初心者にも簡単!育てやすいクレマチス種徹底解説

クレマチスは、美しい花を咲かせるつる性植物です。クレマチスを種から育てるには、まず品種選びが大切です。Nippongardeningでは、クレマチスの品種選びから育て方、剪定方法、増やし方、病害虫まで、クレマチスの栽培について詳しく解説します。

初心者にも簡単!育てやすいクレマチス種徹底解説
初心者にも簡単!育てやすいクレマチス種徹底解説

I. クレマチス 種の選び方

品種によって特徴が異なる

クレマチスには、さまざまな品種があり、それぞれに特徴があります。花の色や形、咲き方、花期などが異なり、自分の好みに合わせて品種を選ぶことができます。

クレマチスを種から育てる場合は、品種選びが大切です。初心者の方におすすめなのは、育てやすい品種を選ぶことです。代表例は、クレマチス・モンタナ系やクレマチス・ジャックマニー系、クレマチス・フロリダ系などがおすすめです。

  • クレマチス・モンタナ系:花は白やピンク、紫などがあり、つるが長く伸びます。初心者にも育てやすい品種です。アイリスガーデン
  • クレマチス・ジャックマニー系:花は赤や青、紫などがあり、大輪の花を咲かせます。やや育てにくい品種ですが、花は豪華です。
  • クレマチス・フロリダ系:花は白やピンク、赤などがあり、つるが短くコンパクトに育ちます。初心者にも育てやすい品種です。
クレマチス 品種の選び方
品種 花の色 花の形 花期
クレマチス・モンタナ系 白やピンク、紫など ベル型 4~6月
クレマチス・ジャックマニー系 赤や青、紫など 大輪 5~7月
クレマチス・フロリダ系 白やピンク、赤など 小輪 5~9月

花色や花期で選ぶ

クレマチスは、花の色や花期も選ぶポイントです。花の色は、白やピンク、赤、青、紫などがあります。花期は、4~10月頃までと長く楽しめます。

クレマチスを種から育てる場合は、花色や花期にも注意して品種を選びましょう。自分の好みに合った品種を選ぶことで、よりクレマチスを楽しむことができます。

クレマチス 種の選び方
クレマチス 種の選び方

II. クレマチス 種の育て方

クレマチスの種まき

クレマチスの種は、春または秋にまくことができます。種をまく前に、24時間水に浸しておきます。こうすることで、発芽率が高まります。種をまいたら、土を薄くかけて、水をたっぷり与えます。クレマチスの種は、発芽するまで1~2週間かかります。

クレマチスの種をまく際には、以下の点に注意しましょう。

  • 種は、新鮮なものを使用する。
  • 種をまく前に、24時間水に浸しておく。
  • 種をまいたら、土を薄くかけて、水をたっぷり与える。
  • クレマチスの種は、発芽するまで1~2週間かかります。

クレマチスの誘引方法はこちら

クレマチスの苗の植え付け

クレマチスの苗は、春または秋に植え付けます。植え付け前に、根鉢を崩さないように注意して、ポットから苗を取り出します。植え付け穴は、苗の根鉢の2倍くらいの大きさにして、堆肥や腐葉土を混ぜた土を入れておきます。苗を植え付けたら、土をしっかりと押さえて、水をたっぷり与えます。

クレマチスの苗を植え付ける際には、以下の点に注意しましょう。

  • 苗は、根鉢を崩さないように注意して、ポットから取り出す。
  • 植え付け穴は、苗の根鉢の2倍くらいの大きさにする。
  • 植え付け穴に、堆肥や腐葉土を混ぜた土を入れておく。
  • 苗を植え付けたら、土をしっかりと押さえて、水をたっぷり与える。

クレマチスの剪定方法はこちら

クレマチスの水やりと肥料

クレマチスは、水はけの良い土を好みます。水やりは、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。夏場は、朝と夕方の2回に分けて水やりをするとよいでしょう。肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

クレマチスの水やりと肥料を与える際には、以下の点に注意しましょう。

  • クレマチスは、水はけの良い土を好みます。
  • 水やりは、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。
  • 夏場は、朝と夕方の2回に分けて水やりをするとよいでしょう。
  • 肥料は、春と秋に緩効性化成肥料を与えます。

クレマチスの増やし方はこちら

クレマチス 種の育て方
クレマチス 種の育て方

III. クレマチスの剪定ポイント

弱剪定する

まず一つ目のポイントは、弱剪定するということです。クレマチスは大きく分けて早咲き系と遅咲き系の二種類に分けることができ、剪定時期や剪定の仕方はそれぞれ異なります。

クレマチスの剪定時期
タイプ 剪定時期
早咲き系 花後すぐに剪定します。
遅咲き系 葉が枯れてきた12~1月頃に剪定します。

新芽を育てる

クレマチスは切り戻すほど、新芽をたくさん出してくれます。そのため、できるだけ短く剪定して、たくさんの花を咲かせましょう。

おしゃれなガーデニング用のスタンドで、ガーデニングライフを満喫するヒントを紹介します。

IV. 作業手順

早咲き系の剪定方法

まず、花が咲き終わった部分から約30cmの位置で切り落とします。次に、古い枝や枯れた枝を取り除きます。その後、新芽をたくさん出すために、全体的に短く剪定します。

遅咲き系の剪定方法

まずは、葉っぱが枯れてきた12~1月頃まで放置します。12~1月になったら、花が咲いていた部分から約15cmの位置で切り落とします。その後、古い枝や枯れた枝を取り除きます。そして最後に、全体的に短く剪定します。

  • 剪定時期を守り弱剪定に徹する。
  • 強剪定は枯れる原因になる。
  • 新芽を育てるために短く剪定。
  • 手袋、長袖、マスクを着用し、剪定後は十分に手洗いをする。

クレマチス 種の剪定方法
クレマチス 種の剪定方法

V. クレマチス 種の増やし方

挿し木で増やす

クレマチスを挿し木で増やすには、まず親株から元気な茎を剪定して切り取ります。そして、切り取った茎を水に挿して発根させます。発根したら、培養土に植え替えます。

クレマチス挿し木の育て方と増やし方はこちら。

株分けで増やす

クレマチスを株分けで増やすには、株が大きくなりすぎたら株分けをします。株分けをする際には、株を掘り起こして、根を傷つけないように注意しながら手で株を分けます。そして、分けた株をそれぞれ培養土に植え替えます。

クレマチスの株分けで増やし方と管理方法はこちら。

種まきで増やす

クレマチスを種まきで増やすには、まずクレマチスの種を採取します。そして、採取した種を秋にまきます。発芽したら、間引きをして苗を育てます。苗が大きくなったら、培養土に定植します。

クレマチス 種の採取と蒔き方はこちら。

クレマチス 種の増やし方
方法 メリット デメリット
挿し木 最も簡単な方法 発根に時間がかかる
株分け 一気に株を増やせる 株が傷みやすい
種まき 新しい品種を生み出せる 開花まで時間がかかる

クレマチス 種の増やし方
クレマチス 種の増やし方

VI. クレマチス 種の病害虫

クレマチスは、美しい花を咲かせるつる性植物ですが、病害虫の被害を受けやすい植物でもあります。クレマチスを育てる際には、病害虫の予防と駆除が大切です。

クレマチスによく発生する病害虫には、以下のものがあります。

  • アブラムシ
  • ハダニ
  • カイガラムシ
  • コナジラミ
  • うどんこ病
  • 灰色カビ病
  • 立枯病

これらの病害虫は、クレマチスの葉や茎を食害したり、病気を引き起こしたりします。クレマチスを育てる際には、これらの病害虫の予防と駆除を心がけましょう。

病害虫の予防には、以下のことが有効です。

  • 風通しの良い場所に植える
  • 水はけの良い土壌にする
  • 肥料を与えすぎない
  • 定期的に剪定する
  • 病害虫が発生しやすい時期には、薬剤を散布する

病害虫が発生してしまった場合は、以下の方法で駆除しましょう。

  • アブラムシ:水で洗い流すか、薬剤を散布する
  • ハダニ:水で洗い流すか、薬剤を散布する
  • カイガラムシ:ブラシでこすり落とすか、薬剤を散布する
  • コナジラミ:水で洗い流すか、薬剤を散布する
  • うどんこ病:薬剤を散布する
  • 灰色カビ病:薬剤を散布する
  • 立枯病:病株を抜き取り、土壌を消毒する

クレマチスを育てる際には、病害虫の予防と駆除を心がけましょう。そうすることで、クレマチスの美しい花を長く楽しむことができます。

クレマチスによく発生する病害虫
病害虫 症状 予防と駆除
アブラムシ 葉や茎に寄生して、汁を吸う。葉が黄色くなったり、縮れたりする。 水で洗い流すか、薬剤を散布する。
ハダニ 葉の裏に寄生して、汁を吸う。葉が白っぽくなったり、枯れたりする。 水で洗い流すか、薬剤を散布する。
カイガラムシ 葉や茎に寄生して、汁を吸う。葉が黄色くなったり、枯れたりする。 ブラシでこすり落とすか、薬剤を散布する。
コナジラミ 葉の裏に寄生して、汁を吸う。葉が白っぽくなったり、枯れたりする。 水で洗い流すか、薬剤を散布する。
うどんこ病 葉に白い粉状のカビが生える。葉が黄色くなったり、枯れたりする。 薬剤を散布する。
灰色カビ病 葉や茎に灰色のカビが生える。葉が枯れたり、花が咲かなくなったりする。 薬剤を散布する。
立枯病 根元が腐って、枯れる。 病株を抜き取り、土壌を消毒する。

クレマチスを育てる際には、病害虫の予防と駆除を心がけましょう。そうすることで、クレマチスの美しい花を長く楽しむことができます。

クレマチスの誘引方法クレマチスの剪定方法

クレマチス 種の病害虫
クレマチス 種の病害虫

VII. まとめ

クレマチスは、美しい花を咲かせるつる性植物です。クレマチスを種から育てるには、まず品種選びが大切です。クレマチスには、さまざまな品種があり、それぞれに特徴があります。育て方や剪定方法、増やし方、病害虫についても解説しました。クレマチスを種から育てて、美しい花を咲かせましょう。