Japan

パンジーの怖い一面に迫る! その正体とは?

こんにちは、nippongardening.comのライターです。今回は、パンジーについてのお話をします。パンジーは、春に咲く人気の花ですが、その見た目から「怖い」と感じる人もいるようです。そこで、この記事では、パンジーの花言葉や色の意味、ビオラとの違いなどをわかりやすく解説します。また、パンジーにまつわるちょっと怖い話もご紹介します。

パンジーの花言葉

パンジーは、春に咲く花で、その可憐な姿から多くの人に愛されています。そんなパンジーの花言葉は、「もの思い」「記憶」「私を思って」「門の前でキスして」です。これらの花言葉は、パンジーのうつむき加減な姿や、花びらの形からきていると言われています。

  • もの思い:うつむき加減な姿から、物思いにふけっているように見えることから。
  • 記憶:パンジーの花びらの形が、人の顔を連想させることから。
  • 私を思って:愛する人に贈ると、「私のことを忘れないで」という意味が込められることから。
  • 門の前でキスして:門の前でキスをすると、永遠の愛が約束されるという言い伝えがあることから。

また、パンジーには色によってそれぞれ異なる花言葉があります。たとえば、白いパンジーは「清純」「無垢」、赤いパンジーは「愛情」「情熱」、青いパンジーは「希望」「誠実」などの花言葉があります。

  • 白いパンジー:清純、無垢
  • 赤いパンジー:愛情、情熱
  • 青いパンジー:希望、誠実

パンジーの花言葉
パンジーの花言葉

パンジーの色の意味

パンジーには、さまざまな色があり、それぞれに異なる花言葉があります。

  • 白いパンジー:清純、無垢
  • 赤いパンジー:愛情、情熱
  • 青いパンジー:希望、誠実

例えば、白いパンジーは、その清楚な姿から「清純」「無垢」という花言葉がつけられています。赤いパンジーは、情熱的な色合いから「愛情」「情熱」という花言葉があります。青いパンジーは、空のように爽やかな色合いから「希望」「誠実」という花言葉がつけられています。

花言葉
清純、無垢
愛情、情熱
希望、誠実

パンジーの色によって、贈る相手やシーンに合わせて花言葉を選ぶことができます。大切な人に愛情を伝えたいときは赤いパンジーを、清純な気持ちを伝えたいときは白いパンジーを贈るとよいでしょう。

パンジーの色の意味
パンジーの色の意味

パンジーとビオラの違い

パンジーとビオラは、よく似ている花ですが、実は違う種類の花です。

一番大きな違いは、花びらの大きさです。パンジーの花びらは大きく、ビオラの花びらは小ぶりです。また、パンジーの花びらは丸みを帯びていますが、ビオラの花びらは先が尖っています。

もう一つの違いは、花の色です。パンジーは、青、紫、黄、白など、さまざまな色の花が咲きますが、ビオラは、主に青、紫、白の花が咲きます。

パンジーとビオラは、どちらも春に咲く花です。ガーデニング初心者でも簡単に育てることができます。

特徴 パンジー ビオラ
花びらの大きさ 大きい 小さい
花びらの形 丸みを帯びている 先が尖っている
花の色 青、紫、黄、白など 青、紫、白が主

パンジーとビオラ、どちらの花を育てるか迷ったら、花壇に植えるならパンジー、鉢植えにするならビオラを選ぶとよいでしょう。

パンジーとビオラの違いについて詳しくはこちら

パンジーとビオラの違い
パンジーとビオラの違い

パンジーの怖い真実

パンジーの悪魔の顔

パンジーには、悪魔の顔に見えるものがあるって知っていましたか?パンジーの花びらの模様が、なんだか悪魔の顔に見えるんです。特に、黒っぽい色のパンジーに多いみたい。よく見ると、目と口と鼻があって、なんだかこっちを見ているような気がしてきます。

蛾の羽みたいなパンジー

パンジーの花びらの模様は、蛾の羽にも似ていると言われています。特に、茶色や灰色っぽい色のパンジーは、蛾の羽そっくり。花びらの縁がギザギザしていて、まるで蛾の羽の模様みたいなんです。蛾が苦手な人は、パンジーを見るとちょっと怖いかもしれませんね。

パンジーの怖い特徴 説明
悪魔の顔 花びらの模様が悪魔の顔に見える
蛾の羽 花びらの模様が蛾の羽に似ている
  • パンジーの花びらの模様は、悪魔の顔に見えるものがある。
  • パンジーの花びらの模様は、蛾の羽にも似ている。

パンジーの怖い一面について詳しくはこちら

パンジーの怖い真実
パンジーの怖い真実

Final Thought

パンジーは、花言葉や色の意味が素敵な花ですが、その見た目から「怖い」と感じる人もいるようです。しかし、パンジーは実際に怖い花ではありません。むしろ、春の訪れを告げる美しい花です。もし、パンジーが怖いと感じている人がいたら、ぜひこの記事を読んで、パンジーに対する見方を変えてみてください。

Related Articles

Back to top button