ピーマンとパプリカの違いを徹底解説!選び方や保存方法も

ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属の野菜で、見た目が似ていることから混同されがちです。しかし、実はこの2つにはいくつかの違いがあります。この記事では、ピーマンとパプリカの違いや、選び方、保存方法などを詳しく解説していきます。nippongardening.comで、家庭菜園のヒントやガーデニングに関する情報をもっと見つけましょう。

ピーマンとパプリカの違いを徹底解説!選び方や保存方法も
ピーマンとパプリカの違いを徹底解説!選び方や保存方法も

ピーマンの特徴

ピーマンの栄養価

ピーマンは、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高めたり、抗酸化作用があったり、コラーゲンの生成を助けたりする栄養素です。また、カリウムや食物繊維も豊富に含まれています。

ピーマンの品種

ピーマンには、緑色のもの、赤色のもの、黄色のものなど、さまざまな品種があります。緑色のピーマンは、未熟な状態で収穫されたもので、赤色や黄色のピーマンは、完熟したものです。品種によって、味や辛さが異なります。

品種 特徴
緑ピーマン 苦味があり、辛味がある
赤ピーマン 甘味があり、辛味がない
黄ピーマン 甘味があり、辛味がない

ピーマンの特徴
ピーマンの特徴

パプリカの特徴

パプリカは、ピーマンと同じくナス科トウガラシ属の野菜です。ピーマンよりも大きく、肉厚で、甘味が強いのが特徴です。また、ピーマンにはない赤色や黄色、オレンジ色などのカラフルな品種があります。

パプリカには、ビタミンCやビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高めたり、抗酸化作用があったり、コラーゲンの生成を助けたりする栄養素です。また、ビタミンAは、視力を維持したり、皮膚や粘膜を健康に保ったりする栄養素です。

栄養素 パプリカ100gあたりの含有量
ビタミンC 120mg
ビタミンA 150μg
カリウム 250mg
食物繊維 2.5g

パプリカは、生でサラダやマリネにして食べたり、炒め物や煮物に使ったり、グリルしてバーベキューにしたりと、さまざまな料理に利用できます。また、パプリカパウダーというスパイスにして、料理の風味付けに使われることもあります。

パプリカの特徴
パプリカの特徴

ピーマンとパプリカの違い

ピーマンとパプリカは、見た目も栄養価も似ていますが、いくつかの違いがあります。まず、ピーマンは未熟な状態で収穫され、パプリカは完熟した状態で収穫されます。そのため、ピーマンは緑色で苦味がありますが、パプリカは赤色や黄色で甘味があります。また、ピーマンはパプリカよりも小ぶりで、皮が薄いです。

栄養価の違いとしては、ピーマンにはビタミンCが豊富に含まれていますが、パプリカにはビタミンAが豊富に含まれています。また、パプリカはピーマンよりもカリウムや食物繊維を多く含んでいます。

栄養素 ピーマン100gあたりの含有量 パプリカ100gあたりの含有量
ビタミンC 120mg 70mg
ビタミンA 10μg 150μg
カリウム 200mg 250mg
食物繊維 2g 2.5g

ピーマンとパプリカは、どちらも栄養価の高い野菜なので、積極的に食卓に取り入れたいですね。

ピーマンとパプリカの違い
ピーマンとパプリカの違い

ピーマンとパプリカの選び方と保存方法

美味しいピーマンとパプリカを選ぶには、新鮮でツヤのあるものを選びましょう。皮に傷やシワがなく、ヘタがしっかりしているものがおすすめです。また、ピーマンは緑色、赤色、黄色など、さまざまな品種がありますが、お好みの色や味に合わせてお選びください。

栄養素 ピーマン100gあたりの含有量 パプリカ100gあたりの含有量
ビタミンC 120mg 70mg
ビタミンA 10μg 150μg
カリウム 200mg 250mg
食物繊維 2g 2.5g

ピーマンとパプリカは、冷蔵保存がおすすめです。新聞紙などに包んで、野菜室で保存しましょう。適切に保存すれば、1週間程度は鮮度を保つことができます。また、冷凍保存することもできます。食べやすい大きさに切って、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍しましょう。冷凍したピーマンとパプリカは、1ヶ月程度保存できます。

ピーマンとパプリカの選び方と保存方法
ピーマンとパプリカの選び方と保存方法

最後にお伝えしたいこと

ピーマンとパプリカは、見た目は似ていますが、味や食感、栄養価に違いがあります。自分の好みに合ったものや料理に適したものをお選びください。どちらもビタミンやミネラルが豊富なので、ぜひ積極的に食卓に取り入れてみてください。