アンスリウムの植え替え|時期や方法を徹底解説|nippongardening.com

アンスリウムは、熱帯雨林原産の観葉植物です。鮮やかな花と光沢のある葉が特徴で、インテリアグリーンとして人気があります。アンスリウムは成長が早く、株が大きくなると植え替えが必要になります。植え替えは、株を健康に育てるために重要な作業です。この記事では、アンスリウムの植え替え時期、方法、必要な材料などを詳しく解説します。

アンスリウムの植え替え|時期や方法を徹底解説|nippongardening.com
アンスリウムの植え替え|時期や方法を徹底解説|nippongardening.com

植え替えの時期と頻度

アンスリウムの植え替えは、株が大きくなりすぎて鉢の中で窮屈になったときに行います。植え替えの時期は、一般的に4~5月頃が適しています。この頃になると、気温が上がり、株が活発に成長し始めるからです。また、植え替え後も気温が高い時期の方が、株の回復が早くなります。

アンスリウムは、1~2年に1回の頻度で植え替えます。株が若いときは、成長が早いので毎年植え替えても構いません。しかし、株が大きくなると、成長が遅くなるので、植え替えの頻度を減らします。

株の大きさ 植え替えの頻度
小さい 毎年
中くらい 2年に1回
大きい 3~4年に1回

アンスリウムの植え替え時期について詳しくはこちら

植え替えの時期と頻度
植え替えの時期と頻度

植え替えに必要な材料

アンスリウムの植え替えに必要な材料は、以下の通りです。

  • 新しい鉢
  • 用土
  • 軽石
  • 鉢底石

新しい鉢は、株の大きさに合ったものを選びます。用土は、水はけの良い観葉植物用の土を使用します。軽石は、鉢底に敷いて水はけを良くします。鉢底石は、鉢底に敷いて鉢底穴を塞がないようにします。

アンスリウムの植え替え時期について詳しくはこちらアンスリウムの植え替え時期

鉢の大きさの目安
株の大きさ 鉢の大きさ
小さい 直径10~12cm
中くらい 直径15~18cm
大きい 直径20~25cm

新しい鉢

新しい鉢は、株の大きさに合ったものを選びます。株が大きくなりすぎた場合は、一回り大きな鉢に植え替えます。逆に、株が小さすぎる場合は、一回り小さな鉢に植え替えます。

鉢の選び方とサイズについて詳しくはこちら

用土

用土は、水はけの良い観葉植物用の土を使用します。市販の観葉植物用の培養土でも構いませんが、自分で配合することもできます。自分で配合する場合は、赤玉土、腐葉土、パーライトを等量ずつ混ぜ合わせます。

アンスリウムの土について詳しくはこちらアンスリウムの土

植え替えに必要な材料
植え替えに必要な材料

植え替えの手順

株の取り出し

まず、古い鉢から株を取り出します。鉢を逆さまにして、株の根元を軽く叩いて土を落とします。それでも株が抜けなければ、鉢の縁をマイナスドライバーなどでこじ開けて株を取り出します。

アンスリウムの植え替え時期について詳しくはこちら

古い用土の除去

株を取り出したら、古い用土を根から丁寧に落としていきます。このとき、根を傷つけないように注意します。根が絡まっている場合は、手でほぐすか、ハサミで切り離します。

アンスリウムの土について詳しくはこちら

植え付け

新しい鉢に鉢底石を入れ、その上に用土を入れます。株を鉢の中央に置き、用土で隙間を埋めます。最後に、株の周りに軽石を敷き詰めます。

植え付けの手順
手順 説明
1 古い鉢から株を取り出す
2 古い用土を根から落とす
3 新しい鉢に鉢底石と用土を入れる
4 株を鉢の中央に置き、用土で隙間を埋める
5 株の周りに軽石を敷き詰める

植え替え後の管理

植え替え後は、株を明るい日陰で管理します。水やりは控えめにし、土が乾いてから与えます。株が新しい環境に慣れるまで、1~2週間は様子を見守ります。

アンスリウムの植え替え後について詳しくはこちら

植え替えの手順
植え替えの手順

植え替え後の管理

植え替え後は、株を明るい日陰で管理します。水やりは控えめにし、土が乾いてから与えます。株が新しい環境に慣れるまで、1~2週間は様子を見守ります。

アンスリウムの植え替え後について詳しくはこちらアンスリウムの植え替え後

植え替え後の管理
管理方法 説明
置き場所 明るい日陰
水やり 土が乾いてから与える
観察期間 1~2週間

植え替え後の管理
植え替え後の管理

おわりに

アンスリウムの植え替えは、株を健康に育てるために大切な作業です。適切な時期に正しい方法で植え替えを行うことで、アンスリウムはより美しく、より長く楽しむことができます。植え替えに迷ったら、この記事を参考にしてみてください。