ハンギングリースの作り方・飾り方・お手入れ方法を徹底解説!

ハンギングリースは、玄関やベランダを彩る素敵なインテリアアイテムです。季節ごとに飾りを変えて楽しむこともできます。今回は、ハンギングリースの作り方と飾り方、お手入れ方法を詳しくご紹介します。初心者の方でも簡単に作れるコツや、季節ごとの飾り付けアイデアもご案内します。ぜひ、お好みのハンギングリースを作って、お家の雰囲気を変えてみませんか。

ハンギングリースの作り方・飾り方・お手入れ方法を徹底解説!
ハンギングリースの作り方・飾り方・お手入れ方法を徹底解説!

材料の準備

ハンギングリースを作るには、まず材料を集める必要があります。必要な材料は、以下の通りです。

ベース

  • リースベース(わらベース、針金ベースなど)
  • ワイヤー
  • ハサミ

飾り

  • モミの木やヒイラギなどの葉物
  • 松ぼっくりやどんぐりなどの自然素材
  • リボンやベルなどの装飾品

その他

  • グルーガン
  • グルーガン用スティック
  • 手袋
材料 用途
リースベース ハンギングリースの土台となる部分
ワイヤー 飾りをリースベースに固定する
ハサミ ワイヤーを切る
モミの木やヒイラギなどの葉物 ハンギングリースに緑色を加える
松ぼっくりやどんぐりなどの自然素材 ハンギングリースに自然な風合いを加える
リボンやベルなどの装飾品 ハンギングリースを華やかにする
グルーガン 飾りをリースベースに接着する
グルーガン用スティック グルーガンを使用する
手袋 手を怪我から守る

材料の準備
材料の準備

ベースの作り方

ハンギングリースのベースを作るには、まずリースベースを用意します。リースベースには、わらベースや針金ベースなどがあります。今回は、初心者でも扱いやすいわらベースを使用します。

わらベースを前に置き、ワイヤーを手に取ります。ワイヤーをリースベースの端に巻き付け、ねじって固定します。このとき、ワイヤーをきつく巻きすぎないように注意しましょう。ワイヤーがゆるすぎると飾りが落ちてしまうので、適度な強さで巻き付けます。

  • わらベース
  • 針金ベース
種類 特徴
わらベース 自然素材でできており、ナチュラルな風合いがある
針金ベース ワイヤーでできており、しっかりとした作りになっている

ワイヤーを巻き付けたら、リースベースの周りにぐるぐると巻いていきます。ワイヤーが重ならないように注意しながら、リースベース全体を覆うように巻き付けましょう。巻き終わったら、ワイヤーをリースベースの端に巻き付け、ねじって固定します。

これで、ハンギングリースのベースが完成しました。次は、飾りを取り付けていきます。

ベースの土台を作る

ベースの土台を作るには、葉物を使用します。葉物は、モミの木やヒイラギなどがおすすめです。葉物をリースベースに巻き付け、ワイヤーで固定します。葉物を巻き付ける際には、葉の向きに注意しましょう。葉の先端が外側に向くように巻き付けると、美しい仕上がりにまります。

葉物を巻き付けたら、リボンやベルなどの装飾品をワイヤーで固定します。装飾品は、リースベースの周りにバランスよく配置しましょう。装飾品を付けすぎるとごちゃごちゃした印象になってしまうので、適度に付けるようにしましょう。

  • モミの木
  • ヒイラギ
葉物 特徴
モミの木 針葉樹で、葉が細長く尖っている
ヒイラギ 常緑樹で、葉にトゲがある

これで、ハンギングリースの完成です。お好みの場所に飾って、お楽しみください。

ベースの作り方
ベースの作り方

飾りの取り付け

ハンギングリースの飾りを付けるには、まずグルーガンを温めます。グルーガンが温まったら、グルーを飾りの裏側に塗ります。グルーを塗ったら、飾りをリースベースに貼り付けます。飾りを貼り付ける際には、バランスよく配置するようにしましょう。飾り付けが終わったら、グルーが乾くまで待ちます。

グルーが乾いたら、ハンギングリースの完成です。お好みの場所に飾って、お楽しみください。ハンギングリースは、玄関やベランダに飾ると素敵です。季節ごとに飾りを変えて楽しむこともできます。

飾りの種類 特徴
松ぼっくり 自然な風合いがある
どんぐり 素朴な風合いがある
リボン 華やかな印象を与える
ベル 可愛らしい印象を与える

葉物の取り付け

葉物は、リースベースに巻き付けてワイヤーで固定します。葉物を巻き付ける際には、葉の先端が外側に向くように巻き付けましょう。葉物を巻き付けたら、リボンやベルなどの装飾品をワイヤーで固定します。装飾品は、リースベースの周りにバランスよく配置しましょう。

装飾品の取り付け

装飾品は、グルーガンでリースベースに貼り付けます。グルーガンを使用する際には、火傷しないように注意しましょう。装飾品を貼り付ける際には、バランスよく配置するようにしましょう。装飾品を付けすぎるとごちゃごちゃした印象になってしまうので、適度に付けるようにしましょう。

ハンギングリースは、初心者でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

飾りの取り付け
飾りの取り付け

ハンギングリースの飾り方

ハンギングリースの飾り方にも、いろいろあります。季節によって飾りを変えたり、お好みのスタイルでアレンジしたりと、楽しみ方は無限大です。ここでは、ハンギングリースの基本的な飾り方をご紹介します。

  • 季節のモチーフを取り入れる
  • お好みの色や柄で統一する
  • 異なる素材を組み合わせる

また、ハンギングリースを飾る場所によっても、飾り方が変わります。玄関に飾る場合は、風雨に強い素材を使用したリースがおすすめです。ベランダやパティオに飾る場合は、華やかなリースが映えます。

ハンギングリースの飾り方
場所 おすすめの飾り方
玄関 風雨に強い素材を使用したリース
ベランダ・パティオ 華やかなリース
リビング 季節のモチーフを取り入れたリース

季節のモチーフを取り入れる

ハンギングリースに季節のモチーフを取り入れると、季節感あふれる素敵なリースになります。例えば、クリスマスには柊の葉や松ぼっくり、イースターには卵やウサギ、ハロウィンにはカボチャやコウモリを飾ります。季節のモチーフを取り入れることで、リースがより華やかになり、季節の雰囲気を演出することができます。ハンギングリースの作り方

お好みの色や柄で統一する

ハンギングリースを、お好みの色や柄で統一すると、まとまりのあるリースになります。例えば、赤や緑で統一すればクリスマスらしいリースに、青や白で統一すれば爽やかなリースになります。お好みの色や柄で統一することで、リースをより自分らしくアレンジすることができます。ハンギングリースの飾り方

異なる素材を組み合わせる

ハンギングリースに、異なる素材を組み合わせると、個性的なリースになります。例えば、葉物と松ぼっくりを組み合わせたり、リボンとベルを組み合わせたり、さまざまな素材を組み合わせることで、リースに奥行きや表情が出ます。異なる素材を組み合わせることで、リースをより自分らしくアレンジすることができます。ハンギングリースのお手入れ方法

ハンギングリースの飾り方
ハンギングリースの飾り方

ハンギングリースのお手入れ

ハンギングリースは、自然素材で作られているため、適切なお手入れを行うことで長く楽しむことができます。ここでは、ハンギングリースのお手入れ方法をご紹介します。

ホコリや汚れを落とす

ハンギングリースにホコリや汚れが付着した場合は、柔らかいブラシやハケを使用して優しく払い落とします。強くこすると葉や飾りが傷んでしまうので、注意しましょう。

お手入れ方法 頻度
ホコリや汚れを落とす 月に1回程度
水やり 必要に応じて
防虫剤の塗布 年に1回

水やり

ハンギングリースに使用されている葉物は、乾燥すると枯れてしまいます。そのため、葉物が乾燥している場合は、霧吹きなどで水をあげましょう。ただし、与えすぎると腐敗の原因になるので、注意が必要です。

防虫剤の塗布

ハンギングリースに虫が付かないように、年に1回防虫剤を塗布します。防虫剤は、ホームセンターなどで購入できます。塗布する際は、説明書をよく読んで使用しましょう。

ハンギングリースのお手入れ
ハンギングリースのお手入れ

おわりに

ハンギングリースの作り方と飾り方、お手入れ方法についてご紹介しました。初心者の方でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。季節ごとに飾りを変えて、お家の雰囲気をがらりと変えるのもおすすめです。ハンギングリースで、素敵なお家づくりを楽しんでください。