レタスの軟腐病:症状、原因、予防、治療法

レタスの軟腐病は、細菌性病害で、世界中のレタス栽培地域で問題となっています。適切な管理を怠ると、壊滅的な被害をもたらす可能性があります。この記事では、レタスの軟腐病の症状、原因、予防策、治療法について詳しく説明します。この情報を活用して、レタスをこの壊滅的な病気から守りましょう。

軟腐病

軟腐病は、レタスに被害をもたらす細菌性病害です。レタスや他の多くの植物に感染し、細菌Erwinia persicinaPectobacterium carotovorumP. polarisによって引き起こされます。これらの細菌は、植物の生きた組織、死んだ組織、土壌に生息しており、道具、衣服、容器、水、土壌、植物、昆虫によって運ばれる可能性があります。

気温が65~95°Fの場合、病原体が急速に増殖します。気温が95°Fを超えるか35°Fを下回ると、細菌の増殖は完全に停止します。病原体は通常、害虫や機械的損傷によってできた傷から植物に感染しますが、水によって運ばれたときに気孔(植物の毛穴)から浸透することもあります。一部の地域では、これは商業用レタスの最も破壊的な病気です。

レタスに感染する病害 症状
軟腐病 葉や茎に水浸状の病斑や腐敗
レタス萎凋病 葉や茎に褐色の腐敗、悪臭
ボトムロト 葉が土壌に触れる部分にさび色の斑点、茎は完全に腐敗

レタスだけでなく、キャベツ、セロリ、唐辛子、トマト、ジャガイモ、カボチャなどの他の野菜にも感染する可能性があります。

軟腐病
軟腐病

症状

葉や茎の症状

葉や茎に水浸状の病斑や腐敗が発生します。病斑は最初は小さく、時間の経過とともに拡大して融合し、やがて組織が軟化して腐敗します。葉の縁から中央に向かって進行することが多く、重症になると葉全体が腐敗して枯れます。また、茎に感染すると、茎が軟化して倒伏することがあります。

軟腐病とレタス萎凋病の違いについては、後ほど詳しく説明します。

根や根茎の症状

軟腐病は根や根茎にも感染することがあります。根が感染すると、根が褐色に変色して腐敗し、やがて植物全体が萎凋して枯れます。根茎が感染すると、根茎が軟化して腐敗し、やがて植物全体が枯れます。

病害 症状
軟腐病 葉や茎に水浸状の病斑や腐敗、根や根茎の腐敗
レタス萎凋病 葉や茎に褐色の腐敗、悪臭、葉の裏に綿毛状のかび

症状
症状

軟腐病、レタス萎凋病、ボトムロトの違い

軟腐病とレタス萎凋病の違い

軟腐病とレタス萎凋病は、どちらもレタスに被害をもたらす細菌性病害ですが、症状が異なります。軟腐病は葉や茎に水浸状の病斑や腐敗を引き起こすのに対し、レタス萎凋病は葉や茎に褐色の腐敗を引き起こし、悪臭を放ちます。また、レタス萎凋病は葉の裏に綿毛状のかびが生えることも特徴です。レタス萎凋病の詳細はこちら

病害 葉や茎の症状 特徴
軟腐病 水浸状の病斑や腐敗
レタス萎凋病 褐色の腐敗、悪臭 葉の裏に綿毛状のかびが生える

軟腐病とボトムロトの違い

軟腐病とボトムロトは、どちらもレタスに被害をもたらす病気ですが、病原体が異なります。軟腐病は細菌によって引き起こされるのに対し、ボトムロトは菌類によって引き起こされます。また、症状も異なります。軟腐病は葉や茎に水浸状の病斑や腐敗を引き起こすのに対し、ボトムロトは葉が土壌に触れる部分にさび色の斑点を引き起こし、茎は完全に腐敗します。ボトムロトの詳細はこちら

病害 病原体 症状
軟腐病 細菌 葉や茎に水浸状の病斑や腐敗
ボトムロト 菌類 葉が土壌に触れる部分にさび色の斑点、茎は完全に腐敗

軟腐病、レタス萎凋病、ボトムロトの違い
軟腐病、レタス萎凋病、ボトムロトの違い

予防

適切な栽培方法

軟腐病の予防には、適切な栽培方法が不可欠です。まず、清潔な用土を使用し、鉢や道具は使用する前に必ず消毒しましょう。植え付け時は、レタス同士の間隔を十分にとり、風通しを良くしましょう。また、葉に水がかからないように、株元に水やりをすることも重要です。

病害虫の防除

病害虫は軟腐病菌の侵入経路となる可能性があります。アブラムシやハダニなどの害虫は葉に傷をつけ、そこから病原菌が侵入します。また、ナメクジやカタツムリは葉にぬめりを残し、病原菌の増殖を促進します。定期的に病害虫の発生状況を確認し、必要に応じて防除を行いましょう。害虫の駆除方法はこちら

病害虫 症状 対策
アブラムシ 葉に群がって汁を吸う 薬剤散布、天敵の利用
ハダニ 葉の裏に寄生して汁を吸う 薬剤散布、水やりによる駆除
ナメクジ、カタツムリ 葉にぬめりを残す 駆除剤の使用、物理的な駆除
  • 適切な栽培方法
  • 病害虫の防除
  • 耐病性品種の選択

予防
予防

耐病性品種

品種の選択

軟腐病に強いレタスの品種を選択することで、病気の発生リスクを軽減できます。耐病性品種には、以下のようなものがあります。

  • 『バッカス』:フリル状の赤色のオークリーフレタス
  • 『ミネッタ』:バタビアタイプの引き締まったヘッド
  • 『エンパイア』:波打ったアイスバーグタイプ
  • 『シルベスタ』:ビブレタス

耐病性品種の導入

耐病性品種を導入することで、レタス栽培における軟腐病の発生を抑えることができます。耐病性品種は、種苗店やオンラインで入手できます。

品種 特徴 耐病性
『イサカ』 耐病性が高く、暑さや乾燥にも強い 軟腐病、べと病、うどんこ病
『マゼンタ』 美しい緑とブロンズ色のフリル状の葉を持つ 軟腐病、べと病、うどんこ病
『ニューレッドファイヤー』 ルーズリーフタイプで、美しい葉を持つ 軟腐病、べと病、うどんこ病

Conclusion

レタスの軟腐病は、レタス栽培における重大な脅威となり得ます。適切な予防策と管理戦略を講じることで、この病気による損失を最小限に抑えることができます。この記事で提供した情報を活用して、レタスの軟腐病から作物を守り、豊かな収穫を確保しましょう。