山芋と長芋の違いと栄養素、選び方、調理方法

山芋と長芋は、日本料理でよく使われる根菜です。どちらも栄養価が高く、健康や美容に良い効果が期待できます。しかし、山芋と長芋には、いくつかの違いがあります。この記事では、山芋と長芋の違い、栄養素と効能、選び方と保存方法、調理方法について詳しく解説します。また、山芋と長芋を使った簡単で美味しいレシピもご紹介します。

山芋と長芋の違いと栄養素、選び方、調理方法
山芋と長芋の違いと栄養素、選び方、調理方法

山芋の種類と特徴

自然薯

自然薯は、山芋の中でもっとも粘りが強く、高級とされています。皮は茶褐色で、肉質は白色です。自然薯には、ジアスターゼという消化酵素が豊富に含まれており、胃腸の働きを助けるとされています。

大和芋

大和芋は、自然薯に次いで粘りが強く、関東地方で多く栽培されています。皮は淡褐色で、肉質は白色です。大和芋には、アミラーゼという酵素が豊富に含まれており、糖質の分解を助ける働きがあります。

つくね芋

つくね芋は、粘りが弱く、水分が多いのが特徴です。皮は白っぽく、肉質は白色です。つくね芋には、カリウムが豊富に含まれており、むくみの解消に効果があると言われています。

品種 粘り 産地
自然薯 強い 全国
大和芋 強い 関東地方
つくね芋 弱い 全国

海老芋

海老芋は、山芋の一種ですが、他の山芋とは見た目が大きく異なります。皮は黒紫色で、肉質は白色です。海老芋には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれており、抗酸化作用があると言われています。

山芋の種類と特徴
山芋の種類と特徴

山芋の栄養素と効能

山芋には、消化酵素のアミラーゼ、ジアスターゼが豊富に含まれています。これらの酵素は、炭水化物の消化を助け、胃腸の働きを改善する効果があります。また、山芋には、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。カリウムはむくみの解消に効果があり、マグネシウムは筋肉の疲労回復に役立ちます。カルシウムは骨や歯の健康維持に欠かせない栄養素です。

栄養素 効能
アミラーゼ 炭水化物の消化を助ける
ジアスターゼ 胃腸の働きを改善する
カリウム むくみの解消
マグネシウム 筋肉の疲労回復
カルシウム 骨や歯の健康維持

さらに、山芋には、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整え、便秘の解消に効果があります。また、山芋には、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは、活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、老化や病気の予防に役立ちます。

山芋の栄養素と効能
山芋の栄養素と効能

山芋の選び方と保存方法

新鮮な山芋の選び方

新鮮な山芋を選ぶには、皮の色と切り口をチェックすることが大切です。皮の色は、茶褐色で張りのあるものが良いでしょう。切り口は、白くみずみずしく、粘りがあるものが新鮮です。また、ずっしりとした重みのある山芋を選ぶようにしましょう。

山芋の保存方法

山芋は、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。新聞紙に包むことで、山芋の水分が保たれ、鮮度を保つことができます。冷蔵庫に入れる際は、野菜室で保存しましょう。適切に保存すれば、1週間程度は日持ちします。

保存方法 期間
新聞紙に包んで冷蔵庫(野菜室) 1週間程度

カットした山芋の保存方法

カットした山芋は、ラップに包んで冷蔵庫で保存します。ラップで包むことで、山芋の変色や乾燥を防ぐことができます。冷蔵庫に入れる際は、野菜室で保存しましょう。適切に保存すれば、3〜4日程度は日持ちします。

山芋の選び方と保存方法
山芋の選び方と保存方法

山芋を使ったレシピ

山芋は、和食だけでなく、洋食や中華料理にも使える万能食材です。ここでは、山芋を使った簡単で美味しいレシピをご紹介します。

料理名 難易度 調理時間
山芋のすり流し汁 簡単 15分
山芋のステーキ 普通 20分
山芋のグラタン 普通 30分

どれも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

山芋を使ったレシピ
山芋を使ったレシピ

最終的な考え

山芋と長芋は、どちらも栄養価が高く、健康や美容に良い効果が期待できる根菜です。品種や栄養素、効能が異なるので、自分の目的に合った方を選ぶことが大切です。また、新鮮で美味しい山芋と長芋を選ぶには、皮の色や切り口をチェックすることがポイントです。保存する際は、新聞紙に包んで冷蔵庫に入れると長持ちします。調理する際は、皮をむいて水にさらしてから、お好みの方法で調理してください。山芋と長芋は、和食だけでなく、洋食や中華料理にも使える万能食材です。ぜひ、いろいろな料理に使ってみてください。