オクラの育て方【初心者向け】種まきから収穫まで完全ガイド | nippongardening.com

オクラは夏野菜の定番で、粘り気のある食感が特徴的な野菜です。家庭菜園でも簡単に育てることができます。この記事では、オクラの育て方について、種まきから収穫まで詳しく解説します。また、オクラの栽培のコツやよくある質問にもお答えします。家庭菜園初心者の方でも簡単にオクラを育てることができます。ぜひ参考にしてみてください。

オクラの育て方【初心者向け】種まきから収穫まで完全ガイド | nippongardening.com
オクラの育て方【初心者向け】種まきから収穫まで完全ガイド | nippongardening.com

オクラの育て方

オクラは、高温多湿を好む野菜です。日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。また、オクラは連作障害が出やすいので、同じ場所に連続してオクラを植えるのは避けましょう。

  • 日当たりと水はけの良い場所を選ぶ
  • 連作障害を避ける

種まきから本葉が出るまで

オクラの種は、5月~6月頃にまきます。種は1cmほど土に埋め、覆土します。発芽するまでは土を湿らせておきましょう。発芽したら、本葉が2~3枚になったら間引きをします。

時期 作業
5月~6月 種まき
本葉が2~3枚になったら 間引き

本葉が出てから収穫まで

本葉が出てからは、適度に追肥をしましょう。また、オクラは乾燥に弱いので、土が乾いたら水やりをしましょう。害虫や病気にも注意しましょう。オクラは、花が咲いてから1週間~10日で収穫できます。

オクラのコンパニオンプランツ

オクラの主な害虫はアブラムシ、ハダニ、コナジラミです。また、病気にはうどんこ病、べと病、灰色カビ病などがあります。害虫や病気を予防するためには、風通しを良くしたり、混み合った葉っぱを間引いたりしましょう。

オクラの収穫

オクラは、収穫時期を逃すとすぐに大きくなりすぎてしまいます。また、収穫が遅れると、食感が悪くなります。オクラの収穫時期は、花が咲いてから1週間~10日です。オクラの大きさは、10~15cmが食べ頃です。

オクラの育て方
オクラの育て方

種まきから収穫まで

種まきと発芽

オクラの種は、5月~6月頃にまきます。種は1cmほど土に埋め、覆土します。発芽するまでは土を湿らせておきましょう。発芽したら、本葉が2~3枚になったら間引きをします。

時期 作業
5月~6月 種まき
本葉が2~3枚になったら 間引き

オクラの種まき

本葉が出てから収穫まで

本葉が出てからは、適度に追肥をしましょう。また、オクラは乾燥に弱いので、土が乾いたら水やりをしましょう。害虫や病気にも注意しましょう。オクラは、花が咲いてから1週間~10日で収穫できます。

オクラの収穫

種まきから収穫まで
種まきから収穫まで

オクラの栽培のコツ

日当たりと水はけを良くする

オクラは日当たりと水はけの良い場所を好みます。日当たりが悪いと花が咲かなかったり、実がつかなかったりします。また、水はけが悪いと根腐れを起こしやすくなります。オクラを育てる際は、日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。

適度に追肥をする

オクラは追肥を好む野菜です。追肥をすることで、葉っぱが茂り、実がたくさんつきます。追肥は、本葉が出てから1週間~10日に1回程度、緩効性化成肥料を与えましょう。

オクラの肥料

害虫や病気から守る

オクラは害虫や病気に弱い野菜です。主な害虫はアブラムシ、ハダニ、コナジラミです。また、病気にはうどんこ病、べと病、灰色カビ病などがあります。害虫や病気を防ぐためには、風通しを良くしたり、混み合った葉っぱを間引いたりしましょう。

オクラの害虫と病気

害虫 病気
アブラムシ うどんこ病
ハダニ べと病
コナジラミ 灰色カビ病

摘心をする

オクラは摘心をすることで、側枝が伸びて実がたくさんつきます。摘心は、本葉が5~6枚になったら、先端から2~3枚の葉っぱを摘み取りましょう。

  • オクラのコンパニオンプランツ
  • オクラの収穫
  • オクラの種まき

オクラの栽培のコツ
オクラの栽培のコツ

よくある質問

オクラの種はどこで購入できますか?

オクラの種は、ホームセンターや園芸店で購入できます。また、オンラインショップでも購入できます。

オクラの種まき

オクラを育てるのに必要な道具は何ですか?

オクラを育てるのに必要な道具は、スコップ、レーキ、じょうろ、肥料です。また、支柱を立てると、オクラが倒れるのを防ぐことができます。

道具 用途
スコップ 土を掘ったり、混ぜたりする
レーキ 土を平らにしたり、畝を作ったりする
じょうろ オクラに水を与える
肥料 オクラの生育を促進する
支柱 オクラが倒れるのを防ぐ

オクラは連作障害が出やすいですか?

オクラは連作障害が出やすい野菜です。同じ場所に連続してオクラを植えると、生育不良や病害虫の発生が多くなります。オクラを育てる際は、連作障害を避けるために、同じ場所に連続してオクラを植えないようにしましょう。

よくある質問
よくある質問

まとめ

オクラの育て方は、種まきから収穫まで意外と簡単です。ポイントは、日当たりと水はけの良い場所を選ぶこと、適度に追肥をすること、害虫や病気から守ることです。家庭菜園初心者の方でも、この記事を参考にすれば簡単にオクラを育てることができます。ぜひチャレンジしてみてください。