ネギの育て方 | 家庭菜園やベランダ栽培で楽しむコツ

ネギは、日本料理に欠かせない野菜のひとつです。薬味としてだけでなく、煮物や炒め物など、さまざまな料理に使われています。家庭菜園やベランダ栽培でも簡単に育てることができます。この記事では、ネギの育て方について、土の準備から収穫までを詳しく解説します。初心者でも簡単に育てられるコツやポイントを紹介します。ぜひ参考にして、新鮮で美味しいネギを育ててみませんか?

ネギの育て方 | 家庭菜園やベランダ栽培で楽しむコツ
ネギの育て方 | 家庭菜園やベランダ栽培で楽しむコツ

ネギの育て方

土の準備

ネギは水はけの良い土壌を好みます。事前に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、土壌を改良しておきましょう。畝幅は60~90cm、畝高は10~15cm程度に整えます。ネギは連作障害が出やすいので、毎年同じ場所で栽培しないように注意しましょう。

種まき

ネギの種まきは、3~4月頃に行います。種を1cm間隔でまいたら、軽く土をかぶせて鎮圧します。発芽までは土を湿らせておきましょう。本葉が2~3枚になったら、混み合っているところ間引きます。

種まきの時期 発芽までの日数 間引きの時期
3~4月頃 7~10日 本葉が2~3枚になったら

苗の管理

本葉が5~6枚になったら、苗を畑に移し替えます。株間は10~15cm程度にしましょう。植え付け後はたっぷり水やりをして、活着を促します。苗が活着するまでは、乾燥させないように注意しましょう。

ネギは追肥を好む野菜です。1ヶ月に1回程度、液肥を与えます。また、土寄せを行うことで、倒伏防止と根の張りを促進できます。

ネギの育て方
ネギの育て方

土の準備

ネギは水はけの良い土壌を好みます。事前に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、土壌を改良しておきましょう。畝幅は60~90cm、畝高は10~15cm程度に整えます。ネギは連作障害が出やすいので、毎年同じ場所で栽培しないように注意しましょう。

作業 時期 方法
土壌改良 ネギを植える前 腐葉土や堆肥を混ぜ込む
畝立て ネギを植える前 畝幅60~90cm、畝高10~15cmに整える

土の準備
土の準備

種まき

ネギの種まきは、3~4月頃に行います。種を1cm間隔でまいたら、軽く土をかぶせて鎮圧します。発芽までは土を湿らせておきましょう。本葉が2~3枚になったら、混み合っているところ間引きます。

種まきの時期 発芽までの日数 間引きの時期
3~4月頃 7~10日 本葉が2~3枚になったら

ネギは連作障害が出やすい野菜なので、毎年同じ場所で栽培しないように注意しましょう。連作障害を防ぐには、ネギを育てた後は別の種類の野菜を植えるようにしましょう。詳しい連作障害の対策については、連作障害を防ぐ方法の記事をご覧ください。

種まき
種まき

苗の管理

本葉が5~6枚になったら、苗を畑に移し替えます。株間は10~15cm程度にしましょう。植え付け後はたっぷり水やりをして、活着を促します。苗が活着するまでは、乾燥させないように注意しましょう。

ネギは追肥を好む野菜です。1ヶ月に1回程度、液肥を与えます。また、土寄せを行うことで、倒伏防止と根の張りを促進できます。

作業 時期 方法
追肥 1ヶ月に1回程度 液肥を与える
土寄せ ネギが活着してから ネギの周りに土を寄せる

苗の管理
苗の管理

定植

本葉が5~6枚になったら、苗を畑に移し替えます。株間は10~15cm程度にしましょう。植え付け後はたっぷり水やりをして、活着を促します。苗が活着するまでは、乾燥させないように注意しましょう。

ネギは連作障害が出やすい野菜なので、毎年同じ場所で栽培しないように注意しましょう。連作障害を防ぐには、ネギを育てた後は別の種類の野菜を植えるようにしましょう。詳しい連作障害の対策については、連作障害を防ぐ方法の記事をご覧ください。

作業 時期 方法
定植 本葉が5~6枚になったら 株間10~15cmで畑に移し替える
水やり 植え付け後 たっぷり水やりをする

定植
定植

追肥と水やり

ネギは追肥を好む野菜です。1ヶ月に1回程度、液肥を与えます。液肥を与えるときは、根元に直接かけないように注意しましょう。葉にかかると病気になることがあります。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。特に夏場は乾燥しやすいので、注意しましょう。ただし、過湿は根腐れの原因になるので、水やりは控えめにしましょう。

作業 時期 方法
追肥 1ヶ月に1回程度 液肥を与える
水やり 土の表面が乾いたら たっぷりと与える

追肥と水やり
追肥と水やり

収穫

収穫時期

ネギの収穫時期は、品種や栽培方法によって異なりますが、一般的に種まきから100~120日後頃です。葉が倒れてきたら収穫のサインです。

収穫方法

ネギの収穫方法は、株元から引き抜くか、鎌などで切り取ります。引き抜く場合は、葉を傷つけないように注意しましょう。切り取る場合は、根を残さないように切りましょう。

収穫方法 時期 方法
引き抜き 収穫時期になったら 株元から引き抜く
切り取り 収穫時期になったら 鎌などで切り取る

保存方法

ネギは、新聞紙などに包んで冷蔵庫で保存します。1週間程度保存できます。

収穫
収穫

おわりに

ネギの育て方はいかがでしたか?コツをつかめば、初心者でも簡単に育てることができます。家庭菜園やベランダ栽培で、新鮮で美味しいネギを収穫する喜びを味わってみてください。また、ネギは連作障害が出やすい野菜なので、毎年同じ場所で栽培しないように注意しましょう。ネギを育てた後は、別の種類の野菜を植えるようにしてください。