Japan

絶対成功!春菊 夏の栽培テクニック大公開 🤫

春菊といえば鍋料理の定番野菜ですが、実は夏にも栽培できるって知っていましたか?nippongardening.comでは、家庭菜園で春菊を夏に育てる方法を詳しく紹介します。品種選びから病害虫対策、暑さ対策まで、初心者にもわかりやすく解説しますので、ぜひ挑戦してみてください!

項目 ポイント
品種選び 耐病性のある品種を選ぶ(さとゆたか、きわめなど)
病害虫対策 べト病、炭疽病、アブラムシ、ヨトウムシに注意
栽培管理 遮光、水やり、間引きを適切に行う
収穫 摘み取り収穫、堀り取り収穫を使い分ける

春菊の夏栽培:品種選びのポイント

春菊を夏に育てるなら、品種選びがとっても大事!夏は暑くて病気も出やすいから、強い品種を選ばないと、せっかく植えても枯れちゃうこともあるんだ。だから、スーパーで売ってる春菊の種じゃなくて、園芸店やネットで「夏まき」って書いてある春菊の種を探してみてね。有名な品種だと「さとゆたか」や「きわめ」がおすすめだよ。これらの品種は、夏に流行る病気にも強くて、初心者でも育てやすいんだ。

品種によって、葉っぱの形や大きさも違うから、自分の好みで選んでみるのも楽しいよ。例えば、「中葉春菊」は葉っぱが大きくて食べ応えがあるし、「小葉春菊」は葉っぱが柔らかくてサラダにもぴったりなんだ。お気に入りの品種を見つけて、夏でも美味しい春菊を育ててみよう!

品種 特徴
さとゆたか べト病に強い、中葉タイプ
きわめ 芯ぐされに強い、中葉タイプ

春菊の夏栽培:病害虫対策の秘訣

春菊を夏に育てる時、一番心配なのは病気や虫だよね。でも大丈夫、ちょっとしたコツで元気に育てることができるよ!

春菊の敵:病気編

夏は特に「べト病」っていう病気が出やすいんだ。葉っぱに黄色い斑点が出てきて、それがどんどん広がって枯れちゃう病気なんだ。まるで春菊が風邪を引いちゃったみたいだよね。でも、予防策があるから安心!「Zボルドー」っていう薬をあらかじめ撒いておくと、べト病を防ぐことができるよ。他にも、「炭疽病」っていう病気にも注意が必要だよ。黒い斑点が出てくる病気で、こちらも薬で予防できるんだ。

  • Zボルドー:べト病予防に
  • ストロビーフロアブル、アミスター20フロアブル:炭疽病予防に

春菊の敵:虫編

春菊が大好きな虫もいるんだ。代表的なのは「アブラムシ」と「ヨトウムシ」。アブラムシは葉っぱの裏側にびっしりついて、栄養を吸い取っちゃうんだ。ヨトウムシは葉っぱをムシャムシャ食べて、穴だらけにしてしまうんだ。でも、こちらも薬で退治できるから大丈夫!アブラムシには「ベストガード」や「アルバリン」が効くし、ヨトウムシには「カスケード」が効くよ。薬を使う時は、説明書をよく読んで、使い方を守ってね。

病気や虫に負けずに、美味しい春菊を育てよう!

春菊 夏の栽培管理:暑さ対策と収穫のコツ

春菊の種を植えて、芽が出てきたら、いよいよ本格的なお世話が始まるよ!夏は暑くて乾燥しやすいから、春菊が元気に育つように、しっかり管理してあげようね。

暑さ対策:春菊を涼しく育てよう!

春菊は涼しい気候が好きだから、夏の暑さはちょっと苦手。そこで、春菊を直射日光から守ってあげるために、遮光ネットを使うといいよ。遮光ネットは、太陽の光を適度に遮ってくれるから、春菊が暑さでバテるのを防いでくれるんだ。まるで春菊に帽子をかぶせてあげるみたいだね。遮光ネットはホームセンターや園芸店などで手に入るよ。他にも、寒冷紗や藁(わら)を敷いてあげるのも効果的なんだ。春菊を涼しく育てて、美味しい葉っぱをたくさん収穫しよう!

収穫のコツ:美味しい春菊をいただこう!

春菊が大きくなってきたら、いよいよ収穫の時!収穫には2つの方法があるんだ。1つ目は「摘み取り収穫」。葉っぱが25cmくらいになったら、地面から2〜3cm残して収穫する方法だよ。こうすると、脇芽(わきめ)が伸びてきて、何度も収穫できるんだ。まるで髪の毛を切るみたいに、少しずつ収穫していくイメージだね。2つ目は「堀り取り収穫」。根っこごと掘り取って収穫する方法で、夏場によく使われるよ。一度しか収穫できないけど、葉っぱが柔らかくて美味しいんだ。収穫した春菊は、お鍋に入れたり、サラダにしたり、天ぷらにしたり、いろんな料理で楽しんでね!

  • 遮光ネット:連作にも使える便利アイテム
  • 寒冷紗:冬の野菜作りにも活躍
  • 藁:土の乾燥を防ぐ効果も

春菊の夏栽培:プランターでの挑戦

庭がないから春菊は無理…なんて諦めないで!プランターでも春菊は育てられるよ。ベランダや玄関先など、日当たりの良い場所を選んで、深さ20cmくらいのプランターを用意しよう。土は野菜用の培養土を使うと簡単だよ。種まきや水やり、追肥などは畑で育てる時と同じようにしてね。プランターだと水切れしやすいから、土が乾いていたらこまめに水やりをすることがポイントだよ。プランター栽培なら、家庭菜園初心者でも気軽に挑戦できるから、ぜひ試してみてね!

プランターで春菊を育てる時は、害虫対策も忘れずに!アブラムシは飛んでくることもあるから、こまめにチェックして、見つけたらすぐに駆除しよう。牛乳スプレーや木酢液スプレーなど、野菜作りに使える安全なスプレーもたくさんあるから、安心して使えるよ。プランターで育てた春菊は、収穫したての新鮮な香りが楽しめるから、きっと感動するよ!

プランターの選び方 ポイント
大きさ 深さ20cm以上、横幅は葉っぱの広がりを考えて
素材 通気性と排水性の良いものを選ぶ

プランター栽培は、限られたスペースでも野菜作りを楽しめるのが魅力だよね。春菊以外にも、夏野菜のミニトマトやピーマンなどもプランターで育てられるよ。自分だけの小さな菜園を作って、収穫の喜びを味わってみてね!

Final Thought

春菊の夏栽培は、少しの工夫で初心者でも十分楽しめます。新鮮な春菊を収穫して、夏の食卓を彩りましょう!

Related Articles

Back to top button