野菜の栽培方法

最強!枝豆 栽培 コツ:初心者でも失敗しない育て方

夏になると食べたくなる枝豆。実は、家庭菜園でも簡単に育てることができるんです!nippongardening.comでは、枝豆 栽培 コツ を分かりやすく解説します。この記事を読めば、あなたも枝豆栽培マスターになれるかも?

項目 コツ
土づくり 水はけの良い土に、石灰や堆肥、元肥を施す。窒素肥料は控えめに。
種まき 3~4粒ずつ、深さ2cmほどの穴にまく。鳥害対策に不織布やネットをかける。
育苗 苗同士の間隔を20~30cm空けて植える。本葉が4枚と6~8枚の頃に土寄せを行う。
水やり 乾燥を嫌うため、土の表面が乾いたらこまめに水やりをする。
追肥 葉の色や生育状況を見て適宜行う。
病害虫対策 カメムシ、ヨトウムシなどに注意。防虫ネットや薬剤を使用する。
収穫 種まきから80~100日で収穫できる。サヤが膨らみ、豆が飛び出すようになれば収穫のサイン。

最強!枝豆 栽培 コツ:初心者でも失敗しない育て方
最強!枝豆 栽培 コツ:初心者でも失敗しない育て方

枝豆 栽培 コツ:土づくりと肥料

枝豆を植える前に、土の準備をしましょう。枝豆は水はけの良い土が好きなので、水たまりができないように注意が必要です。もし水はけが悪い場合は、 土づくり で改善しましょう。石灰や堆肥を混ぜ込んで、ふかふかの土にしてあげましょう。肥料は、窒素肥料をあげすぎると葉っぱばかり大きくなって実がならないので、控えめにしましょう。

枝豆はマメ科の植物なので、空気中の窒素を栄養に変えることができます。そのため、窒素肥料をたくさんあげなくても大丈夫なんです。逆に、窒素肥料をあげすぎると、葉っぱばかりが茂って実がつきにくくなってしまいます。肥料は、植え付けの2週間以上前に苦土石灰を混ぜ込み、1週間前に堆肥と元肥を入れておきましょう。

  • 苦土石灰:土壌の酸性を中和し、微生物の活動を活発にする
  • 堆肥:土壌に栄養を与え、ふかふかにする
  • 元肥:植え付け前に土に混ぜ込んでおく肥料

 枝豆 栽培 コツ:土づくりと肥料
枝豆 栽培 コツ:土づくりと肥料

枝豆 栽培 コツ:種まきと育苗

土の準備ができたら、次は種まきです。枝豆の種は、3~4粒ずつ、指で2cmくらいの穴をあけてまきましょう。鳥が種を食べちゃうことがあるので、防虫ネット をかけておくといいですよ。種まき時期は地域によって違いますが、4月から6月が一般的です。種まきから2週間ほどで芽が出てきます。双葉がしっかり開いたら、元気のいい苗を2本残して、あとは間引きましょう。間引きした芽は、捨てずにサラダにして食べられますよ!

枝豆は、大きくなると倒れやすくなるので、土寄せをしてあげましょう。土寄せは、根元に土を寄せて、茎をしっかり支える作業です。本葉が4枚と6~8枚くらいの時に、2回に分けて行います。こうすることで、枝豆が風で倒れるのを防ぐことができます。また、枝豆は成長が早いので、肥料をあげることも大切です。肥料は、葉の色を見ながら、2~3回に分けてあげましょう。葉の色が薄くなってきたら、肥料が足りないサインです。肥料をあげると、枝豆は元気に育ちますよ!

時期 作業
種まき後 鳥害対策に防虫ネットをかける
双葉が開いたら 元気のいい苗を2本残して間引き
本葉が4枚と6~8枚の頃 2回に分けて土寄せ
葉の色が薄くなってきたら 2~3回に分けて追肥

 枝豆 栽培 コツ:種まきと育苗
枝豆 栽培 コツ:種まきと育苗

枝豆 栽培 コツ:水やりと追肥

水やりはこまめに!

枝豆は、根っこが浅いので、乾燥に弱いんです。だから、土が乾いたらすぐに水やりをしてあげましょう。特に、種まき後や間引き後は、たっぷりと水を与えてください。でも、水をあげすぎて土がびしょびしょになると、根っこが腐ってしまうので注意が必要です。土の表面が乾いていたら、水やりをするようにしましょう。梅雨の時期や秋の長雨の時期は、水やりをしなくても大丈夫なことが多いです。

時期 水やりのポイント
種まき後 たっぷりと水を与える
間引き後 引き続き水やりを欠かさない
生育期 土の表面が乾いたら水やり

追肥で栄養補給!

枝豆は成長が早いので、肥料をあげることも大切です。肥料は、葉っぱの色を見ながら、2~3回に分けてあげましょう。葉っぱの色が薄くなってきたら、肥料が足りないサインです。肥料をあげると、枝豆は元気に育ちますよ!

肥料は、追肥 と呼ばれるものを使いましょう。追肥は、植物が成長している途中で、土の上にパラパラとまく肥料のことです。追肥には、化成肥料や液体肥料など、いろいろな種類があります。お店の人に相談して、枝豆に合った肥料を選んでくださいね。

 枝豆 栽培 コツ:水やりと追肥
枝豆 栽培 コツ:水やりと追肥

枝豆 栽培 コツ:病害虫対策と収穫

枝豆は、おいしいだけでなく、栄養もたっぷり!でも、虫たちも枝豆が大好きなんです。だから、虫から枝豆を守るために、防虫ネット をかけてあげましょう。防虫ネットは、小さな虫が葉っぱに近づけないようにする、網のようなものです。これで、葉っぱが虫に食べられてしまうのを防ぐことができます。

それでも、虫がついてしまったら、農薬 を使って退治しましょう。農薬は、虫を殺したり、追い払ったりする薬です。でも、農薬は人間にも harmful なので、使うときは注意が必要です。農薬を使うときは、説明書をよく読んで、使い方を守りましょう。また、農薬を使った後は、枝豆をしっかり洗ってから食べましょう。

収穫のタイミングは?

枝豆は、種まきから80~100日くらいで収穫できます。収穫のタイミングは、さやがふっくらして、豆が飛び出すようになってきたらOKです。収穫が遅くなると、豆が黒く硬くなってしまうので、注意しましょう。収穫は、株ごと引き抜くか、熟したさやから順に収穫します。収穫した枝豆は、すぐに茹でて食べましょう!

収穫のサイン 収穫方法
さやがふっくらして、豆が飛び出すようになってきたら 株ごと引き抜くか、熟したさやから順に収穫する

枝豆は、一度にたくさん収穫できるので、食べきれない場合は冷凍保存もできます。冷凍保存するときは、さやから豆を取り出して、冷凍用の袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。冷凍した枝豆は、解凍せずにそのまま茹でて食べられます。これで、いつでもおいしい枝豆が楽しめますね!

 枝豆 栽培 コツ:病害虫対策と収穫
枝豆 栽培 コツ:病害虫対策と収穫

Final Thought

枝豆栽培は、コツさえ掴めば初心者でも簡単にできます。この記事で紹介したポイントを参考に、ぜひ家庭菜園で美味しい枝豆を育ててみてください。夏のビールのお供に、自分で育てた枝豆は格別ですよ!

Related Articles

Back to top button