シクラメン通販で失敗しない!種類や育て方、おすすめショップを一挙ご紹介

寒い季節に美しい花を咲かせるシクラメンは、冬の室内を華やかにしてくれる人気の植物です。 今回は、シクラメンの通販でお悩みの方に向けて、種類や育て方、楽しみ方まで詳しく解説します。 また、おすすめの通販ショップもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シクラメン通販で失敗しない!種類や育て方、おすすめショップを一挙ご紹介
シクラメン通販で失敗しない!種類や育て方、おすすめショップを一挙ご紹介

シクラメンの種類

シクラメンには、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 西洋シクラメン
  • 東洋シクラメン

西洋シクラメン

西洋シクラメンは、ヨーロッパ原産のシクラメンで、花が大きく華やかなのが特徴です。 花色は白、ピンク、赤、紫などさまざまあり、八重咲きやフリル咲きなど、さまざまな品種があります。 葉っぱは丸みを帯びたハート型で、葉脈がはっきりしています。

耐寒性が強く、冬でも屋外で育てることができます。 ただし、霜や強い風に当たると傷むことがあるので、注意が必要です。

東洋シクラメン

東洋シクラメンは、日本や中国原産のシクラメンで、花が小ぶりで可憐なのが特徴です。 花色は白、ピンク、紫などがあり、一重咲きが一般的です。 葉っぱは細長いハート型で、葉脈がそれほど目立ちません。

耐寒性が弱く、冬は室内で育てる必要があります。 また、湿気を好むので、乾燥させないように注意が必要です。

種類 特徴
西洋シクラメン 花が大きく華やか、耐寒性あり
東洋シクラメン 花が小ぶりで可憐、耐寒性なし

シクラメンの種類
シクラメンの種類

シクラメンの育て方

シクラメンは、比較的育てやすい植物ですが、いくつかのポイントを押さえることで、長く楽しむことができます。ここでは、シクラメンの育て方について、水やり、肥料、日光、温度、植え替えについて詳しく解説します。

水やり

シクラメンは、乾燥気味に育てるのがポイントです。水を与えすぎると根腐れを起こすことがあるので、土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。冬は休眠期なので、水やりはさらに控えめにします。

季節 水やりの頻度
春~秋 土の表面が乾いてからたっぷりと
土が完全に乾いてから

肥料

シクラメンの育て方で肥料を与えるときは、緩効性の液体肥料を月に1回程度与えましょう。肥料を与えすぎると葉っぱが茂りすぎて花が咲かなくなるので注意しましょう。

日光

シクラメンは、明るい日陰を好みます。直射日光に当てると葉焼けを起こすことがあるので注意しましょう。冬は室内の日当たりの良い場所で管理します。

温度

シクラメンは、10~15℃の涼しい環境を好みます。冬は室温を10℃以上に保ちましょう。夏は暑さに弱いため、風通しの良い日陰で管理します。

植え替え

シクラメンの植え替えは、毎年9~10月頃に行います。一回り大きな鉢に植え替え、新しい培養土を使用しましょう。植え替え後は、しばらくは水やりを控えめにします。

シクラメンの育て方
シクラメンの育て方

水やり

シクラメンは乾燥気味に育てるのがポイントです。水を与えすぎると根腐れを起こすことがあるので、土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。冬は休眠期なので、水やりはさらに控えめにします。

季節 水やりの頻度
春~秋 土の表面が乾いてからたっぷりと
土が完全に乾いてから

シクラメンの育て方で肥料を与えるときは、緩効性の液体肥料を月に1回程度与えましょう。肥料を与えすぎると葉っぱが茂りすぎて花が咲かなくなるので注意しましょう。

水の量

シクラメンに与える水の量は、鉢の大きさや季節によって異なります。一般的に、5号鉢で100ml~150ml、7号鉢で150ml~200mlの水を与えます。冬は水やりを控えめにし、5号鉢で50ml~100ml、7号鉢で100ml~150mlの水を与えます。

水の温度

シクラメンに与える水の温度は、常温が適しています。水道水はそのまま与えず、汲み置きして水温を調整してから与えましょう。

水の頻度

シクラメンの水やりの頻度は、季節や環境によって異なります。春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、冬は土が完全に乾いてから水を与えます。

シクラメンの土作りで用いる培養土は、水はけの良いものが適しています。水はけが悪いと根腐れを起こすことがあるので注意しましょう。

水やり
水やり

肥料

シクラメンの肥料は、緩効性液体肥料を月に1回程度与えます。肥料を与えすぎると葉っぱが茂りすぎて花が咲かなくなるので注意しましょう。

おすすめの肥料は、シクラメンの育て方で紹介している「ハイポネックス原液」です。この肥料は、窒素、リン酸、カリウムがバランス良く配合されており、シクラメンの生育に適しています。

種類 特徴
緩効性液体肥料 ゆっくりと効くので、肥料焼けを起こしにくい
ハイポネックス原液 窒素、リン酸、カリウムがバランス良く配合されている

肥料を与えるときは、水で薄めてから与えます。濃度が高すぎると根を傷めることがあるので注意しましょう。また、冬は休眠期なので、肥料を与える必要はありません。

肥料
肥料

日光

シクラメンは、明るい日陰を好みます。直射日光に当てると葉焼けを起こすことがあるので注意しましょう。冬は室内の日当たりの良い場所で管理します。

日当たりの良い場所で管理することで、花付きが良くなります。ただし、真夏の直射日光は強すぎるので、レースのカーテン越しなど、遮光して管理しましょう。

季節 置き場所
春~秋 明るい日陰
室内の日当たりの良い場所
真夏 レースのカーテン越しなど、遮光して管理する

日照不足を防ぐ

日照不足になると、花付きが悪くなったり、葉っぱが徒長したりします。日当たりの良い場所で管理できない場合は、人工照明を使って補光しましょう。

日光
日光

温度

シクラメンは、10~15℃の涼しい環境を好みます。冬は室温を10℃以上に保ちましょう。夏は暑さに弱いため、風通しの良い日陰で管理します。

季節 適温
春~秋 10~15℃
10℃以上
風通しの良い日陰

シクラメンの育て方で、温度管理が重要なのは、シクラメンの花付きに影響するからです。温度が低すぎると花芽がつきにくくなり、高すぎると花が咲いてもすぐにしおれてしまいます。

温度
温度

植え替え

シクラメンの植え替えは、毎年9~10月頃に行います。一回り大きな鉢に植え替え、新しい培養土を使用しましょう。植え替え後は、しばらくは水やりを控えめにします。

時期 作業内容
9~10月 一回り大きな鉢に植え替える
植え替え後 水やりを控えめに

植え替えのポイント

シクラメンの植え替えを行う際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 新しい培養土を使用する
  • 一回り大きな鉢に植え替える
  • 根を傷めないように注意する

植え替え後は、しばらくは水やりを控えめにしましょう。根が落ち着くまでは、土が乾いてからたっぷりと水を与えます。

植え替え後の管理

植え替え後は、以下のような管理を行いましょう。

  • 日当たりの良い場所で管理する
  • 適温(10~15℃)に保つ
  • 水やりは土が乾いてからたっぷりと
  • 肥料は緩効性液体肥料を月に1回程度与える

これらの管理を行うことで、シクラメンを元気に育てることができます。

植え替え
植え替え

シクラメンの楽しみ方

シクラメンは、花だけでなく葉っぱも楽しめる植物です。ここでは、シクラメンの楽しみ方についてご紹介します。

花の楽しみ方

シクラメンの花は、大きく華やかなものから小ぶりで可憐なものまでさまざまです。花色は白、ピンク、赤、紫などがあり、八重咲きやフリル咲きなど、さまざまな品種があります。

シクラメンの花が長持ちする秘訣は、以下の通りです。

  • 適温(10~15℃)で管理する
  • 水やりは土が乾いてからたっぷりと
  • 肥料は緩効性液体肥料を月に1回程度与える
  • 直射日光を避けて、明るい日陰で管理する

シクラメンの育て方に注意すれば、シクラメンの花を長く楽しむことができます。

葉っぱの楽しみ方

シクラメンの葉っぱも、花と同じくらい美しいです。葉っぱの形は丸みを帯びたハート型で、葉脈がはっきりしています。葉色は緑色や斑入りなどがあり、品種によってさまざまです。

シクラメンの葉っぱを楽しむコツは、以下の通りです。

  • 葉っぱに水がかからないように注意する
  • 乾燥気味に管理する
  • 適度に日光に当てる

シクラメンの植え替えの際に、新しい培養土を使用することで、葉っぱがより美しくなります。

種類 特徴
西洋シクラメン 花が大きく華やか、耐寒性あり
東洋シクラメン 花が小ぶりで可憐、耐寒性なし

シクラメンは、花だけでなく葉っぱも楽しめる植物です。ぜひ、シクラメンを育てて、その美しさをお楽しみください。

シクラメンの楽しみ方
シクラメンの楽しみ方

花を長く楽しむ

シクラメンの花を長く楽しむには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 適温(10~15℃)で管理する
  • 水やりは土が乾いてからたっぷりと
  • 肥料は緩効性液体肥料を月に1回程度与える
  • 直射日光を避けて、明るい日陰で管理する
ポイント 目的
適温で管理する 花が長持ちする
水やりを控えめに 根腐れを防ぐ
肥料を適量与える 花付きを良くする
直射日光を避ける 花焼けを防ぐ

これらのポイントを注意することで、シクラメンの花を長く楽しむことができます。

水やりのポイント

シクラメンの水やりは、土が乾いてからたっぷりと与えます。水を与えすぎると根腐れを起こすことがあるので注意しましょう。

  • 土が乾いてからたっぷりと水を与える
  • 水は株元にかけないようにする
  • 受け皿にたまった水は捨てる

冬は休眠期なので、水やりはさらに控えめにします。

肥料のポイント

シクラメンの肥料は、緩効性液体肥料を月に1回程度与えます。肥料を与えすぎると葉っぱが茂りすぎて花が咲かなくなるので注意しましょう。

  • 緩効性液体肥料を月に1回程度与える
  • 肥料は薄めてから与える
  • 冬は肥料を与えない

これらのポイントを注意することで、シクラメンの花を長く楽しむことができます。

葉っぱを楽しむ

シクラメンの葉っぱは、花と同じくらい美しいです。葉っぱの形は丸みを帯びたハート型で、葉脈がはっきりしています。葉色は緑色や斑入りなどがあり、品種によってさまざまです。

シクラメンの葉っぱを楽しむコツは、以下の通りです。

  • 葉っぱに水がかからないように注意する
  • 乾燥気味に管理する
  • 適度に日光に当てる

シクラメンの植え替えの際に、新しい培養土を使用することで、葉っぱがより美しくなります。

種類 特徴
西洋シクラメン 花が大きく華やか、耐寒性あり
東洋シクラメン 花が小ぶりで可憐、耐寒性なし

シクラメンは、花だけでなく葉っぱも楽しめる植物です。ぜひ、シクラメンを育てて、その美しさをお楽しみください。

葉っぱの斑入りを楽しむ

シクラメンの葉っぱには、斑入り品種があります。斑入りの葉っぱは、緑色に白やピンク、黄色などの斑が入った美しい葉っぱです。

シクラメンの斑入り品種を楽しむコツは、以下の通りです。

  • 斑入り品種を選ぶ
  • 適度に日光に当てる
  • 肥料を与えすぎない

斑入り品種は、日光に当てると斑がより鮮やかになります。ただし、直射日光に当てると葉焼けを起こすことがあるので注意しましょう。

シクラメンの植え替えの際に、新しい培養土を使用することで、斑入り品種の葉っぱがより美しくなります。

シクラメンの通販でおすすめのショップ

シクラメンの通販でお悩みの方必見!ここでは、シクラメンの通販でおすすめのショップをご紹介します。それぞれのショップの特徴や強みを比較して、自分にぴったりのショップを見つけてくださいね。

おすすめの通販ショップ

シクラメンの通販でおすすめのショップをいくつかご紹介します。

ショップ名 特徴
花ひろばオンライン 豊富な品種を取り揃えており、珍しいシクラメンも見つかる。
ガーデニングショップ花夢 大輪のシクラメンが人気で、毎年予約販売も行っている。
ガーデンガーデン 初心者向けのシクラメンセットや、寄せ植え用のシクラメンも販売している。

これらのショップは、いずれもシクラメンの栽培に精通しており、品質の良いシクラメンを提供しています。ぜひ、お気に入りのショップを見つけて、素敵なシクラメンをお迎えください。

注意点

シクラメンの通販を利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 到着日時の確認
  • 梱包状態の確認
  • 到着後の管理

シクラメンはデリケートな植物ですので、到着後はすぐに開封して状態を確認し、適切な管理を行いましょう。

さいごに

シクラメンは、種類が豊富で育て方も簡単なので、初心者の方にもおすすめの植物です。 ぜひ、お気に入りのシクラメンを見つけて、冬の室内を彩ってみてくださいね。 また、シクラメンの通販をご検討の方は、ぜひ今回ご紹介したショップをご利用ください。 きっと、素敵なシクラメンが見つかるはずです。