チンゲンサイの育て方|初心者でも簡単!家庭菜園のコツ

チンゲンサイは、栄養価が高く、クセのない味わいで人気の野菜です。家庭菜園でも簡単に栽培できます。この記事では、チンゲンサイの育て方について、種まきから収穫までのスケジュール、栽培のコツ、よくある質問まで、初心者でも簡単に理解できるように解説します。ぜひ、家庭菜園を始めて、新鮮なチンゲンサイを収穫してみませんか?

チンゲンサイの育て方|初心者でも簡単!家庭菜園のコツ
チンゲンサイの育て方|初心者でも簡単!家庭菜園のコツ

チンゲンサイの育て方

土づくり

チンゲンサイは、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。植え付けの2週間前に、堆肥や腐葉土を混ぜ込んで土づくりをしておきましょう。酸性土壌を嫌うので、石灰を混ぜてpHを6.0~6.5に調整することも大切です。

項目 適正値
pH 6.0~6.5

種まき

チンゲンサイの種まきは、3~4月と9~10月に行います。種は1cm間隔でまきます。覆土は軽く押さえる程度にします。発芽までは土を湿らせておきましょう。

双葉が出たら、混み合っているところを間引き、本葉が2~3枚になったら株間を5~10cmに調整します。

水やり

チンゲンサイは乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。特に夏場は水切れに注意しましょう。

  • 水やりの頻度:土の表面が乾いたら
  • 水やりの量:たっぷり

追肥

チンゲンサイは生育が旺盛なので、追肥を2~3回行います。1回目の追肥は本葉が4~5枚になった頃、2回目の追肥は葉が混み合ってきた頃、3回目の追肥は収穫の2週間前に行います。

追肥には液体肥料か緩効性化成肥料を使用します。チッ素分が不足すると葉が黄ばんでくるので、注意しましょう。

病害虫対策

チンゲンサイは比較的病害虫に強いですが、アブラムシやヨトウムシが発生することがあります。見つけ次第、駆除しましょう。

  • アブラムシ:葉の裏に発生する。薬剤散布で駆除する。
  • ヨトウムシ:夜間に葉を食べる。手で捕殺するか、薬剤散布で駆除する。

収穫

チンゲンサイは、外側の葉から順に収穫します。株元から包丁で切り取ります。収穫適期は、葉が15~20cmになった頃です。

収穫後は、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。鮮度が落ちやすいので、早めに食べましょう。

チンゲンサイの育て方
チンゲンサイの育て方

種まきから収穫までのスケジュール

種まき

チンゲンサイの種まきは、3~4月と9~10月に行います。種は1cm間隔でまきます。覆土は軽く押さえる程度にします。発芽までは土を湿らせておきましょう。

双葉が出たら、混み合っているところを間引き、本葉が2~3枚になったら株間を5~10cmに調整します。

定植

本葉が4~5枚になったら、定植します。株間は20~30cm、株元を軽く抑えて植え付けます。植え付け後はたっぷりと水やりをします。

作業
3~4月 種まき
本葉2~3枚 間引き
本葉4~5枚 定植

追肥

チンゲンサイは生育が旺盛なので、追肥を2~3回行います。1回目の追肥は本葉が4~5枚になった頃、2回目の追肥は葉が混み合ってきた頃、3回目の追肥は収穫の2週間前に行います。

追肥には液体肥料か緩効性化成肥料を使用します。チッ素分が不足すると葉が黄ばんでくるので、注意しましょう。

収穫

チンゲンサイは、外側の葉から順に収穫します。株元から包丁で切り取ります。収穫適期は、葉が15~20cmになった頃です。

収穫後は、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。鮮度が落ちやすいので、早めに食べましょう。

種まきから収穫までのスケジュール
種まきから収穫までのスケジュール

チンゲンサイの栽培のコツ

チンゲンサイを上手に栽培するには、いくつかのコツがあります。まず、水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。特に夏場は水切れに注意が必要です。また、追肥は生育に合わせて2~3回行いましょう。1回目の追肥は本葉が4~5枚になった頃、2回目の追肥は葉が混み合ってきた頃、3回目の追肥は収穫の2週間前に行います。追肥には液体肥料か緩効性化成肥料を使用します。

さらに、病害虫対策も重要です。チンゲンサイは比較的病害虫に強いですが、アブラムシやヨトウムシが発生することがあります。見つけ次第、駆除しましょう。アブラムシは葉の裏に発生するので、薬剤散布で駆除します。ヨトウムシは夜間に葉を食べるので、手で捕殺するか、薬剤散布で駆除します。

項目 適正値
pH 6.0~6.5

チンゲンサイの栽培のコツ
チンゲンサイの栽培のコツ

よくある質問

チンゲンサイを育てるのに適した土壌は?

チンゲンサイは、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。植え付けの2週間前に、堆肥や腐葉土を混ぜ込んで土づくりをしておきましょう。酸性土壌を嫌うので、石灰を混ぜてpHを6.0~6.5に調整することも大切です。

項目 適正値
pH 6.0~6.5

チンゲンサイの追肥はいつ行うべきですか?

チンゲンサイは生育が旺盛なので、追肥を2~3回行います。1回目の追肥は本葉が4~5枚になった頃、2回目の追肥は葉が混み合ってきた頃、3回目の追肥は収穫の2週間前に行います。追肥には液体肥料か緩効性化成肥料を使用します。チッ素分が不足すると葉が黄ばんでくるので、注意しましょう。肥料の種類について詳しくはこちら

チンゲンサイに発生しやすい害虫は?

チンゲンサイは比較的病害虫に強いですが、アブラムシやヨトウムシが発生することがあります。見つけ次第、駆除しましょう。アブラムシは葉の裏に発生するので、薬剤散布で駆除します。ヨトウムシは夜間に葉を食べるので、手で捕殺するか、薬剤散布で駆除します。害虫駆除の方法について詳しくはこちら

  • アブラムシ
  • ヨトウムシ

よくある質問
よくある質問

まとめ

チンゲンサイの育て方は、種まきから収穫まで、初心者でも簡単にマスターできます。適切な時期に種をまき、水やりや追肥を適切に行うことで、新鮮で栄養価の高いチンゲンサイを収穫できます。家庭菜園を始める方にもおすすめの野菜です。ぜひ、この記事を参考に、チンゲンサイ栽培に挑戦してみてくださいね。