ゴーヤー(ニガウリ)の栄養と効能、育て方、保存方法、料理法

ゴーヤー(ニガウリ)は、ウリ科のつる性植物で、沖縄や南九州地方で多く栽培されています。独特の苦みがありますが、栄養価が高く、健康に良い野菜として知られています。この記事では、ゴーヤーの栄養と効能、育て方、保存方法、料理法について詳しく説明します。ゴーヤーを上手に活用して、健康的な食生活を送りましょう!

ゴーヤー(ニガウリ)の栄養と効能、育て方、保存方法、料理法
ゴーヤー(ニガウリ)の栄養と効能、育て方、保存方法、料理法

ゴーヤーの栄養と効能

豊富なビタミン類

ゴーヤーには、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどのビタミン類が豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高めたり、美肌効果が期待できます。ビタミンEも抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ効果があります。ビタミンKは血液凝固に関わるビタミンで、出血を防ぐのに役立ちます。

ゴーヤーのビタミンC含有量は、トマトの約2倍、レモンの約3倍と言われています。また、ビタミンEの含有量は、ほうれん草の約2倍、ブロッコリーの約3倍と言われています。

ミネラルも豊富

ゴーヤーには、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。カリウムは血圧を下げる効果があります。カルシウムは骨や歯を強くします。マグネシウムは筋肉の収縮や神経伝達に関わるミネラルです。

ゴーヤーの育て方も簡単なので、家庭菜園でも気軽に栽培することができます。ぜひ、ゴーヤーを上手に活用して、健康的な食生活を送りましょう!

ビタミン 含有量
ビタミンC トマトの約2倍、レモンの約3倍
ビタミンE ほうれん草の約2倍、ブロッコリーの約3倍

ゴーヤーの苦み成分

ゴーヤーの苦み成分は、モモルデシンという成分です。モモルデシンには、食欲増進、消化促進、血糖値を下げる効果があるとされています。また、抗菌作用や抗炎症作用もあると言われています。

ゴーヤーの苦みは、加熱すると和らぎます。ゴーヤーチャンプルーなどの料理では、ゴーヤーを炒めて苦みを和らげてから調理します。また、ゴーヤーを漬物にすることで、苦みを抑えることができます。

  • ゴーヤーはビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどのビタミン類が豊富に含まれています。
  • ゴーヤーには、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。
  • ゴーヤーの苦み成分は、モモルデシンという成分です。

ゴーヤーの栄養と効能
ゴーヤーの栄養と効能

ゴーヤーの育て方

種まき

ゴーヤーの種まき時期は、4~5月頃です。種を1cmほどの深さにまきます。発芽適温は25~30℃なので、保温をして発芽を促しましょう。ゴーヤーはつる性植物なので、支柱を立てて誘引します。

ゴーヤーは連作障害が出やすいので、同じ場所に続けてゴーヤーを植えるのは避けましょう。連作障害とは、同じ種類の作物を同じ場所に続けて栽培すると、土壌中の病原菌や害虫が増えて、生育が悪くなる現象のことです。

水やりと肥料

ゴーヤーは水やりを好む植物です。土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりしましょう。ただし、過湿にすると根腐れを起こすので注意が必要です。

ゴーヤーは追肥を好む植物です。ゴーヤーが本葉5~6枚になったら、1週間に1回程度、液体肥料を与えましょう。追肥をすることで、ゴーヤーの生育を促進することができます。

病害虫

ゴーヤーによく発生する病害虫としては、うどんこ病、べと病、アブラムシなどが挙げられます。うどんこ病は葉に白い粉を吹いたような症状が出ます。べと病は葉に褐色の斑点が出る症状が出ます。アブラムシは葉の裏に小さな虫が群がってつく症状が出ます。

病害虫が発生した場合は、適切な農薬を使用して駆除しましょう。ただし、農薬は正しく使用しないと人体に害を及ぼすこともあるので、注意が必要です。

病害虫 症状 対策
うどんこ病 葉に白い粉を吹いたような症状 適切な農薬を使用する
べと病 葉に褐色の斑点が出る症状 適切な農薬を使用する
アブラムシ 葉の裏に小さな虫が群がってつく症状 適切な農薬を使用する

収穫

ゴーヤーの収穫時期は、7~9月頃です。ゴーヤーの実が緑色で、表面にイボイボができたら収穫できます。ゴーヤーは完熟すると黄色くなりますが、完熟すると苦みが強くなるので、緑色のうちに収穫しましょう。

ゴーヤーは追熟しないので、収穫したら早めに食べましょう。ゴーヤーは冷蔵庫で保存すると、1週間程度保存できます。

ゴーヤーの育て方
ゴーヤーの育て方

ゴーヤーの保存方法

ゴーヤーは追熟しないので、収穫したら早めに食べましょう。ゴーヤーは冷蔵庫で保存すると、1週間程度保存できます。ゴーヤーを保存する際は、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。ゴーヤーをカットした場合は、ラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。カットしたゴーヤーは、2~3日程度で食べ切りましょう。

ゴーヤーは冷凍保存することもできます。ゴーヤーをスライスするか、一口大にカットして冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。冷凍したゴーヤーは、1か月程度保存できます。冷凍したゴーヤーは、解凍してから調理しましょう。ゴーヤーは冷凍すると苦みが和らぐので、苦みが苦手な方は冷凍してから調理するのがおすすめです。

保存方法 保存期間
冷蔵庫(ポリ袋に入れて野菜室) 1週間程度
冷蔵庫(カットしてラップに包んで) 2~3日程度
冷凍(スライスまたは一口大にカットして冷凍用保存袋に入れて) 1か月程度

ゴーヤーの保存方法
ゴーヤーの保存方法

ゴーヤーの料理法

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーを使った沖縄料理の定番です。ゴーヤー、スパム、玉子、豆腐などを炒めて作ります。ゴーヤーの苦みとスパムの塩気が絶妙にマッチした、沖縄を代表する料理です。ゴーヤーチャンプルーのレシピはこちら

材料 分量
ゴーヤー 1本
スパム 1缶
玉子 2個
豆腐 1/2丁

ゴーヤージュース

ゴーヤージュースは、ゴーヤーをすりおろして作る健康的なジュースです。ゴーヤーの苦みが苦手な方でも、ジュースにすると飲みやすくなります。ゴーヤージュースには、ビタミンCやカリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ゴーヤージュースのレシピはこちら

ゴーヤーの漬物

ゴーヤーの漬物は、ゴーヤーを塩漬けにして作る伝統的な沖縄料理です。ゴーヤーの苦みが和らぎ、独特の食感が楽しめます。ゴーヤーの漬物は、ご飯のおかずやお酒のおつまみにもぴったりです。

  • Coffee
  • Tea
  • Milk

ゴーヤーの料理法
ゴーヤーの料理法

まとめ

ゴーヤーは、栄養価が高く、健康に良い野菜です。独特の苦みがありますが、慣れるとクセになるおいしさがあります。ゴーヤーを上手に活用して、健康的な食生活を送りましょう!