トマト | 栄養価、選び方、保存方法、料理

トマトはナス科の野菜で、世界中で広く栽培されています。トマトは栄養価が高く、さまざまな料理に使えます。この記事では、トマトの栄養価、選び方、保存方法、トマトを使った料理について詳しく説明します。ぜひ参考にして、トマトを上手に活用してください。

トマト | 栄養価、選び方、保存方法、料理
トマト | 栄養価、選び方、保存方法、料理

トマトの栄養価

トマトに含まれる栄養素

トマトには、ビタミンC、カリウム、リコピンなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは免疫力を高め、カリウムは血圧を下げる働きがあります。リコピンは抗酸化作用があり、がんや心臓病のリスクを減らす効果が期待されています。

トマトの栄養成分表
栄養素 含有量(100gあたり)
エネルギー 18kcal
タンパク質 0.9g
脂質 0.2g
炭水化物 3.9g
食物繊維 1.2g
ビタミンC 24mg
カリウム 290mg
リコピン 2.6mg

トマトの栄養価をアップさせる調理法

トマトの栄養価をアップさせるには、加熱調理がおすすめです。加熱することでリコピンの吸収率が高まります。また、オリーブオイルと一緒に調理すると、リコピンの吸収率がさらにアップします。

トマトの栄養価
トマトの栄養価

トマトの選び方

美味しいトマトを選ぶには、いくつかのポイントがあります。まず、色は赤く、ツヤのあるものを選びましょう。ヘタの部分が緑色で、ハリがあることも重要です。また、触ったときに少し柔らかく、ずっしりとしたものを選びましょう。逆に、青っぽかったり、しわがあったり、触ったときに硬いものは避けたほうがよいでしょう。

トマトの選び方チェックポイント
ポイント チェック方法
赤く、ツヤがある
ヘタ 緑色で、ハリがある
感触 少し柔らかく、ずっしりとしている

トマトの選び方
トマトの選び方

トマトの保存方法

常温保存

トマトは常温で保存できます。ただし、直射日光や高温多湿を避けて、風通しの良い場所で保存してください。常温保存した場合の保存期間は、約1週間です。

冷蔵庫保存

トマトは冷蔵庫でも保存できます。冷蔵庫で保存した場合の保存期間は、約2週間です。ただし、冷蔵庫で保存すると、トマトの風味が損なわれることがあります。

トマトの保存方法
保存方法 保存期間 注意点
常温保存 約1週間 直射日光や高温多湿を避ける
冷蔵庫保存 約2週間 風味が損なわれることがある

トマトの保存方法
トマトの保存方法

トマトを使った料理

トマトサラダ

トマトサラダは、トマトを使った最もシンプルな料理の一つです。トマトをスライスして、オリーブオイル、塩、胡椒で味付けするだけです。お好みで、玉ねぎ、きゅうり、パプリカなどの他の野菜を加えてもよいでしょう。

トマトサラダの材料
材料 分量
トマト 2個
オリーブオイル 大さじ1
小さじ1/2
胡椒 少々

トマトスープ

トマトスープは、トマトを使った定番料理の一つです。トマトを煮込んでピューレにし、ブイヨンや水で伸ばして作ります。お好みで、玉ねぎ、にんにく、セロリなどの他の野菜を加えてもよいでしょう。

トマトスープは、寒い日にぴったりの温かい料理です。

トマトパスタ

トマトパスタは、トマトを使った最もポピュラーな料理の一つです。トマトソースをパスタに絡めて作ります。トマトソースは、トマトを煮込んでピューレにし、オリーブオイル、にんにく、玉ねぎなどで味付けします。

  • トマトパスタは、子供から大人まで楽しめる料理です。
  • トマトパスタは、簡単に作れるので、忙しい主婦の味方です。
  • トマトパスタは、アレンジが効くので、自分の好みの味に仕上げることができます。
  • トマトを使った料理
    トマトを使った料理

    最終的な考え

    トマトは栄養価が高く、さまざまな料理に使えます。トマトを上手に活用して、健康的な食生活を送りましょう。トマトに関する疑問や質問があれば、お気軽に nippongardening.com までお問い合わせください。