トマト 栽培 夏

夏は太陽の光をたっぷり浴びて、美味しいトマトを育てる絶好の季節です!🍅 nippongardening.comでは、初心者の方でも簡単にトマト栽培を楽しめるよう、夏のトマト栽培の基本的な手順を分かりやすくご紹介します。準備から収穫まで、一緒に美味しいトマトを育てましょう!

作業 ポイント
畑作り 植え付けの2週間以上前に苦土石灰と堆肥、化成肥料を施す
植え付け 株間を適切にとり、深植えしない
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと
誘引 茎が太る余裕を残して8の字に結ぶ
摘芯 収穫目標の段数まで達したら花房の上の葉を2、3枚残して摘み取る
芽かき 各節から出てくるわき芽は早めに手でかき取る
追肥 第1花房の実が太り始めたら2週間ごとに施す
収穫 開花後40日程度が目安

夏のトマト栽培:準備と植え付け

夏のトマト栽培、楽しみだね!まずは畑の準備から始めよう。トマトは栄養をたくさん必要とするから、植え付けの2週間以上前に苦土石灰と堆肥を混ぜて、土をふっくらさせておくことが大切なんだ。まるでトマトが寝るふかふかのベッドを作るような感じかな?

そして、1週間前になったら化成肥料も混ぜて、栄養満点の土を作っておこう。トマトは連作を嫌うから、ナスやピーマンなど同じナス科の野菜を育てていた場所は避けようね。もし、場所が限られている場合は、夏の野菜の育て方ページも参考にして、別の野菜を育ててみるのもいいかも!

材料 量 (1㎡あたり) 時期
苦土石灰 150g程度 植え付けの2週間以上前
完熟堆肥 3~4kg 植え付けの1週間前
化成肥料 50g程度 植え付けの1週間前

トマトの苗は、第一花房(一番下の段)に花が咲いてきたら植え付けの適期だよ。苗を植えるときは、深植えにならないように注意してね。トマトは太陽が大好きだから、日当たりの良い場所に植えてあげよう。鉢植えの場合は、直径30cm以上の鉢に1株、地植えの場合は株間を約50cm取って植え付けよう。

夏のトマト栽培:水やりと誘引

苗を植えたら、たっぷりとお水をあげよう。まるで喉がカラカラのトマトに、冷たいジュースを飲ませてあげるような感じだね!でも、その後は土の表面が乾いてから水やりをするようにしよう。水のあげすぎはトマトが苦手なんだ。特に梅雨の時期は雨が多いから、水やりは控えめにね。

鉢植えの場合は、鉢底から流れ出るまでたっぷりとお水をあげよう。地植えの場合は、土がカラカラに乾いていたら水やりをする程度で大丈夫だよ。トマトは乾燥に強い植物なんだ。だから、水をあげすぎると根っこが腐ってしまうことがあるから気を付けてね。

トマトの誘引

トマトの茎はどんどん伸びていくから、支柱を立てて誘引してあげよう。支柱は、まるでトマトの背骨のような役割をするんだ。支柱がないと、トマトは重みで倒れてしまうかもしれないからね。

誘引するときは、茎が太くなることを考えて、紐で8の字に結んであげよう。きつく縛りすぎると、トマトが苦しくなってしまうから注意してね。トマトがぐんぐん成長していく様子を見るのは、とっても楽しいよ!

夏のトマト栽培:摘芯と芽かき

トマトがぐんぐん成長してくると、葉っぱの付け根から小さな芽が出てくるよね。これが「わき芽」だよ。わき芽は放っておくとどんどん大きくなって、栄養を横取りしてしまうんだ。そうすると、肝心のトマトの実が大きくならなくなってしまうから、早めに手でかき取ってあげよう。まるでトマトの髪の毛をカットして、スッキリさせてあげるような感じかな?

また、トマトが収穫目標の高さまで伸びてきたら、一番上の花房の上の葉を2、3枚残して摘み取ろう。これを「摘芯」というんだ。摘芯することで、トマトの栄養が実の方に集中するようになるんだよ。摘芯は、まるでトマトの頭をなでて、「もうこれ以上背を伸ばさなくていいよ」と教えてあげるようなものだね。

夏のトマト栽培:追肥と収穫

トマトがどんどん大きくなってくると、お腹が空いてくるよね。そんなときは、肥料をあげて栄養補給してあげよう!肥料は、まるでトマトの元気の素のようなものなんだ。肥料をあげることで、トマトは実をたくさんつけてくれるよ。

肥料は、一番下の段の実が太り始めたら、2週間ごとにあげるようにしよう。鉢植えの場合は、鉢の縁に化成肥料をパラパラと撒いてあげよう。地植えの場合は、畝に化成肥料を撒いて、軽く土寄せしてあげよう。土寄せは、まるでトマトの根っこに布団をかけてあげるようなものなんだ。土寄せすることで、根っこがしっかり張って、トマトが元気に育つよ。

  • 鉢植え:化成肥料20gを鉢の縁に施す
  • 地植え:化成肥料を1握り(約50g)を畝に播いて軽く土寄せ

そして、いよいよ収穫の時!開花から40日程度経つと、トマトが赤く色づいてくるよ。まるで太陽の光をたくさん浴びて、トマトが赤く染まったみたいだね!収穫するときは、ヘタの部分をハサミで切って収穫しよう。自分で育てたトマトの味は格別だよ!

トマトは、サラダやパスタ、スープなど、いろんな料理に使える万能野菜だよ。完熟のトマトはそのまま食べても美味しいし、少し青いうちに収穫したトマトは、ピクルスにすると長持ちするよ。ぜひ、自分で育てたトマトで、いろんな料理に挑戦してみてね!

Final Thought

夏のトマト栽培は少し手間がかかりますが、自分で育てたトマトの味は格別です!太陽の光をたっぷり浴びたトマトは、甘くてジューシーで、市販のものとは比べ物になりません。この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。