Japan

夏の春菊栽培:初心者でもできる!絶対失敗しない方法

春菊といえば冬の鍋料理のイメージが強いですが、実は夏にも栽培できるって知っていましたか? nippongardening.comでは、夏春菊の育て方について詳しく解説します。暑さに強い品種選びや、種まきから収穫までのポイント、病害虫対策など、初心者でも簡単に挑戦できる方法をご紹介します。夏ならではの新鮮な春菊を、家庭菜園で楽しんでみませんか?

項目 内容
品種 さとゆたか、きわめなど、べト病に強い品種を選ぶ
種まき 種を1日浸水させ、条間20cmでスジまきする
栽培管理 株間6~10cmで間引き、遮光ネットやモヒカンネットを使用する
病害虫対策 べト病、炭疽病、アブラムシ、ヨトウムシに注意
収穫 草丈25cm以上で摘み取り収穫、または堀り取り収穫

夏春菊の品種選び:暑さに負けない強い味方

暑さに強い春菊って?

夏に春菊を育てるって、ちょっとびっくりだよね!でも、大丈夫。夏でも元気に育つ、暑さに強い品種があるんだ。有名なのは「さとゆたか」っていう品種。名前の通り、とっても丈夫で育てやすいから、初心者さんにもおすすめだよ。他にも「きわめ」っていう品種も人気があって、芯が腐りにくいのが特徴なんだって。夏は暑さで野菜が弱っちゃうこともあるけど、これらの品種なら安心して育てられるよ。

品種選びのポイント

夏春菊の品種を選ぶときは、まず「暑さに強いかどうか」をチェックすることが大切。特に「べト病」っていう病気になりにくい品種を選ぶのがポイントだよ。べト病は、葉っぱが黄色くなって枯れちゃう病気で、夏に発生しやすいんだ。だから、べト病に強い品種を選ぶことで、病気の心配を減らして、元気に春菊を育てることができるよ。

  • さとゆたか
  • きわめ

種はどこで手に入る?

夏春菊の種は、ホームセンターや園芸店、インターネットなどで手に入れることができるよ。種のパッケージには、品種の特徴や育て方が書いてあるから、よく読んでから選ぶといいよ。もし、どれを選んだらいいか迷ったら、お店の人に聞いてみるのもおすすめ。きっと親切に教えてくれるよ。

夏春菊の種まき時期は、6月から7月頃。種をまく前に、土作りや水やりなど、準備をしっかりしておこうね!

これから一緒に、夏春菊を育ててみよう!

夏春菊の品種選び:暑さに負けない強い味方
夏春菊の品種選び:暑さに負けない強い味方

夏春菊の栽培方法:種まきから収穫まで

よし、次は種まきだ!夏春菊の種は、6月から7月頃にまくのがベストタイミング。種をまく前に、土をふかふかにして、水やりも忘れずにね。種は、指で軽く押さえるくらいの浅い溝に、20cm間隔でパラパラとまくんだ。種まきが終わったら、上から薄く土をかぶせて、水をたっぷりあげよう。まるで小さな種にお布団をかけてあげるみたいだね!

種まきから1週間くらいすると、小さな芽が出てくるよ。双葉が開いたら、元気な芽だけを残して間引きをするんだ。間引きは、株と株の間が6〜10cmくらいになるようにするといいよ。間引きした芽は、サラダに入れて食べてもおいしいんだって!

工程 説明
土作り 土を耕して、石や雑草を取り除く
種まき 6月から7月頃に、条間20cmでスジまきする
間引き 双葉が開いたら、株間6〜10cmで間引きする

夏は日差しが強いから、春菊が暑さでバテないように、遮光ネットやモヒカンネットを使って日陰を作ってあげよう。遮光ネットは、白いものを使うと、光を適度に通してくれるよ。モヒカンネットは、トンネルみたいに苗の上にかぶせて使うんだ。まるで春菊に帽子をかぶせてあげるみたいだね!

夏春菊の栽培方法:種まきから収穫まで
夏春菊の栽培方法:種まきから収穫まで

夏春菊の病害虫対策:病気や虫から守る前に

夏春菊につきやすい病気

夏春菊は、暑さや湿気に弱いため、病気にかかりやすいんだ。特に気をつけたいのは、葉っぱが黄色くなって枯れちゃう「べト病」と、黒い斑点が出て葉っぱがボロボロになる「炭疽病」。どちらもカビが原因の病気で、一度発生すると広がりやすいから、早めの対策が大切だよ。

べト病や炭疽病を防ぐためには、風通しを良くすることがポイント。葉っぱが込み合っていると、湿気がこもって病気になりやすくなるんだ。だから、間引きをしっかりして、株と株の間隔を空けてあげよう。また、水やりは葉っぱにかからないように、株元にそっとあげるのもポイントだよ。

夏春菊につきやすい虫

夏春菊は、虫も大好き。特に気をつけたいのは、葉っぱから栄養を吸い取る「アブラムシ」と、葉っぱをムシャムシャ食べてしまう「ヨトウムシ」。アブラムシは、葉っぱの裏側にびっしりついて、葉っぱを黄色く変色させちゃうんだ。ヨトウムシは、夜になると活動して、葉っぱを穴だらけにしてしまうよ。

アブラムシやヨトウムシを防ぐためには、防虫ネットを使うのが効果的。防虫ネットは、細かい網目で虫の侵入を防いでくれるんだ。また、牛乳や木酢液を薄めてスプレーするのも、虫よけ効果があるよ。牛乳や木酢液は、虫が嫌がる匂いがするんだって!

  • 葉っぱが黄色くなる「べト病」
  • 黒い斑点が出る「炭疽病」
  • 葉っぱから栄養を吸い取る「アブラムシ」
  • 葉っぱをムシャムシャ食べる「ヨトウムシ」

病気や虫の対策は、早め早めが肝心。そうすれば、元気に育った夏春菊をたくさん収穫できるよ!

夏春菊の病害虫対策:病気や虫から守る前に
夏春菊の病害虫対策:病気や虫から守る前に

夏春菊の収穫と楽しみ方:新鮮な春菊を味わおう

やったー!ついに春菊が収穫できる時期になったよ。種まきから約40日くらいで、草丈が25cmくらいになったら収穫のサイン。ハサミで地際から2〜3cm残してチョキンと切ろう。まるで髪の毛を切るみたいだね!

収穫した春菊は、新鮮なうちに食べるのが一番!独特の香りと少し苦味のある味が、夏の暑さで疲れた体をシャキッとさせてくれるよ。サラダや和え物、おひたしなど、いろいろな料理で楽しめるんだ。天ぷらにしてもおいしいよ。春菊の天ぷらは、サクサクとした食感とほろ苦い味が絶妙なバランスなんだって!

  • サラダ
  • おひたし
  • 天ぷら

収穫した春菊は、すぐに食べきれないときは、冷蔵庫で保存しよう。湿らせた新聞紙に包んで、ポリ袋に入れて野菜室に入れると、新鮮さを保つことができるよ。まるで春菊を毛布でくるんであげるみたいだね!

夏春菊は、一度収穫したら終わりじゃないよ。脇芽が伸びてきたら、また収穫できるんだ。まるで春菊が「もっと食べて!」って言っているみたいだね!

収穫時期 草丈25cm以上
収穫方法 地際から2〜3cm残してハサミで切る
保存方法 湿らせた新聞紙に包んで、ポリ袋に入れて野菜室で保存

夏春菊は、家庭菜園でも簡単に育てられる野菜。自分で育てた春菊は、おいしさも格別だよ。ぜひ、挑戦してみてね!

夏春菊の収穫と楽しみ方:新鮮な春菊を味わおう
夏春菊の収穫と楽しみ方:新鮮な春菊を味わおう

Final Thought

夏春菊の栽培は、少しの工夫で初心者でも十分楽しめます。暑さに強い品種を選び、適切な管理を行うことで、新鮮な春菊を収穫することができます。ぜひ、家庭菜園で夏春菊に挑戦して、その独特な香りや風味を味わってみてください。

Related Articles

Back to top button