里芋の育て方と収穫方法 | 家庭菜園初心者でも簡単

里芋は、日本をはじめとしたアジア各地で広く栽培されている野菜です。粘り気のある独特の食感とほのかな甘みが特徴で、煮物や揚げ物などさまざまな料理に使われます。家庭菜園でも比較的簡単に栽培できるため、初心者にもおすすめです。この記事では、サトイモの栽培方法について詳しく解説します。植え付けから収穫、保存方法まで、初心者でも簡単にできるコツをご紹介します。

里芋の育て方と収穫方法 | 家庭菜園初心者でも簡単
里芋の育て方と収穫方法 | 家庭菜園初心者でも簡単

サトイモの栽培方法

植え付け

サトイモの植え付け時期は、一般的に4月下旬から5月上旬です。植え付け前に、土壌に堆肥や腐葉土を混ぜ込んでよく耕しておきましょう。植え付けの深さは、種芋の大きさに応じて5~10cm程度が目安です。株間は30~40cm程度あけて植え付けましょう。植え付け時期と方法についてはこちら

水やりと追肥

サトイモは乾燥に弱いので、特に夏場は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。また、追肥は植え付け後1ヶ月後と収穫の1ヶ月前に、緩効性化成肥料を株元に施します。

植え付け時期 植え付け深度 株間
4月下旬~5月上旬 5~10cm 30~40cm
  • 植え付け前に土壌を良く耕す
  • 植え付け後はたっぷりと水を与える
  • 夏場は土の表面が乾いたら水を与える
  • 追肥は植え付け後1ヶ月後と収穫の1ヶ月前に行う
  • 水やりと追肥のコツはこちら

サトイモの栽培方法
サトイモの栽培方法

サトイモの育て方のコツ

サトイモを上手に育てるためには、いくつかのコツがあります。まず、植え付け前に土壌を良く耕し、堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。こうすることで、土壌の排水性と通気性が良くなり、サトイモの根がしっかりと張ることができます。

また、サトイモは乾燥に弱いので、特に夏場は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。ただし、過度な水やりは根腐れの原因になるので注意が必要です。追肥は植え付け後1ヶ月後と収穫の1ヶ月前に行いましょう。緩効性化成肥料を株元に施します。育て方のコツはこちら

時期 作業
植え付け前 土壌の耕起と堆肥の混入
夏場 土の表面が乾いたら水やり
植え付け後1ヶ月後 追肥(緩効性化成肥料)
収穫の1ヶ月前 追肥(緩効性化成肥料)
  • 土壌を良く耕す
  • 堆肥や腐葉土を混ぜ込む
  • 乾燥させない
  • 追肥は植え付け後1ヶ月後と収穫の1ヶ月前に行う
  • 育て方のコツはこちら

サトイモの育て方のコツ
サトイモの育て方のコツ

サトイモの収穫と保存方法

サトイモの収穫時期

サトイモの収穫時期は、一般的に9月下旬から10月上旬です。葉が枯れ始めたら収穫のサインです。収穫の際は、株元からスコップなどで掘り起こしましょう。収穫後は、すぐに土を落として風通しの良い場所で乾燥させます。収穫時期と方法についてはこちら

サトイモの保存方法

サトイモは、乾燥した風通しの良い場所で保存します。新聞紙などに包んで冷暗所で保存すると、1ヶ月程度保存することができます。また、冷凍保存も可能です。皮をむいて一口大に切り、ラップに包んで冷凍庫で保存します。冷凍したサトイモは、解凍せずにそのまま調理することができます。保存方法についてはこちら

収穫時期 保存方法
9月下旬~10月上旬 乾燥した風通しの良い場所で保存
新聞紙などに包んで冷暗所で保存
冷凍保存も可能
  • 葉が枯れ始めたら収穫
  • 株元からスコップなどで掘り起こす
  • 収穫後はすぐに土を落として乾燥させる
  • 乾燥した風通しの良い場所で保存
  • 保存方法についてはこちら

サトイモを使った料理

サトイモは、煮物や揚げ物などさまざまな料理に使われます。代表的な料理としては、煮物、コロッケ、田楽などがあります。サトイモの粘り気のある独特の食感が、料理にコクと旨味を与えます。

  • 煮物
  • コロッケ
  • 田楽

サトイモの収穫と保存方法
サトイモの収穫と保存方法

サトイモを使った料理

煮物

サトイモを使った料理の定番といえば、煮物です。サトイモのほのかな甘みと粘り気が、他の食材とよく合い、コクのある味わいに仕上がります。煮物には、サトイモの他に、こんにゃく、にんじん、ごぼうなどの野菜を入れるのが一般的です。また、豚肉や鶏肉などの肉類を加えてもおいしくいただけます。サトイモの煮物のレシピはこちら

コロッケ

サトイモを使った料理のもう一つの定番が、コロッケです。サトイモの粘り気がつなぎの役割を果たしてくれるので、じゃがいもを使ったコロッケよりもモチモチとした食感になります。コロッケには、サトイモの他に、玉ねぎ、ひき肉、パン粉などの材料を使用します。サクサクの衣と、ホクホクの芋の食感が絶妙な一品です。サトイモのコロッケのレシピはこちら

料理 材料 作り方
サトイモの煮物 サトイモ、こんにゃく、にんじん、ごぼう、豚肉 サトイモは皮をむいて一口大に切り、他の野菜も同様に切る。鍋にサトイモと他の野菜を入れてだし汁を加え、煮込む。豚肉を加える場合は、一緒に煮込む。
サトイモのコロッケ サトイモ、玉ねぎ、ひき肉、パン粉 サトイモは皮をむいて茹でてマッシュにする。玉ねぎはみじん切りにする。ひき肉は炒めておく。ボウルにサトイモ、玉ねぎ、ひき肉、パン粉を入れて混ぜ合わせる。成形して油で揚げる。

田楽

田楽とは、豆腐やこんにゃくなどの食材に味噌だれをかけて焼いた料理です。サトイモを使った田楽は、サトイモのホクホクとした食感と、香ばしい味噌だれの風味が絶妙にマッチします。田楽の味噌だれは、白味噌や赤味噌など、お好みの味噌を使って作ることができます。サトイモの田楽のレシピはこちら

サトイモを使った料理
サトイモを使った料理

最終的な考え

サトイモの栽培は、初心者でも簡単にできる家庭菜園にぴったりの野菜です。植え付けから収穫まで、この記事でご紹介したコツを参考にすれば、失敗なく美味しいサトイモを収穫することができます。ぜひ、家庭菜園でサトイモを育てて、その美味しさをご堪能ください。