Japan

パンジー・キンセンカを育てよう!初心者でも簡単

パンジーとキンセンカは、冬から春にかけて美しい花を咲かせる人気のガーデニングプランツです。初心者でも簡単に育てることができ、冬の庭を彩るのにぴったりです。この記事では、パンジーとキンセンカの育て方、増やし方、楽しみ方などをご紹介します。

特徴 パンジー キンセンカ
学名 Viola tricolor Calendula officinalis
科名 スミレ科 キク科
草丈 10~20cm 30~60cm
花期 11~4月 10~5月
花色 紫、青、黄、白 黄、オレンジ、赤
耐寒性 やや強い 強い
耐暑性 やや弱い 強い
日照条件 日向~半日陰 日向
水やり 土の表面が乾いたら 土の表面が乾いたら
肥料 月に1回 月に1回

パンジーとキンセンカの育て方

パンジーとキンセンカは、秋から春にかけて美しい花を咲かせる人気のガーデニングプランツです。初心者でも簡単に育てることができ、冬の庭を彩るのにぴったりです。

パンジーとキンセンカを育てるポイントは、日当たりの良い場所で育てること、水やりを適切に行うこと、肥料を与えることです。日当たりの悪い場所では花が咲かないので注意してください。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、月に1回程度、緩効性肥料を与えます。

項目 パンジー キンセンカ
学名 Viola tricolor Calendula officinalis
科名 スミレ科 キク科
草丈 10~20cm 30~60cm
花期 11~4月 10~5月
花色 紫、青、黄、白 黄、オレンジ、赤
耐寒性 やや強い 強い
耐暑性 やや弱い 強い
日照条件 日向~半日陰 日向
水やり 土の表面が乾いたら 土の表面が乾いたら
肥料 月に1回 月に1回

パンジーとキンセンカは、種から育てることもできます。種まき時期は、パンジーが9~10月、キンセンカが9~11月です。種をまいたら、薄く土をかぶせて、水やりをします。発芽までは、土を湿らせておきましょう。

パンジーとキンセンカは、初心者でも簡単に育てることができるので、ぜひご家庭で育ててみてください。冬の庭を彩り、春の訪れを告げる美しい花を咲かせてくれます。

パンジーとキンセンカの育て方
パンジーとキンセンカの育て方

パンジーとキンセンカを彩る冬の庭

パンジーとキンセンカは、冬から春にかけて美しい花を咲かせる人気のガーデニングプランツです。初心者でも簡単に育てることができ、冬の庭を彩るのにぴったりです。

冬の庭に彩りを添えるパンジーとキンセンカ。その花はまるで小さなキャンバスに描かれた絵画のようです。パステルカラーのパンジーは、淡い青、紫、黄色、白などさまざまな色合いがあり、フリルのような花びらが特徴です。一方、キンセンカは、オレンジ、黄色、赤などの暖色系の花を咲かせ、冬の日差しを思わせるような明るい色合いが魅力的です。

項目 パンジー キンセンカ
花色 紫、青、黄、白 黄、オレンジ、赤
花びらの形 フリル状 平たい花びら
花期 11~4月 10~5月

パンジーとキンセンカを一緒に植えると、コントラストのある花色が庭をより華やかにしてくれます。また、這うように成長する性質があるので、グランドカバーとして利用することもできます。冬枯れした芝生を覆い隠し、緑のじゅうたんのように彩ってくれるでしょう。

パンジーとキンセンカを彩る冬の庭
パンジーとキンセンカを彩る冬の庭

パンジーとキンセンカの増やし方

パンジーとキンセンカを増やす方法は、種まきと挿し木があります。種まきは、パンジーが9~10月、キンセンカが9~11月に行います。種をまいたら、薄く土をかぶせて、水やりをします。発芽までは、土を湿らせておきましょう。

挿し木は、5~6月に行います。元気な茎を10~15cmほど切り取り、下葉を取り除きます。切り口を水に浸し、発根促進剤を塗布します。その後、赤玉土やバーミキュライトなどの挿し木用の用土に挿します。発根するまでは、土を湿らせておきましょう。

方法 時期 手順
種まき パンジー:9~10月
キンセンカ:9~11月
種をまいて、薄く土をかぶせて、水やりをする。
挿し木 5~6月 元気な茎を切って、下葉を取り除き、切り口に発根促進剤を塗布する。挿し木用の用土に挿す。

パンジーとキンセンカは、どちらも簡単に増やすことができます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

パンジーとキンセンカの増やし方
パンジーとキンセンカの増やし方

パンジーとキンセンカを楽しむコツ

パンジーとキンセンカを元気に育てるコツをご紹介します。

日当たりの良い場所に植える

パンジーとキンセンカは、日当たりの良い場所を好みます。日当たりが悪いと花が咲かないので、注意してください。ベランダや玄関先など、日当たりの良い場所を選びましょう。

水やりは適切に

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。水を与えすぎると根腐れを起こすので、注意してください。逆に、水不足になると枯れてしまうので、水やりのタイミングを逃さないようにしましょう。

項目 パンジー キンセンカ
日照条件 日向~半日陰 日向
水やり 土の表面が乾いたら 土の表面が乾いたら

肥料を与える

パンジーとキンセンカは、肥料を好みます。月に1回程度、緩効性肥料を与えます。肥料を与えると、花がたくさん咲いて、葉っぱも元気になります。

害虫対策をする

パンジーとキンセンカは、アブラムシやハダニなどの害虫が発生することがあります。害虫を見つけたら、すぐに駆除しましょう。市販の殺虫剤を使用したり、手作業で駆除したりすることができます。

パンジーとキンセンカを元気に育てるコツは、日当たりの良い場所に植えること、水やりを適切に行うこと、肥料を与えること、害虫対策をすることの4つです。この4つのコツを守れば、美しい花を咲かせてくれるでしょう。

パンジーとキンセンカを楽しむコツ
パンジーとキンセンカを楽しむコツ

Final Thought

パンジーとキンセンカは、初心者でも簡単に育てられるので、ぜひご家庭で育ててみてください。冬の庭を彩り、春の訪れを告げる美しい花を咲かせてくれます。

Related Articles

Back to top button