるから、レースカーテン越しのような、やわらかい光が当たる場所に置くのがベストだよ! 日光が強すぎると、種が乾燥してしまったり、水温が上がりすぎて根っこが傷んでしまうこともあるんだ。 まるで、人間が長時間強い日差しを浴びると日焼けしてしまうように、アボカドの種もデリケートだから、優しく扱ってあげようね!

注意点 対策
水が腐る こまめに水換えをする
直射日光 レースカーテン越しに置く

アボカド水栽培の注意点
アボカド水栽培の注意点

アボカド水栽培から土への移植

アボカドの水栽培で根っこがしっかり伸びたら、いよいよ土への移植に挑戦だ! 大体15cmくらいになったら、準備OK! 鉢に新しい土を入れて、アボカドの根っこを優しく包むように植えてあげよう。 苗床の作り方で苗の植え付け方を説明しているけど、アボカドも同じように丁寧に扱ってあげることが大切なんだ!

アボカド水栽培から土への移植
アボカド水栽培から土への移植

Final Thought

アボカド水栽培は、観葉植物としても楽しめるので、ぜひ挑戦してみてください。水栽培から土への移植を成功させれば、おいしいアボカドの実が収穫できる日も夢ではありません。アボカド栽培の楽しさを体験してみましょう!