野菜の栽培方法

夏の挑戦!絶対成功させるキャベツ栽培のコツ

夏に収穫できるキャベツ、憧れませんか?実は、夏まきキャベツは意外と簡単に栽培できるんです。nippongardening.comと一緒に、夏まきキャベツの栽培方法を学んで、新鮮で美味しいキャベツを収穫しましょう!

ポイント 詳細
品種選び 暑さに強い品種を選ぶ
土づくり 水はけの良い土壌、苦土石灰で酸度調整、元肥を施す
畝立て 畝幅60cm、高さ15cm程度
植え付け 株間45cm、水をたっぷり
害虫対策 防虫ネットでトンネル
追肥 植え付け2週間後から2週間ごとに
収穫 結球が固くなったら

夏の挑戦!絶対成功させるキャベツ栽培のコツ
夏の挑戦!絶対成功させるキャベツ栽培のコツ

夏まきキャベツの品種選び:暑さに強いタイプを選ぼう

暑さに強い品種の特徴

夏は気温が高くて、キャベツにとってはちょっと大変な季節。でも、大丈夫!暑さに強い品種を選べば、夏でも元気に育ってくれます。暑さに強い品種は、葉っぱが厚くてしっかりしているのが特徴。だから、強い日差しにも負けずに、水分をしっかりと蓄えることができるんです。 ☀️

おすすめの品種

暑さに強いキャベツの品種はいくつかあります。例えば、「YR夏空」や「サマーボール」は、名前の通り夏にぴったり!他にも、「金系201号」や「初秋」などもおすすめ。種袋の裏には、その品種の特徴や育て方が書いてあるので、よく読んでから選ぶと良いですね。 📝

種袋の裏は宝の山!

  • 生育期間
  • 大きさ
  • 病気に強いかどうか

夏まきキャベツの品種選び:暑さに強いタイプを選ぼう
夏まきキャベツの品種選び:暑さに強いタイプを選ぼう

夏まきキャベツの土づくりと畝立て:水はけと栄養補給がポイント

水はけの良い土壌で根っこを元気に

キャベツは、根っこがとっても大切な野菜。だから、水はけの良い土壌で育てることがポイントだよ。水はけが悪いと、根っこが呼吸できなくなって、元気がなくなってしまうんだ。 😥

水はけを良くするには、土に腐葉土や堆肥を混ぜるのがおすすめ。腐葉土や堆肥は、土をふわふわにしてくれるから、水はけが良くなるだけでなく、栄養もたっぷり含まれているんだ。 ナスを育てる土作りと似ているね。

ふわふわの土で根っこもにっこり! 😊

畝を立てて水はけをさらにアップ!

水はけを良くするには、畝を立てるのも効果的だよ。畝とは、土を山のように盛り上げたもの。畝を立てることで、水はけが良くなるだけでなく、根っこがしっかりと張れるスペースも確保できるんだ。

畝の作り方は簡単!幅60cm、高さ15cmくらいを目安に、土を山のように盛り上げればOK。 キャベツの栽培では、畝立ては重要なステップだよ。

畝の幅 畝の高さ
60cm 15cm

夏まきキャベツの土づくりと畝立て:水はけと栄養補給がポイント
夏まきキャベツの土づくりと畝立て:水はけと栄養補給がポイント

夏まきキャベツの植え付けと管理:害虫対策と追肥で元気に育てよう

苗の植え付け:広々としたお家でスクスク育つよ

準備した畝に、いよいよ苗を植えるよ。苗と苗の間は45cmくらい空けて、広々としたお家を作ってあげよう。そうすると、キャベツが大きく育つスペースが確保できるんだ。苗を植えたら、水をたっぷりあげてね。根っこがしっかりと土に馴染んで、元気に育つよ。 キャベツの栽培は、実はそんなに難しくないんだよ。

キャベツの苗は、本葉が4〜5枚くらいのものを選ぼう!

害虫対策:トンネルで虫さんとおさらば!

キャベツは、虫さんが大好きな野菜。放っておくと、葉っぱを食べられて穴だらけになってしまうことも。 🐛

そこで、防虫ネットでトンネルを作ってあげよう!トンネルがあれば、虫さんが侵入できないから、葉っぱが守られるんだ。 ナスの土作りと同じように、害虫対策は大切だよ。

夏まきキャベツの植え付けと管理:害虫対策と追肥で元気に育てよう
夏まきキャベツの植え付けと管理:害虫対策と追肥で元気に育てよう

夏まきキャベツの収穫と楽しみ方:新鮮な味を味わおう

キャベツがしっかりと巻いて、固くなってきたら、収穫のサイン!包丁で根元を切って、収穫しよう。自分で育てたキャベツは、スーパーで買うキャベツよりも、新鮮で美味しいよ。😋

収穫したキャベツは、サラダや炒め物、スープなど、いろんな料理に使えるよ。ロールキャベツやポトフなど、キャベツが主役の料理もおすすめ!新鮮なキャベツは、キャベツの栽培の醍醐味だね。

新鮮なキャベツは、生で食べても甘くて美味しい!

夏まきキャベツの収穫と楽しみ方:新鮮な味を味わおう
夏まきキャベツの収穫と楽しみ方:新鮮な味を味わおう

Final Thought

夏まきキャベツの栽培は、少しの工夫と愛情で、初心者でも十分楽しめます。この記事で紹介したポイントを参考に、ぜひチャレンジしてみてください。きっと、自分で育てた新鮮なキャベツの美味しさに感動するはずです!

Related Articles

Back to top button