ゴボウの栄養と効能|選び方や保存方法、調理法も解説 | nippongardening.com

ゴボウは、食物繊維が豊富で、健康に良い野菜です。この記事では、ゴボウの栄養価、効能、選び方と保存方法、調理法について詳しく解説します。ゴボウを上手に取り入れて、健康的な食生活を送りましょう。

ゴボウの栄養と効能|選び方や保存方法、調理法も解説 | nippongardening.com
ゴボウの栄養と効能|選び方や保存方法、調理法も解説 | nippongardening.com

ゴボウの栄養価

豊富な食物繊維

ゴボウには、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘解消に役立ちます。また、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効果もあります。

ビタミンやミネラルも豊富

ゴボウには、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。ビタミンCは、抗酸化作用があり、免疫力を高める効果があります。カリウムは、血圧を下げる効果があります。また、ゴボウには、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。

低カロリーでヘルシー

ゴボウは、低カロリーでヘルシーな野菜です。100gあたり約40kcalしかありません。また、脂質もほとんど含まれていません。そのため、ダイエット中の方にもおすすめです。

栄養素 含有量(100gあたり)
食物繊維 5.7g
ビタミンC 8mg
カリウム 230mg
鉄分 0.8mg
カルシウム 50mg
マグネシウム 25mg

ゴボウの栄養価
ゴボウの栄養価

ゴボウの効能

便秘解消

ゴボウには、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘解消に役立ちます。また、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効果もあります。

抗酸化作用

ゴボウには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、抗酸化作用があり、免疫力を高める効果があります。また、ゴボウには、ポリフェノールという抗酸化物質も含まれています。ポリフェノールは、細胞を傷つける活性酸素から体を守る働きがあります。

栄養素 含有量(100gあたり)
食物繊維 5.7g
ビタミンC 8mg

抗菌作用

ゴボウには、イヌリンという成分が含まれています。イヌリンは、善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌が増えると、腸内環境が整い、免疫力が向上します。また、イヌリンには、抗菌作用もあります。イヌリンは、病原菌の増殖を抑える働きがあります。

ゴボウの効能
ゴボウの効能

ゴボウの選び方と保存方法

新鮮なゴボウの選び方

新鮮なゴボウを選ぶポイントは、以下のようなものです。

  1. 皮が薄く、みずみずしいもの
  2. ひげ根が少なく、太さが均一なもの
  3. 切り口が白く、変色していないもの

ゴボウの保存方法

ゴボウは、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。保存期間は、約1週間です。また、ゴボウは冷凍保存することもできます。冷凍保存する場合は、ゴボウを洗って皮をむき、食べやすい大きさに切ります。その後、ジップロックなどの冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。冷凍保存したゴボウは、約1か月保存できます。

関連する記事

保存方法 期間
冷蔵庫の野菜室 約1週間
冷凍庫 約1か月

ゴボウは、食物繊維が豊富で、健康に良い野菜です。ゴボウを上手に選んで保存して、健康的な食生活を送りましょう。

ゴボウの選び方と保存方法
ゴボウの選び方と保存方法

ゴボウの調理法

きんぴらごぼう

きんぴらごぼうは、ゴボウの定番料理です。ゴボウを細切りにして、ニンジン、レンコンなどの野菜と一緒に炒めます。甘辛い味付けが特徴です。

きんぴらごぼうの作り方

材料 分量
ゴボウ 1本
ニンジン 1/2本
レンコン 1/2節
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ3
みりん 大さじ1

ゴボウサラダ

ゴボウサラダは、ゴボウをすりおろして作るサラダです。シャキシャキとした食感と、ゴマの風味が特徴です。

ゴボウサラダの作り方

材料

  • ゴボウ
  • ニンジン
  • ツナ
  • マヨネーズ
  • ゴマ

ゴボウの調理法
ゴボウの調理法

おわりに

ゴボウは、栄養価が高く、健康に良い野菜です。食物繊維が豊富なので、便秘解消や腸内環境を整える効果が期待できます。また、抗酸化作用や抗菌作用もあり、健康維持に役立ちます。ゴボウを上手に取り入れて、健康的な食生活を送りましょう。