【簡単】アボガド 種 育てる 究極ガイド:初心者も成功!

アボカド🥑!クリーミーで美味しいですよね。食べた後の種、捨てていませんか?実は、その種からアボカドを育てることができるんです。nippongardening.comでは、種からアボカドを育てる方法をわかりやすく解説します。あなたも、自宅でアボカド栽培に挑戦してみませんか?

項目 詳細
発芽方法 つまようじを刺して水に半分浸ける
植え付け時期 根が出て葉が数枚になったら
土壌 水はけの良い土
水やり 表面が乾いたらたっぷりと
肥料 生育期に月に1回程度
剪定 樹形を整えたり、成長を促進するため

アボカドの種を発芽させる方法

種を準備しよう!

アボカド🥑を食べた後、種は捨てちゃダメ!よく洗って、茶色い皮をむいてね。種の先が少し尖っている方が上、丸い方が下だよ。種のでっぱりがなくなるように、包丁で薄く皮を剥く方法もあるけど、少し難しいから気を付けてね。

準備するもの
アボカドの種
つまようじ 3~4本
コップ

つまようじで水に浮かせるよ!

種の真ん中あたりに、等間隔でつまようじを3、4本刺す。そして、コップに水を入れ、種の下半分が水に浸かるように、つまようじをコップの縁に渡して固定するんだ。水は、毎日取り替えてね。新鮮な水じゃないと、種が腐っちゃうこともあるよ!

大体2週間から6週間くらいで、根っこが出てきて、種の上部が割れて芽が出てくるよ。まるで魔法みたいだね! ちゃんと根っこが出て、葉っぱが数枚になったら、土に植える準備OK!

  • 種をよく洗う
  • つまようじを種に刺す
  • コップに水を入れ、種の下半分を浸ける
  • 毎日水を交換する

明るい場所で待機!

種を植えるまでの間、明るい場所に置いておくのがベスト! でも、直射日光は強すぎるから避けてね。種が乾燥しないように、時々霧吹きで水をシュッとするのも良いアイデアだよ! 家庭菜園の始め方を知りたいあなたは、こちらの記事をチェック!

アボカドの種を発芽させる方法
アボカドの種を発芽させる方法

アボカドの種を土に植える

鉢の準備

根っこが出て葉っぱが数枚になったら、いよいよ土に植える時だよ! まずは、鉢を用意しよう。アボカドは大きく育つから、最初は小さめの鉢でOKだけど、いずれはもっと大きな鉢に植え替える必要があるよ。

鉢のサイズ 時期
直径15cmくらい 最初の植え付け
直径30cmくらい 1年後くらい

鉢の底には、石や鉢底ネットを敷いて、水はけをよくしてあげよう。水はけが悪いと、根っこが腐っちゃうこともあるんだ。 鉢植えの作り方を詳しく知りたい人は、こちらの記事も参考にしてね!

土に植える

鉢に土を入れたら、真ん中に指で穴を作って、種を植える。種の上半分は土から出してね。 種がグラグラしないように、周りの土を軽く押さえてあげよう。

  • 水はけの良い土を使う
  • 種の上半分は土から出す
  • 土を軽く押さえる

植えたら、たっぷりと水をあげよう。土が乾いたら、また水をあげる。 明るい場所に置いて、あとは、芽がぐんぐん伸びてくるのを待つだけ! 鉢植えでの栽培のコツはこちらの記事で詳しく解説しているよ!

アボカドの種を土に植える
アボカドの種を土に植える

アボカドの苗の育て方

アボカドの苗は、太陽の光が大好き!🌞 日当たりの良い場所に置いて、土が乾いたらお水をたっぷりあげよう。冬は寒さに弱いから、暖かい部屋に入れてあげてね。 冬の植物の育て方についてもっと知りたい?

アボカドは、ぐんぐん大きくなる植物なので、鉢が小さくなってきたら植え替えが必要だよ。 大きな鉢に植え替えてあげると、もっと元気に育つんだ。 鉢植えの作り方をマスターして、アボカドを大きく育てよう!

アボカドの苗の育て方
アボカドの苗の育て方

アボカドの種から育てる上での注意点

アボカドの種から育てるのは楽しいけれど、いくつか注意しておきたい点があるよ! まず、アボカドは熱帯の植物だから、日本の寒い冬は苦手なんだ。だから、冬は暖かい部屋に入れてあげないと、枯れちゃうこともあるんだ。 あと、アボカドは実をつけるまでに5年から10年くらいかかることもあるんだって! でも、気長に育てて、いつか自分で育てたアボカド🥑を食べるのが夢なんだ!

アボカドの種から育てる上での注意点
アボカドの種から育てる上での注意点

Final Thought

アボカドの種から育てるのは、時間はかかりますが、とてもやりがいのある挑戦です。🥑🌱 上記のステップに従って、愛情込めて育てれば、いつかあなたのアボカドの木から新鮮なアボカドを収穫できる日が来るでしょう。頑張ってくださいね!