Japan

絶対失敗しない!簡単サツマイモ 作り方ガイド

秋の味覚の代表格、サツマイモ。ホクホクとした食感と優しい甘さは、大人から子どもまで大人気ですよね。実はこのサツマイモ、家庭菜園でも比較的簡単に育てることができるんです!nippongardening.comと一緒に、甘くておいしいサツマイモ作りに挑戦してみませんか?今回は、サツマイモの育て方について、苗選びから収穫まで詳しくご紹介します。

項目 ポイント
苗選び 節間が短く、葉が濃い緑色の健康な苗を選ぶ
植え付け時期 5月上旬〜6月中旬が適期
土づくり 水はけの良い、有機質に富んだ土壌を用意する
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与える
追肥 つるが伸び始めたら、1ヶ月に1回程度追肥を行う
収穫時期 植え付けから120〜150日後、葉が黄色く枯れ始めたら収穫適期

1. サツマイモの準備:苗選びと植え付けのポイント

元気な苗選びでスタートダッシュ!

サツマイモ作りは、苗選びから始まります。ホームセンターや園芸店に行くと、たくさんの苗が並んでいるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。ポイントは、節間が短く、葉が濃い緑色で元気な苗を選ぶことです。葉っぱが黄色っぽかったり、ひょろひょろと伸びている苗は、ちょっと元気がないかもしれません。元気な苗を選ぶことで、サツマイモの成長がスムーズに進むので、おいしいお芋がたくさん収穫できますよ!

植え付けは5月がベストタイミング!

サツマイモの植え付け時期は、地域によって少し異なりますが、一般的には5月上旬から6月中旬が適期です。気温が上がり、土が暖かくなってから植えるのがポイントです。もし、早く植えすぎると、寒さで苗が弱ってしまうことがあるので注意が必要です。逆に、遅く植えすぎると、収穫までに十分な時間がなく、お芋が小さくなってしまうこともあります。5月のゴールデンウィークは、家族みんなでサツマイモの植え付けを楽しんでみてはいかがでしょうか?

苗の状態 良い苗 悪い苗
葉の色 濃い緑色 黄色っぽい、薄い緑色
茎の状態 太くしっかりしている ひょろひょろと伸びている
節間 短い 長い
  • 植え付けの時期は地域によって異なります。暖かい地域では4月下旬から、寒い地域では6月上旬までが適期です。
  • 植え付けの深さは、苗の半分から3分の2程度を土に埋めるようにします。

2. 土づくりと畝立て:サツマイモが喜ぶ環境作り

ふかふかのベッドでぐっすり眠りたい!サツマイモが喜ぶ土づくり

サツマイモは、水はけの良いふかふかの土が大好き!まるで、ふわふわのベッドでぐっすり眠りたいみたい。水はけが悪いと、根っこが呼吸できなくなって、元気がなくなってしまうんです。だから、植え付けの2週間くらい前に、苦土石灰を混ぜて、酸性度を調整してあげましょう。さらに、堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んで、栄養満点のふかふかベッドを作ってあげると、サツマイモも大喜び!

お芋がのびのび育つ秘密基地!畝立てのポイント

サツマイモは、太陽の光をたくさん浴びて、のびのび育ちたい!そんなサツマイモのために、畝を立ててあげましょう。畝とは、土を盛り上げて作った、いわばサツマイモの秘密基地。畝を立てることで、水はけが良くなり、太陽の光もたくさん当たるようになります。畝の高さは20〜30cmくらい、幅は70〜80cmくらいが目安です。畝の間隔は、50〜60cmくらい空けて、風通しを良くしてあげましょう。畝立てはちょっと大変だけど、おいしいサツマイモを育てるためには大切なポイント!

土壌の性質 適している 適していない
水はけ 良い 悪い
酸性度 弱酸性〜中性 強酸性、強アルカリ性
有機質 豊富 乏しい
  • 苦土石灰は、土壌の酸性度を調整するだけでなく、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を補給する効果もあります。
  • 堆肥や腐葉土は、土壌の物理性を改善し、保水性や通気性を高める効果があります。

3. 水やりと追肥:成長を支える栄養補給

サツマイモはのどが渇くのが苦手!水やりのタイミングとコツ

サツマイモは、乾燥に強いイメージがありますが、実はのどが渇くのが苦手なんです。特に、苗を植えたばかりの頃は、根っこがまだしっかり張っていないので、水切れに注意が必要です。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてあげましょう。水やりは、朝早くか夕方がベストタイミング!日中の暑い時間帯に水やりをすると、土の温度が急激に上がって、サツマイモがびっくりしてしまうことがあるんです。まるで、お風呂に入ろうと思ったら、お湯が熱すぎた時のような感じでしょうか?

おいしいお芋を育てる魔法の粉!追肥で栄養補給

サツマイモは、栄養をたくさん吸収して、大きく育ちます。特に、つるが伸び始めたら、栄養が不足しないように、追肥をしてあげましょう。追肥は、1ヶ月に1回程度、畝の横に溝を掘って、化成肥料を施します。化成肥料は、まるでサツマイモを育てる魔法の粉!適量を施すことで、甘くておいしいお芋がたくさん収穫できます。肥料が多すぎると、つるばかりが伸びて、お芋が小さくなってしまうことがあるので、注意が必要です。

時期 追肥の種類 施肥量
つるが伸び始めたら 化成肥料(8-8-8など) 1株あたり大さじ1杯程度
収穫の1ヶ月前 カリ肥料(硫酸カリなど) 1株あたり大さじ1杯程度

4. 収穫と保存:おいしいサツマイモを味わう

待ちに待った収穫の時期!サツマイモの収穫は、植え付けから120〜150日後、葉が黄色く枯れ始めたらが適期です。まるで、宝探しのように、土の中から大きなお芋が出てくると、ワクワクしますよね。収穫したサツマイモは、1週間ほど風通しの良い日陰で乾燥させると、甘みが増してよりおいしくなります。乾燥させたサツマイモは、新聞紙に包んで、冷暗所で保存しましょう。まるで、冬眠するように、ゆっくりと休ませてあげると、長期間保存することができますよ。収穫したサツマイモは、焼き芋やスイートポテト、天ぷらなど、いろいろな料理で楽しんでくださいね!

家庭菜園で育てたサツマイモは、スーパーで売っているものとは一味違うおいしさ!自分で育てた野菜を食べる喜びは、何にも代えがたいものです。ぜひ、皆さんもサツマイモ作りに挑戦して、収穫の喜びを味わってみてください!

保存方法 保存期間
新聞紙に包んで冷暗所で保存 2〜3ヶ月
土の中に埋めて保存 3〜4ヶ月
  • 収穫したサツマイモは、傷つけないように注意しましょう。傷ついた部分から腐りやすくなります。
  • 保存する場所は、温度変化が少なく、湿度が低めの場所を選びましょう。

Final Thought

サツマイモの栽培は、少しの手間と愛情で、おいしい収穫の喜びを味わえる素敵な体験です。ぜひ、この記事を参考に、自分だけのサツマイモ作りに挑戦してみてください!きっと、土に触れ、植物の成長を見守る楽しさに夢中になるはずです。nippongardening.comでは、他にも様々な野菜の育て方や家庭菜園の情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

Related Articles

Back to top button