Japan

絶対失敗しない!ネギ 作り方 完全ガイド

シャキシャキとした食感と独特の風味が魅力のネギ。薬味としてだけでなく、炒め物や鍋物など、様々な料理に活躍する万能野菜ですよね。実は、ネギは家庭菜園でも簡単に育てることができるんです!この記事では、ネギの作り方を初心者にもわかりやすく解説します。種まきから収穫まで、栽培スケジュールやポイントを写真付きで紹介しますので、ぜひ参考にして、美味しいネギを自分で育ててみてください!

項目 詳細
品種 根深ネギ、葉ネギなど、用途や地域に合わせて選ぶ
種まき時期 春まき(3~4月)または夏まき(8~9月)
植え付け時期 苗が15cm程度になったら
土寄せ 数回に分けて行い、白い部分を長くする
収穫時期 葉ネギは50~60日後、根深ネギは冬

ネギの品種選びと栽培スケジュール

ネギを育てるぞ!と意気込んでも、まずはどのネギを育てるか決めなきゃね。大きく分けると、白い部分が長い「根深ネギ」と、葉っぱの部分を食べる「葉ネギ」の2種類があるんだ。根深ネギは鍋物に、葉ネギは薬味にぴったり!住んでいる地域や、どんな料理に使いたいかで選んでみよう。栽培スケジュールは、春に種をまいて冬に収穫する「春まき」と、夏に種をまいて秋から冬に収穫する「夏まき」の2パターンがあるよ。初心者さんは、春まきの方が育てやすいからオススメ!

ネギの品種選びは、まるで宝探しみたい!スーパーで見かけるネギ以外にも、いろんな種類があるんだ。例えば、葉っぱが柔らかくて甘みが強い「九条ネギ」や、白い部分が長くてシャキシャキとした食感の「下仁田ネギ」など、個性豊かなネギがたくさん!自分の好みに合わせて、お気に入りのネギを見つけてみてね。栽培スケジュールは、地域によっても少しずつ変わるから、種袋の裏や園芸店の人に聞いてみるのもいいかも。ネギ栽培の冒険、一緒にスタートしよう!

  • 根深ネギ
  • 葉ネギ

ネギの種まきと苗作り: 元気なスタートダッシュ!

ネギの種まきは、春まきなら3~4月、夏まきなら8~9月が適期だよ。プランターや育苗箱に、野菜用の培養土を入れて、種をパラパラとまこう。覆土は薄く、3mmくらいでいいよ。種まきが終わったら、お水をたっぷりあげて、土を湿らせておこう。発芽までは乾燥させないように注意が必要だよ。発芽したら、元気な苗だけを残して間引きしよう。まるで運動会の徒競走みたいだね!

ネギの苗は、日当たりの良い場所で育てよう。お水は土が乾いたらたっぷりあげるけど、あげすぎると根っこが腐っちゃうから気を付けてね。肥料は、苗が10cmくらいになったら、液体肥料を2週間に1回くらいあげると良いよ。元気いっぱいに育った苗は、まるで運動会の選手みたい!

  • 野菜の土作り
  • プランターの選び方
  • 肥料の選び方

ネギの植え付けと土寄せ: スッキリとした白いネギに

苗が15cmくらいになったら、いよいよ畑やプランターに植え付けだよ!根深ネギは、深さ20cmくらいの溝を掘って、苗を斜めに立てかけるようにして植えよう。葉ネギは、株間を10cmくらい空けて植え付ければOK!ネギは、土寄せをすることで白い部分が長くなるんだ。土寄せは、ネギが倒れないように支えながら、少しずつ土をかけていく作業だよ。まるでネギに布団をかけてあげるみたいだね!

土寄せは、1回でたくさんやらずに、2~3回に分けて行うのがポイントだよ。1回目の土寄せは、植え付けから1ヶ月後くらいに行うといいよ。2回目以降は、ネギが成長するごとに、土寄せの量を増やしていこう。土寄せをすると、ネギの白い部分がどんどん長くなっていくよ。まるで魔法みたいだね!

  • プランターの選び方
  • 肥料の選び方

土寄せをするときは、ネギの株元に土を寄せるようにして、葉っぱの部分は出しておくようにしよう。土寄せをすると、ネギが倒れにくくなるし、雑草が生えにくくなるというメリットもあるんだよ。土寄せは、ネギを育てる上でとても大切な作業だから、頑張って挑戦してみてね!

ネギの白い部分は、日光に当たると緑色になってしまうんだ。だから、土寄せをして日光を遮ることで、白い部分を守っているんだよ。土寄せは、ネギにとって日焼け止めみたいなものだね!

回数 時期
1回目 植え付けから1ヶ月後 少量
2回目 1回目から2~3週間後 1回目より多め
3回目以降 ネギの成長に合わせて 2回目より多め

ネギの収穫と保存: 採れたての風味をキープ

長い間、大切に育ててきたネギ、いよいよ収穫の時が来たね!葉ネギは、草丈が50cmくらいになったら、根元から引き抜いて収穫しよう。根深ネギは、葉っぱが倒れてきたら収穫のサイン。株元をスコップで掘り起こして、土の中から引き抜こう。収穫したネギは、まるで宝物を掘り当てたような気分になるね!

収穫したネギは、新鮮なうちに食べるのが一番美味しいけど、たくさん採れた時は保存もできるよ。葉ネギは、湿らせた新聞紙に包んで冷蔵庫で保存すれば、1週間くらいは新鮮さを保てるよ。根深ネギは、土に埋めて保存する方法もあるんだ。まるでネギを土の中のお布団で寝かせてあげるみたいだね!

新鮮なネギの見分け方

スーパーでネギを買う時、新鮮なネギを選ぶにはどうしたらいいのかな?葉っぱがピンと張っていて、緑色が濃いものを選ぼう。葉先が枯れていたり、黄色くなっているものは、鮮度が落ちている証拠だよ。白い部分も、ハリがあってツヤツヤしているものを選んでね。新鮮なネギは、まるで元気いっぱいの子供みたいだね!

ネギは、白い部分と緑色の部分で栄養が少し違うんだ。白い部分は、ビタミンCやカリウムが豊富で、風邪予防や疲労回復に効果があるよ。緑色の部分は、β-カロテンやビタミンKが豊富で、目の健康や骨を丈夫にする効果があるんだ。ネギは、まるで栄養の宝箱みたいだね!

部分 栄養 効果
白い部分 ビタミンC、カリウム 風邪予防、疲労回復
緑色の部分 β-カロテン、ビタミンK 目の健康、骨を丈夫にする

ネギの保存方法

収穫したネギは、できるだけ早く食べることが大切だけど、保存することもできるよ。葉ネギは、湿らせた新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存すれば、1週間くらいは鮮度を保てるよ。根深ネギは、土に埋めて保存する方法がオススメ!

土に埋めて保存する場合は、ネギを掘り起こした時と同じくらいの深さの穴を掘って、ネギを立てて埋めよう。土は、ネギが隠れるくらいまでかければOK!まるでネギを土の中のお布団で寝かせてあげるみたいだね!

  • 野菜の土作り
  • プランターの選び方

Final Thought

ネギの作り方、いかがでしたか?少し手間はかかりますが、自分で育てたネギは格別のおいしさです。この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

Related Articles

Back to top button