キャベツの育て方|品種や栽培方法、収穫と保存のコツを解説

キャベツは、一年を通してスーパーなどで手に入りやすい野菜の一つです。家庭菜園でも簡単に栽培でき、初心者の方にもおすすめです。この記事では、キャベツの育て方について、品種や栽培方法、収穫と保存の方法などを詳しく解説します。家庭菜園で新鮮なキャベツを収穫してみませんか?

キャベツの育て方|品種や栽培方法、収穫と保存のコツを解説
キャベツの育て方|品種や栽培方法、収穫と保存のコツを解説

キャベツの育て方

適した環境

キャベツは、日当たりがよく水はけのよい場所を好みます。土壌は、有機物を多く含む肥沃な土壌が適しています。連作を避けるため、同じ場所で2年以上連続してキャベツを栽培しないようにしましょう。

種まきと苗作り

キャベツの種まきは、3月~4月頃に行います。育苗箱やポットに種をまいて、薄く土をかぶせます。発芽するまでは、土が乾かないように水やりをしましょう。本葉が2~3枚になったら、畑に定植します。

春キャベツ 夏キャベツ 秋キャベツ
種まき時期 3月~4月 6月~7月 7月~8月
定植時期 4月~5月 7月~8月 8月~9月

追肥と土寄せ

キャベツは、生育期間中に追肥を2~3回行います。1回目の追肥は、定植後2~3週間後、2回目の追肥は、結球が始まる頃、3回目の追肥は、結球が大きくなった頃に行います。追肥には、緩効性肥料を使用するとよいでしょう。また、土寄せも定期的に行いましょう。土寄せとは、株元に土を寄せる作業で、根の保護と安定を図ります。土寄せは、追肥のタイミングに合わせて行うとよいでしょう。

キャベツの育て方
キャベツの育て方

キャベツの品種

キャベツには、春キャベツ、夏キャベツ、秋キャベツの3種類があります。それぞれに適した栽培時期があり、育て方も異なります。春キャベツは、寒さに強く、早生で育てやすいのが特徴です。夏キャベツは、高温多湿に強く、結球が遅いのが特徴です。秋キャベツは、寒さに強く、晩生で長期保存に向いています。

春キャベツ 夏キャベツ 秋キャベツ
適した栽培時期 3月~5月 6月~8月 7月~9月
特徴 寒さに強く、早生 高温多湿に強く、結球が遅い 寒さに強く、晩生、長期保存向き

また、キャベツにはさまざまな品種があり、それぞれに特徴があります。結球が早い品種、遅い品種、耐病性に優れた品種などがあります。品種選びは、栽培時期や栽培環境に合わせて行うことが大切です。初心者の方には、育てやすい春キャベツがおすすめです。キャベツの品種についてはこちら

キャベツの品種
キャベツの品種

キャベツの栽培方法

苗の定植

キャベツの苗が本葉4~5枚になったら、畑に定植します。定植の間隔は、株間50~60cm、畝幅60~70cmが適しています。定植後は、株元にたっぷりと水やりを行いましょう。

水やりと追肥

キャベツは、乾燥に弱いので、土が乾いたらたっぷりと水やりを行います。特に、結球期には水を切らさないように注意しましょう。また、追肥は、定植後2~3週間後、結球が始まる頃、結球が大きくなった頃の3回に分けて行います。追肥には、緩効性肥料を使用するとよいでしょう。

1回目 2回目 3回目
時期 定植後2~3週間後 結球が始まる頃 結球が大きくなった頃
肥料 緩効性肥料 緩効性肥料 緩効性肥料

病害虫防除

キャベツは、アブラムシやヨトウムシなどの害虫や、べと病や軟腐病などの病気に注意が必要です。害虫や病気が発生した場合は、適切な防除対策を行いましょう。

キャベツの栽培方法
キャベツの栽培方法

キャベツの収穫と保存

キャベツの収穫

キャベツの収穫時期は、品種によって異なります。春キャベツは、4月下旬~5月頃、夏キャベツは、7月下旬~8月頃、秋キャベツは、10月下旬~11月頃が適期です。収穫の目安は、キャベツがしっかりと結球し、重みを感じるようになったときです。収穫の際は、株元からナイフなどで切り取ります。

キャベツの保存

キャベツは、冷暗所で保存します。新聞紙などに包んで冷蔵庫の野菜室に入れると、1ヶ月程度保存できます。また、キャベツは長期保存も可能です。風通しのよい冷暗所で吊るしておくと、数ヶ月間保存できます。

春キャベツ 夏キャベツ 秋キャベツ
収穫時期 4月下旬~5月頃 7月下旬~8月頃 10月下旬~11月頃
保存方法 冷蔵庫の野菜室で約1ヶ月 冷蔵庫の野菜室で約1ヶ月 風通しのよい冷暗所で吊るして数ヶ月

キャベツの収穫と保存
キャベツの収穫と保存

終わりに

キャベツの育て方は、いかがでしたか?家庭菜園初心者の方でも、コツさえつかめば簡単に栽培できます。新鮮で美味しいキャベツを収穫して、食卓を彩りましょう。また、キャベツは保存性も高いので、収穫後も長く楽しむことができます。ぜひ、この記事を参考にキャベツ栽培に挑戦してみてくださいね。