Japan

絶対成功!オクラ土作り完全ガイド🌱

夏野菜の代表格、オクラ!ねばねば食感が美味しいですよね。でも、いざ育ててみようと思っても、どんな土作りをしたらいいのか悩みますよね。実は、オクラの収穫量アップの秘訣は、適切な土作りにあるんです。nippongardening.comと一緒に、オクラが元気に育つ土作りをマスターしましょう!

ポイント 解説
土壌の性質 水はけの良い、弱酸性の土壌が適しています。
肥料 元肥は控えめに、追肥で栄養を補給しましょう。
連作障害 連作は避け、輪作を心がけましょう。
トラブル対策 害虫や病気の予防対策を行いましょう。

絶対成功!オクラ土作り完全ガイド🌱
絶対成功!オクラ土作り完全ガイド🌱

1. オクラの土作り: 基本のキ

オクラが喜ぶ土ってどんな土?

オクラは太陽が大好き🌞 なので、日当たりが良く、水はけの良い場所を選びましょう。土は、水はけが良くてふかふかの土がベスト!粘土質の土だと、根っこが息苦しくなってしまうので、堆肥や腐葉土を混ぜて、ふかふかの土にしてあげましょう。酸性の土は苦手なので、苦土石灰を混ぜて、弱酸性の土にしてあげるのがポイントです。酸性度が気になる場合は、土壌酸度計で調べてみるのも良いですね。酸性度が高い場合は、苦土石灰を多めに混ぜて調整しましょう。

土作りはいつから始めるの?

オクラの種まきや苗の植え付けの2週間くらい前から、土作りを始めましょう。まずは、畑を耕して、土をふかふかにします。次に、堆肥や腐葉土を混ぜて、栄養たっぷりの土にしてあげましょう。苦土石灰も忘れずに!土作りは、オクラが元気に育つための土台作り。しっかり準備して、おいしいオクラを育てましょう!

土作りのポイントは?

土作りは、オクラが元気に育つための土台作り。しっかり準備して、おいしいオクラを育てましょう!

  • 水はけの良い土にする
  • ふかふかの土にする
  • 弱酸性の土にする

この3つのポイントを押さえて、オクラが喜ぶ土を作ってあげましょう!

オクラの土作り: 基本のキ
オクラの土作り: 基本のキ

2. オクラの土作り: 肥料の選び方と使い方

オクラは肥料食い?

オクラは、実はそんなに肥料食いじゃないんです。元肥は控えめに、追肥で栄養を補給するのがポイントです。元肥をたくさんあげすぎると、葉っぱばかりが大きくなって、肝心のオクラの実が小さくなってしまうんです。まるで、お菓子ばかり食べて、ご飯を食べない子どもみたいですね😅 肥料は、野菜用の化成肥料や、堆肥、油かすなどを使うのがおすすめです。野菜用の化成肥料は、栄養バランスが良くて使いやすいので、初心者の方にもぴったりです。堆肥や油かすは、土をふかふかにしてくれる効果もあるので、土作りにも役立ちますよ。

追肥はいつ、どうやってあげる?

追肥は、オクラが花を咲かせ始めた頃から、10日〜2週間ごとにあげましょう。追肥の量は、オクラの成長具合を見ながら調整してください。葉っぱが黄色くなったり、元気がなくなってきたら、肥料が足りていないサイン。そんな時は、追肥の量を少し増やしてあげましょう。逆に、葉っぱばかりが大きくなって、実が小さい場合は、肥料が多すぎるかもしれません。そんな時は、追肥を少し減らして様子を見てみましょう。オクラは、肥料の量で実のつき方が変わってくるので、こまめに観察して、適切な量をあげることが大切です。

  • オクラの肥料の選び方
  • オクラの肥料の与え方
  • オクラの追肥のタイミング

オクラの土作り: 肥料の選び方と使い方
オクラの土作り: 肥料の選び方と使い方

3. オクラの土作り: 連作障害を防ぐ対策

連作障害ってなに?

同じ場所で同じ野菜を育て続けると、土の中の栄養が偏ったり、病気や害虫が増えたりして、野菜がうまく育たなくなることがあります。これを「連作障害」といいます。オクラも連作障害が起こりやすい野菜のひとつ。同じ場所で毎年オクラを育てていると、ネコブセンチュウという小さな虫が増えて、根っこを傷つけてしまうんです。ネコブセンチュウにやられると、オクラが元気がなくなって、実も小さくなってしまいます。まるで、風邪をひいてしまったみたいですね🤧

連作障害を防ぐにはどうしたらいいの?

連作障害を防ぐには、同じ場所で同じ野菜を育て続けないことが大切です。オクラを育てた場所には、次の年はナス科の野菜(トマトやピーマンなど)や、ウリ科の野菜(キュウリやスイカなど)を育てるのがおすすめです。ナス科やウリ科の野菜は、オクラとは違う栄養を吸収するので、土の中の栄養バランスが良くなります。また、ネコブセンチュウも、ナス科やウリ科の野菜にはあまり害を与えないので、連作障害を防ぐことができます。野菜を育てる場所を毎年変えることを「輪作」といいます。輪作を上手に使って、連作障害を防ぎましょう!

野菜の種類 連作障害を起こしやすい野菜 連作障害を起こしにくい野菜
アブラナ科 キャベツ、ブロッコリー、大根 ほうれん草、レタス
ナス科 トマト、ピーマン、ナス キュウリ、スイカ
ウリ科 キュウリ、スイカ、メロン トマト、ピーマン

オクラの土作り: 連作障害を防ぐ対策
オクラの土作り: 連作障害を防ぐ対策

4. オクラの土作り: よくあるトラブルと解決策

オクラは比較的育てやすい野菜ですが、それでも時にはトラブルが起こることも。でも大丈夫!よくあるトラブルと解決策を知っていれば、慌てずに対応できますよ。

例えば、葉っぱが黄色くなってきたら、肥料不足の可能性があります。そんな時は、野菜の肥料の選び方を参考に、追肥を少し増やしてあげましょう。逆に、葉っぱばかりが大きくなって実が小さい場合は、肥料が多すぎるかもしれません。肥料の量を減らして様子を見てみましょう。また、アブラムシが発生したら、夏野菜の害虫対策を参考に、早めに駆除しましょう。風通しが悪いと病気が発生しやすくなるので、込み合った葉っぱは適度に間引いて、風通しを良くしてあげましょう。

トラブル 原因 解決策
葉が黄色くなる 肥料不足 追肥をする
葉ばかりが大きくなる 肥料過多 肥料を減らす
アブラムシが発生する 風通しが悪い 込み合った葉を間引く

オクラの土作り: よくあるトラブルと解決策
オクラの土作り: よくあるトラブルと解決策

Final Thought

オクラの土作りは、少しのコツでぐっと収穫量が変わります。基本の土作りから肥料の選び方、連作障害対策まで、この記事で紹介したポイントを参考に、おいしいオクラをたくさん収穫してくださいね。オクラ栽培の楽しさを、ぜひ体験してみてください!

Related Articles

Back to top button