小松菜の栄養と効能|選び方や保存方法、おすすめレシピもご紹介

小松菜は、日本人に馴染みのある緑黄色野菜の一つです。栄養価が高く、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。今回は、小松菜の栄養と効能、選び方や保存方法、下ごしらえの方法、おすすめレシピをご紹介します。

小松菜の栄養と効能|選び方や保存方法、おすすめレシピもご紹介
小松菜の栄養と効能|選び方や保存方法、おすすめレシピもご紹介

小松菜の栄養価

ビタミンが豊富

小松菜には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンKなどのビタミンが豊富に含まれています。ビタミンAは、目の健康や免疫力の向上に役立ちます。ビタミンCは、コラーゲンの生成や抗酸化作用があります。ビタミンKは、骨の健康や血液凝固に必要です。

ミネラルも豊富

小松菜には、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。カルシウムは、骨や歯の健康に必要です。鉄は、貧血予防に役立ちます。マグネシウムは、筋肉や神経の機能に必要です。

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンA 1,000μg
ビタミンC 50mg
ビタミンK 150μg
カルシウム 100mg
2.5mg
マグネシウム 25mg

小松菜の栄養と効能について詳しくはこちら

食物繊維も豊富

小松菜には、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘予防に役立ちます。また、血糖値の上昇を抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果もあります。

  • 小松菜の栄養価は、ほうれん草よりも高い
  • 小松菜は、カルシウムが牛乳と同等に含まれる
  • 小松菜は、鉄分がレバーと同等に含まれる

小松菜の選び方と保存方法について詳しくはこちら

小松菜の栄養価
小松菜の栄養価

小松菜の選び方と保存方法

新鮮な小松菜の選び方

新鮮な小松菜を選ぶには、葉の色が濃く、ハリのあるものを選びましょう。葉がしおれていたり、黄色くなっているものは避けましょう。また、根元が太く、みずみずしいものを選びましょう。

小松菜の下ごしらえについて詳しくはこちら

小松菜の保存方法

小松菜は、冷蔵庫で保存しましょう。新聞紙に包んでポリ袋に入れ、野菜室で保存すると、1週間ほど保存できます。また、茹でた小松菜は、冷凍保存することもできます。冷凍保存した小松菜は、1ヶ月ほど保存できます。

保存方法 保存期間
冷蔵庫(新聞紙に包んでポリ袋に入れる) 1週間ほど
冷凍庫(茹でた小松菜) 1ヶ月ほど

小松菜の選び方と保存方法
小松菜の選び方と保存方法

小松菜の下ごしらえ

小松菜の根元の処理

小松菜の根元は、切り落としてから使いましょう。根元には、アクやえぐみがあるので、切り落とすことで、おいしく食べることができます。

小松菜の葉の処理

小松菜の葉は、流水でよく洗いましょう。葉に土や汚れが付いていることがあるので、しっかりと洗い流しましょう。また、葉が大きい場合は、食べやすい大きさに切りましょう。

小松菜の下ごしらえ 手順
根元の処理 根元を切り落とす
葉の処理 流水でよく洗う
葉の切り方 食べやすい大きさに切る

小松菜のゆで方

小松菜は、ゆでてから使いましょう。ゆでることで、アクやえぐみが抜け、おいしく食べることができます。小松菜をゆでる時は、沸騰したお湯に小松菜を入れて、1分ほどゆでましょう。ゆで上がったら、冷水にさらして、水気を切りましょう。

小松菜の下ごしらえ
小松菜の下ごしらえ

小松菜のおすすめレシピ

小松菜は、さまざまな料理に使える便利な野菜です。炒め物、煮物、汁物など、どんな料理にも合います。ここでは、小松菜を使ったおすすめレシピをご紹介します。

料理名 材料 作り方
小松菜のおひたし 小松菜、だし汁、しょうゆ 小松菜をゆでて、冷水にさらして水気を絞る。だし汁としょうゆで味付けする。
小松菜の炒め物 小松菜、にんにく、しょうが、ごま油 にんにく、しょうがをみじん切りにする。小松菜は食べやすい大きさに切る。フライパンにごま油を熱し、にんにく、しょうがを炒める。小松菜を加えてさっと炒める。
小松菜の煮物 小松菜、だし汁、しょうゆ、みりん 小松菜をゆでて、食べやすい大きさに切る。だし汁、しょうゆ、みりんを合わせて煮立たせる。小松菜を加えて煮込む。

小松菜を使った簡単レシピ

小松菜を使った簡単レシピをご紹介します。

小松菜は、栄養価も高く、さまざまな料理に使える便利な野菜です。ぜひ、普段の食卓に取り入れてみてください。

小松菜は、カルシウムが牛乳と同等に含まれる栄養価の高い野菜です。

小松菜のおすすめレシピ
小松菜のおすすめレシピ

さいごに

小松菜は、栄養価が高く、さまざまな料理に使える便利な野菜です。ぜひ、普段の食卓に取り入れてみてください。