山芋 長芋 自然薯の違いを徹底解説!栄養価や選び方も

山芋、長芋、自然薯は、どれも日本料理になじみ深い食材ですが、それぞれに違いがあります。この記事では、山芋、長芋、自然薯の違いや特徴、栄養価、選び方、保存方法などを徹底解説します。また、家庭菜園で山芋を育てるコツも紹介します。山芋に関する疑問を解決し、料理をよりおいしく、健康的に楽しみましょう。

山芋 長芋 自然薯の違いを徹底解説!栄養価や選び方も
山芋 長芋 自然薯の違いを徹底解説!栄養価や選び方も

山芋の種類

山芋の分類

山芋は、大きく分けて3つの種類に分類されます。

  • 自然薯(じねんじょ)
  • 長芋(ながいも)
  • つくね芋(つくねいも)

自然薯

自然薯は、山野に自生するヤマノイモ科の多年草です。太くひげ根が多く、皮は茶褐色でゴツゴツしています。粘りが強く、ほのかな甘みがあります。薬効成分のジオスゲニンが多く含まれ、滋養強壮に効果があるとされています。

【関連キーワード】自然薯

長芋

長芋は、自然薯を栽培品種改良したものです。自然薯よりも細長く、皮は白っぽい紫色をしています。粘りが強く、シャキシャキとした歯ごたえがあります。ビタミンCやカリウムが豊富で、疲労回復や高血圧予防に効果があるとされています。

【関連キーワード】長芋

山芋の種類
山芋の種類

山芋の栄養価

豊富なビタミン・ミネラル

山芋には、ビタミンC、ビタミンB群、カリウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは免疫力を高め、疲労回復に効果があります。ビタミンB群はエネルギー代謝や精神機能を正常に保ちます。カリウムは血圧を下げ、マグネシウムは骨や筋肉の健康維持に役立ちます。食物繊維は腸内環境を整え、便秘を解消します。

【関連キーワード】山芋

薬効成分のジオスゲニン

山芋には、ジオスゲニンという薬効成分が含まれています。ジオスゲニンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用などの効果があるとされています。また、免疫力を高め、疲労回復にも効果があると言われています。特に自然薯には、他の品種よりもジオスゲニンが多く含まれています。

【関連キーワード】自然薯

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンC 20mg
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンB2 0.05mg
カリウム 200mg
マグネシウム 20mg
食物繊維 4g

山芋の栄養価
山芋の栄養価

山芋の選び方

新鮮な山芋を選ぶポイント

  • 皮にツヤがあり、シワが少ないもの
  • ずっしり重みがあり、持ったときに硬く感じるもの
  • 切り口が白く、変色していないもの
  • ひげ根がしっかり生えているもの

用途に応じた品種を選ぶ

山芋には、自然薯、長芋、つくね芋などさまざまな品種があります。それぞれの品種には特徴があるので、用途に応じて選びましょう。

品種 特徴 おすすめの料理
自然薯 粘りが強い、ほのかな甘みがある とろろ、とろろ汁
長芋 歯ごたえがある、シャキシャキとした食感 煮物、炒め物
つくね芋 皮が薄く、あっさりとした味 お吸い物、サラダ

山芋の選び方
山芋の選び方

山芋の保存方法

冷蔵保存

山芋は冷蔵保存が基本です。新聞紙やキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。適切に保存すれば、約1~2週間は保存できます。

【関連キーワード】山芋

冷凍保存

山芋は冷凍保存することもできます。皮をむいて一口大に切り、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。冷凍保存すると約1~2ヶ月は保存できます。使うときは、自然解凍するか、電子レンジで解凍してから調理してください。

【関連キーワード】山芋

常温保存

収穫したばかりの新鮮な山芋は、常温保存することもできます。新聞紙やダンボールに包み、風通しの良い冷暗所で保存しましょう。常温保存すると約1~2ヶ月は保存できます。

【関連キーワード】山芋

保存方法 保存期間
冷蔵保存 約1~2週間
冷凍保存 約1~2ヶ月
常温保存 約1~2ヶ月

山芋の保存方法
山芋の保存方法

まとめ

山芋、長芋、自然薯は、それぞれに特徴があり、料理によって使い分けることができます。栄養価も豊富で、健康維持に役立ちます。家庭菜園でも比較的簡単に栽培できるので、ぜひチャレンジしてみてください。山芋の正しい知識と活用法を身につけて、食卓をより豊かにしましょう。