サツマイモの栽培時期|最適な時期と地域別・連作障害対策

サツマイモは、甘くてホクホクとした食感が人気の野菜です。家庭菜園でも栽培しやすい野菜ですが、栽培時期を間違えると収穫量が減ったり、品質が低下したりする恐れがあります。この記事では、サツマイモの栽培に適した時期や、地域別の栽培時期、植え付けから収穫までの期間、連作障害を防ぐための栽培時期の工夫などについて詳しく解説します。サツマイモの栽培を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

サツマイモの栽培時期|最適な時期と地域別・連作障害対策
サツマイモの栽培時期|最適な時期と地域別・連作障害対策

サツマイモ栽培に適した時期

温暖な気候が適している

サツマイモは、温暖な気候を好む野菜です。生育適温は25~30℃で、夜間でも15℃以上を保つ必要があります。そのため、日本では一般的に5~6月頃に植え付け、9~10月頃に収穫します。

地域によって異なる

ただし、地域によって気候が異なるため、栽培時期も異なります。例えば、北海道などの寒冷地では、植え付けを7月頃に行い、収穫を10月下旬~11月上旬に行います。一方、沖縄などの温暖地では、植え付けを4月頃に行い、収穫を8月下旬~9月上旬に行います。

地域 植え付け時期 収穫時期
北海道 7月頃 10月下旬~11月上旬
沖縄 4月頃 8月下旬~9月上旬

関連する記事:サツマイモの品種

関連する記事:サツマイモの植え付け

サツマイモ栽培に適した時期
サツマイモ栽培に適した時期

地域別の栽培時期

北海道・東北地方

北海道・東北地方は寒冷地のため、サツマイモの栽培時期が遅くなります。植え付けは7月頃、収穫は10月下旬~11月上旬に行います。寒さ対策として、マルチングやトンネル栽培を行うと良いでしょう。

関東・中部地方

関東・中部地方は温暖な気候のため、サツマイモの栽培時期が早くなります。植え付けは5~6月頃、収穫は9~10月頃に行います。ただし、標高の高い地域では、植え付けや収穫時期が遅くなることがあります。

地域 植え付け時期 収穫時期
北海道・東北地方 7月頃 10月下旬~11月上旬
関東・中部地方 5~6月頃 9~10月頃

近畿・中国・四国地方

近畿・中国・四国地方は温暖な気候のため、関東・中部地方とほぼ同じ時期にサツマイモを栽培できます。植え付けは5~6月頃、収穫は9~10月頃に行います。

九州・沖縄地方

九州・沖縄地方は温暖な気候のため、サツマイモの栽培時期が最も早くなります。植え付けは4月頃、収穫は8月下旬~9月上旬に行います。ただし、沖縄地方では、3月頃に植え付けを行うこともあります。

地域別の栽培時期
地域別の栽培時期

植え付けから収穫までの期間

サツマイモの植え付けから収穫までの期間は、品種や気候によって異なりますが、一般的に120~150日程度かかります。早い品種では100日程度で収穫できますが、遅い品種では180日程度かかることもあります。

植え付け時期が遅くなると、収穫時期も遅くなります。また、寒冷地では生育期間が短くなるため、早生品種を選ぶことが大切です。

品種 植え付け時期 収穫時期 生育期間
早生品種 5~6月頃 9月上旬~10月上旬頃 100~120日程度
中生品種 5~6月頃 10月上旬~11月上旬頃 120~150日程度
晩生品種 5~6月頃 11月上旬~12月上旬頃 150~180日程度

サツマイモの品種を選ぶときは、生育期間も考慮することが大切です。

植え付けから収穫までの期間
植え付けから収穫までの期間

連作障害を防ぐための栽培時期の工夫

サツマイモは連作障害を起こしやすい野菜です。連作障害とは、同じ作物を同じ場所に連続して栽培すると、土壌中の病原菌や害虫が増え、作物の生育が悪くなる現象です。サツマイモの連作障害を防ぐためには、3~4年ごとに栽培場所を移動させることが大切です。

また、サツマイモの後に別の作物を栽培する場合も、ナス科の野菜(トマト、ナス、ピーマンなど)を避けるようにしましょう。ナス科の野菜はサツマイモと同じ病害虫が発生しやすいため、連作障害のリスクが高くなります。

栽培年 作物
1年目 サツマイモ
2年目 非ナス科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、レタスなど)
3年目 非ナス科の野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんじんなど)
4年目 サツマイモ

連作障害を防ぐための栽培時期の工夫
連作障害を防ぐための栽培時期の工夫

最終的な考え

サツマイモの栽培時期は、地域や気候によって異なります。適した時期に栽培することで、収穫量を増やし、品質の良いサツマイモを収穫することができます。連作障害を防ぐためには、3~4年ごとに栽培場所を移動させることが大切です。サツマイモは家庭菜園でも比較的簡単に栽培できる野菜なので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。