オクラの育て方|家庭菜園で新鮮なオクラを収穫しよう!

オクラは、夏が旬の野菜で、ネバネバした食感が特徴です。栄養価も高く、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。家庭菜園でも比較的簡単に育てることができ、初心者にもおすすめです。この記事では、オクラの育て方について、品種選びから収穫までをわかりやすく解説します。

オクラの育て方|家庭菜園で新鮮なオクラを収穫しよう!
オクラの育て方|家庭菜園で新鮮なオクラを収穫しよう!

オクラの育て方

品種選び

オクラには、緑色の「グリーンオクラ」と赤色の「レッドオクラ」の2種類があります。グリーンオクラは一般的な品種で、やわらかくネバネバ感が強いのが特徴です。レッドオクラは、グリーンオクラよりも歯ごたえがあり、アントシアニンというポリフェノールが含まれています。家庭菜園では、グリーンオクラの方が育てやすいので、初心者の方におすすめです。

オクラの品種には、背丈の低い「矮性種」と背丈の高い「高性種」があります。矮性種は、草丈が50~80cmほどで、プランター栽培にも適しています。高性種は、草丈が1~2mほどで、より多くの実が収穫できます。家庭菜園では、矮性種の方が管理しやすいので、初心者の方におすすめです。

種まき・植え付け

矮性種 高性種
種まき時期 4~5月 4~6月
植え付け時期 5~6月 6~7月
株間 30~40cm 40~50cm
植え付けの深さ 種を1~2cmほど覆う 種を2~3cmほど覆う

オクラは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。土壌は、水はけの良い肥沃な土壌が適しています。種まきは、4~5月頃に行います。種を1~2cmほど覆い、土を軽く押さえます。発芽までは、土が乾かないように水やりをしましょう。

苗が本葉2~3枚になったら、植え付けを行います。株間は、矮性種で30~40cm、高性種で40~50cmほどとします。植え付けの深さは、種を1~2cmほど覆います。植え付け後は、たっぷりと水やりをしましょう。

オクラの育て方
オクラの育て方

品種選び

オクラには、緑色の「グリーンオクラ」と赤色の「レッドオクラ」の2種類があります。グリーンオクラは一般的な品種で、やわらかくネバネバ感が強いのが特徴です。レッドオクラは、グリーンオクラよりも歯ごたえがあり、アントシアニンというポリフェノールが含まれています。家庭菜園では、グリーンオクラの方が育てやすいので、初心者の方におすすめです。

オクラの品種には、背丈の低い「矮性種」と背丈の高い「高性種」があります。矮性種は、草丈が50~80cmほどで、プランター栽培にも適しています。高性種は、草丈が1~2mほどで、より多くの実が収穫できます。家庭菜園では、矮性種の方が管理しやすいので、初心者の方におすすめです。

矮性種 高性種
種まき時期 4~5月 4~6月
植え付け時期 5~6月 6~7月
株間 30~40cm 40~50cm
植え付けの深さ 種を1~2cmほど覆う 種を2~3cmほど覆う

オクラは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。土壌は、水はけの良い肥沃な土壌が適しています。種まきは、4~5月頃に行います。種を1~2cmほど覆い、土を軽く押さえます。発芽までは、土が乾かないように水やりをしましょう。

苗が本葉2~3枚になったら、植え付けを行います。株間は、矮性種で30~40cm、高性種で40~50cmほどとします。植え付けの深さは、種を1~2cmほど覆います。植え付け後は、たっぷりと水やりをしましょう。

品種選び
品種選び

種まき・植え付け

種まきの時期と方法

オクラの種まきは、4~5月頃に行います。種を1~2cmほど覆い、土を軽く押さえます。発芽までは、土が乾かないように水やりをしましょう。

オクラの種まきの時期は、地域によって異なります。温暖な地域では4月上旬から、寒冷な地域では5月上旬から種まきを行います。梅雨時期の種まきは、過湿になりすぎて徒長したり、病気になるリスクが高まるので避けましょう。

地域 種まきの時期
温暖な地域 4月上旬~5月上旬
寒冷な地域 5月上旬~6月上旬

植え付けの時期と方法

苗が本葉2~3枚になったら、植え付けを行います。株間は、矮性種で30~40cm、高性種で40~50cmほどとします。植え付けの深さは、種を1~2cmほど覆います。植え付け後は、たっぷりと水やりをしましょう。

オクラの植え付け時期は、5~6月頃です。苗が本葉5~6枚になったら、植え付け適期です。植え付けが早すぎると、寒さで生育が遅れたり、病気にかかりやすくなります。逆に、植え付けが遅すぎると、夏の暑さで生育が抑制されたり、実つきが悪くなります。

  • 植え付け前に、畑に堆肥や腐葉土を混ぜ込んで、土壌を改良しておきましょう。
  • 畝幅は60~70cm、畝高は10~15cmほどにします。
  • 苗を植え付ける前に、根鉢を崩さないように注意してポットから取り出します。
  • 植え付け後は、たっぷりと水やりをして、株元を軽く土寄せします。

種まき・植え付け
種まき・植え付け

水やり・追肥

水やり

オクラは乾燥に強い植物ですが、水切れをさせると生育が悪くなり、実つきも悪くなります。特に、夏場の高温期は土が乾きやすいので、朝か夕方にたっぷりと水やりをしましょう。ただし、過湿状態が続くと根腐れを起こすので、水はけの良い土壌にすることが大切です。

追肥

オクラは肥料を好む植物です。植え付け後1か月ほどしたら、1回目の追肥を行います。2週間に1回程度のペースで追肥を続けましょう。追肥には、緩効性肥料がおすすめです。また、草丈が50cmほどになったら、株元に土寄せを行います。土寄せすることで、根張りがよくなり、倒伏を防ぐことができます。

梅雨時期のオクラの育て方は、過湿になりがちなので、水やりは控えめにしましょう。逆に、夏場の高温期は土が乾きやすいので、朝か夕方にたっぷりと水やりをしましょう。

追肥の時期 追肥の種類
植え付け後1か月ほど 緩効性肥料
2週間に1回程度 緩効性肥料

水やり・追肥
水やり・追肥

害虫・病気対策

オクラは比較的丈夫な野菜ですが、害虫や病気に注意が必要です。主な害虫には、アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシなどがあります。アブラムシは新芽や葉の裏に寄生し、汁を吸って生育を阻害します。ハダニは葉の裏に寄生し、葉を白っぽく枯らします。ヨトウムシは夜間に葉や実を食害します。

主な病気には、べと病、疫病、立枯病などがあります。べと病は葉に水浸したような斑点が現れ、やがて葉全体が枯れます。疫病は葉や茎に褐色の斑点が現れ、やがて株全体が枯れます。立枯病は株元が腐り、やがて株全体が枯れます。

害虫や病気を予防するためには、以下の対策が有効です。害虫と病気

害虫 対策
アブラムシ 薬剤散布、天敵の利用
ハダニ 薬剤散布、葉水
ヨトウムシ 薬剤散布、捕殺

害虫・病気対策
害虫・病気対策

収穫

オクラの収穫は、開花後5~6日で収穫できます。収穫時期を逃すと、オクラは硬くなり、食味も落ちます。収穫する際は、手で軽くねじって取りましょう。ナイフで切ると、切り口から水分が蒸発して鮮度が落ちやすくなります。

オクラは収穫後、すぐに食べるのが一番おいしいです。冷蔵庫で保存する場合は、濡れた新聞紙に包んでポリ袋に入れて保存しましょう。冷蔵保存で、3~4日ほど保存できます。

オクラの収穫時期 オクラの保存方法
開花後5~6日 濡れた新聞紙に包んでポリ袋に入れて冷蔵庫で保存

収穫
収穫

まとめ

オクラの育て方は、品種選び、種まき・植え付け、水やり・追肥、害虫・病気対策、収穫など、いくつかのポイントを押さえることが大切です。適切な管理を行うことで、家庭菜園でも新鮮で美味しいオクラを収穫することができます。ぜひ、この機会にオクラを育ててみてはいかがでしょうか。