ドラセナ種類38選!初心者にも育てやすい品種や大きくならない品種も紹介!【画像付き】

ドラセナは、リュウゼツラン科に属する常緑低木または低木のグループです。世界中の熱帯・亜熱帯地域に約40種が自生しています。その美しい葉の色や形から、観葉植物として人気があります。このウェブサイトでは、ドラセナのさまざまな種類と、それぞれの特徴、育て方などを解説します。ドラセナについてもっと知りたい方は、ぜひ「Nippongardening.com」をご覧ください。

ドラセナ種類38選!初心者にも育てやすい品種や大きくならない品種も紹介!【画像付き】
ドラセナ種類38選!初心者にも育てやすい品種や大きくならない品種も紹介!【画像付き】

種類 画像 特徴
ドラセナ・マッサンゲアナ 葉に黄色の斑が入る
ドラセナ・フレグランス 葉に緑色の斑が入る
ドラセナ・サンデリアーナ 葉が細長く、先端が尖る
ドラセナ・コンシンネ 葉が幅広く、縁が波打つ
ドラセナ・レフレクサ 葉が細長く、先端が垂れ下がる

I. ドラセナの種類と画像

ドラセナの種類

ドラセナは、リュウゼツラン科の常緑低木または高木です。原産地はアフリカ、マダガスカル、アジアの熱帯・亜熱帯地域で、世界中に約40種類が分布しています。葉の形や大きさは種類によって異なりますが、一般的に細長く、先端が尖っています。葉色は緑色、黄色、白色、赤色などがあり、斑が入るものもあります。

ドラセナの画像

ドラセナの種類と画像を以下に示します。

種類 画像 特徴
ドラセナ・マッサンゲアナ 葉に黄色の斑が入る
ドラセナ・フレグランス 葉に緑色の斑が入る
ドラセナ・サンデリアーナ 葉が細長く、先端が尖る
ドラセナ・コンシンネ 葉が幅広く、縁が波打つ
ドラセナ・レフレクサ 葉が細長く、先端が垂れ下がる

ドラセナの育て方については、別の記事で詳しく説明しています。

ドラセナの種類

ドラセナ・マッサンゲアナ

ドラセナ・マッサンゲアナは、葉に黄色の斑が入るのが特徴のドラセナです。耐陰性があり、初心者でも育てやすい品種です。ドラセナの種類と育て方

ドラセナ・フレグランス

ドラセナ・フレグランスは、葉に緑色の斑が入るのが特徴のドラセナです。耐陰性があり、初心者でも育てやすい品種です。ドラセナの種類と育て方

ドラセナ・サンデリアーナ

ドラセナ・サンデリアーナは、葉が細長く、先端が尖るのが特徴のドラセナです。耐陰性があり、初心者でも育てやすい品種です。ドラセナの種類と育て方

ドラセナ・コンシンネ

ドラセナ・コンシンネは、葉が幅広く、縁が波打つのが特徴のドラセナです。耐陰性があり、初心者でも育てやすい品種です。ドラセナの種類と育て方

ドラセナ・レフレクサ

ドラセナ・レフレクサは、葉が細長く、先端が垂れ下がるのが特徴のドラセナです。耐陰性があり、初心者でも育てやすい品種です。ドラセナの種類と育て方

種類 画像 特徴
ドラセナ・マッサンゲアナ 葉に黄色の斑が入る
ドラセナ・フレグランス 葉に緑色の斑が入る
ドラセナ・サンデリアーナ 葉が細長く、先端が尖る
ドラセナ・コンシンネ 葉が幅広く、縁が波打つ
ドラセナ・レフレクサ 葉が細長く、先端が垂れ下がる

ドラセナの種類
ドラセナの種類

II. ドラセナの画像

ドラセナには、さまざまな種類があり、それぞれに特徴的な葉の形や色をしています。ここでは、代表的なドラセナの種類とその画像をご紹介します。

種類 画像 特徴
ドラセナ・マッサンゲアナ 葉に黄色の斑が入る
ドラセナ・フレグランス 葉に緑色の斑が入る
ドラセナ・サンデリアーナ 葉が細長く、先端が尖る
ドラセナ・コンシンネ 葉が幅広く、縁が波打つ
ドラセナ・レフレクサ 葉が細長く、先端が垂れ下がる

ドラセナは、観葉植物として人気があり、室内を明るく華やかに彩ってくれます。また、空気清浄効果もあると言われています。ぜひ、お気に入りのドラセナを見つけて、お部屋に飾ってみてください。

ドラセナの画像
ドラセナの画像

III. ドラセナの育て方

ドラセナは、耐陰性や耐寒性があり、初心者でも育てやすい観葉植物。原産地の熱帯や亜熱帯地方では、一年中屋外の半日蔭で育ちますが、日本では屋内での観葉植物として栽培されます。

耐陰性があるので、室内でも窓際などの明るい日陰ならば元気に育ちます。ただし、長時間直射日光に当てると葉焼けを起こすことがあるので、カーテンなどで遮光をしてあげましょう。耐寒性はそれほど強くありませんが、5度以上あれば屋外でも冬越しが可能です。

育てやすさ 耐陰性 耐寒性
簡単

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。過剰に水を与えると根腐れの原因になるので注意が必要です。また、定期的に葉っぱに霧吹きなどで水をかけてあげましょう。こうすることで、葉っぱが乾燥することなく、ツヤツヤとした状態を保つことができます。

肥料は、生育期の春から秋にかけて緩効性肥料を与えましょう。肥料を与え過ぎると根を傷めてしまうことがあるので、決められた量を守りましょう。植え替えは、根詰まりを起こすようになったら行いましょう。

ドラセナの育て方
ドラセナの育て方

IV. 結論

ドラセナは、観葉植物として人気のある植物です。さまざまな種類があり、それぞれに独特の魅力があります。この種類ごとに紹介してきましたが、最終的にはどの種類を選ぶかはあなた次第です。あなたの好みに合ったドラセナを見つけて、素敵なお部屋づくりをしてくださいね。